学童保育で小学生の男子に

 由季です。
 1484 夏休みに学童保育で。
 の続きです。

 8月の上旬。出勤4日目。

 指導員は、人に出勤時間が違います。
 正規の指導員さんは、朝から晩まで。
 私はアルバイトの中で2番目に出勤して、2番目に早く退勤します。
 30分おきに、アルバイトの指導員が出勤してきます。

 朝、出勤すると、男子3人が入り口の石段に座っています。
男子「由季ちゃん、おはよー。」
と口々に、挨拶をしてくれます。
「由季ちゃんスカートだけど、これから着替えるの?」
 3人とも、ニタニタしています。
男子「あれ?メガネしてる。」
由季「うん、いつもはコンタクトなんだけど、今日はメガネ。」

 実は、メガネはファッションなんです。
 UVカットも入っています。
 コンタクトレンズは、していません。
由季「メガネを外すと、何も見えないんだよね。」

 男子が由季の下着を見た時の反応を、直に確かめたくて、メガネを外すと、何も見えない振りをします。

 物置に入り、鍵を掛けます。窓は、右が半分、左も半分開いています。

 まず、メガネを外します。
 前回は、窓から3mぐらい離れた所で着替えました。
 今朝は、窓に近づいて1.5mぐらいの所で、窓に背を向けて、服を脱ぎました。

  Tシャツを脱ぎ、スカートも脱ぎます。

男子「今日は、赤のパンツだ。」
男子「あれ? お尻が透けてる。」
男子「ホントだ、お尻のお肉が透けてる。」
 
 大学デビューで買った、赤のパンツです。

男子「でも、紐があるから、お尻の割れ目は見えない。」

 男子の声が聞こえたので、両手をお尻に当てて、パンツを右に引っ張ります。
 パンツが食い込んでいたので、直してますみたいな感じで、自然な流れで、パンツを引っ張ります。
 お尻の割れ目を隠していた紐が、横にズレます。

男子「オーーー!! お尻の割れ目だ。」
 歓喜の声が聞こえます。
 
 メガネを外しているから、何も見えない振りをしながら、後ろを振り返ります。

男子「やべっ。」
 
 男子は慌ててしゃがみます。
 由季は、何も気が付いていない振りをします。

男子「あれ?バレていない?」
男子「メガネを外すと、見えてないんじゃない?」

 男子がおそるおそる、顔を上げました。
 由季は、窓の外の男子が見えても、見えない振りをします。

 男子は、安心したのでしょうか?
 堂々と、覗いています。

 上下とも下着です。
 
男子「お尻は透けてたけど、前は透けなないのか。」

 胸は大きい方で、Dです。
 体型は標準体型です。

 子どもたちは、ブラ(おっぱい)を見ています。
 後ろを振り向いて、透けているお尻を見せながら、ポロシャツとNikeのジャージに着替えました。

 この日は、3人とも協力的でした。
 由季の着替えを見たから、由季の言うことを聞くようになったのかな?

 そして、出勤4日目の帰り。
 
 朝よりも少し窓に近づいて、1mぐらいの所で後ろ向きになってポロシャツを脱ぎました。

 タオルを出して汗を拭きます。
 パンツを食い込ませて、お尻もタオルで拭きます。
男子「オー! お尻だ。」
男子「食い込んでる。ムチムチだ。」

 タオルで汗を拭き終わって、パンツも元に戻します。
 パンツを直すふりをして、パンツの紐を引っ張ります。
男子「お尻の割れ目だ。」
 
 たぶん、5分ぐらいお尻を見せてあげてたと思います。

 帰りに、3人組と話をしました。
ゆうせい君「由季ちゃん、今日はありがとう。」
こうすけ君「由季ちゃんがいると楽しい。」

 嬉しいことを言ってくれます。