小学生の時のエッチな想い出

小学6年になってすぐ、親が家を買ったので郊外に引っ越しました。
その時、一人ぼっちの私に最初に話しかけてきたのがM子ちゃんで、ふたりとも波長が合うのか、すぐに仲良くなった。

M子ちゃんは、女の私から見ても美人で、クラスの中でも目立つ存在だった。それに、私の家はサラリーマンだったけど、M子ちゃんは地元の子で、お父さんが不動産屋をやっていて、家も建売の家とは違って、大きくてちょっと憧れだった。

おまけに、胸も、私は5年の終わり頃にやっと乳首の辺りが膨らみ始めた程度だったのに、M子ちゃんは服の上からでも膨らみがはっきりわかるぐらいだったし、6月に行った移動教室で一緒にお風呂に入った時は、あそこの上の方が少し黒くなっててびっくり、と同時に少し羨ましかった(あの頃は早く大人になりたかったので)

そのM子ちゃんから1学期の終わり頃に誘われて、夏休みに入ってすぐにM子ちゃんの家にお泊りに行った。
M子ちゃんには2つ下の4年生の弟が居て、男の子なのに色白でM子ちゃんに似て可愛いかった(名前は正確には覚えていないので、弟君とします)

食事の後、M子ちゃんのお母さんから子供たちはお風呂に入るよう言われ、てっきり弟君は別だと思っていたのに、一緒に来て服を脱ぎ始めるので、え、弟君も一緒に入るの?と少し怪訝に思った。
それを察したのか、M子ちゃんは「いつも弟と一緒に入ってるよ」と言った。
確かに、うちのお風呂と違って広かったので、2~3人で入っても十分広かったんだけど。

私はちょっと恥ずかしくて、グズグズ脱いでいたら、M子ちゃんも弟君もさっさと脱いで、浴室に入ってしまった。
でも、弟君がパンツを脱いだ時、オチ○チ○がピョンと顔を出したのはしっかり見ちゃったけど(笑)

私は一人っ子だったし、お父さんとは小学校の3年ぐらいを最後に、お風呂には一緒に入らなくなっていたので、あまりよく覚えてないし、あとはプールの着替えで同級生のがチラッと見えた事があるくらいだったので、それだけでドキドキしてた。

浴室に入ると、M子ちゃんも弟君も恥ずかしがる素振りもなく、お互いに裸でも全然平気みたいだし、姉弟だからかなって思ったけど、私は胸が膨らみ始めたばっかりだったのもあって、どうしても弟君の視線を意識して手が胸の前にいってしまうので、それが逆に意識してるみたいで恥ずかしかった。

でも、私もやっぱりオチ○チ○には興味あったし、汚らしい男子は嫌だけど、弟君なら可愛いし、ただマジマジとは見れないので、チラ見したら、弟君のは最初に見た時は先っぽが細くて小さかったのに、全体的に太く大きくなってて、ブラブラしてた。

そしたらM子ちゃんが「やだ、弟君ってば勃起してる!」って言うんです。
「私のは見慣れてるくせに、今日は〇〇(私)ちゃんの裸見たから?」とか、「○○ちゃん可愛いもんね」なんて言うので、私もすごい恥ずかしかったけど、弟君は顔を耳まで真っ赤にして恥ずかしそうにしてたので、いやらしいというより、ちょっと可愛く思えた。

で、それがきっかけで私も恥ずかしい気持ちも少し薄らいだので、その後は3人でお風呂の中で水かけ合ったりして遊んで、楽しく過ごしました。
ただ、遊んでいる最中も、弟君はM子ちゃんより私の方をよく見ていたと思う。
どうみても、女性としては全然M子ちゃんの方が胸も大きいし魅力的だったと思うけど、普段見慣れているせいなのか、私の方が気になってたみたい。

私も、見られてるのは恥ずかしかったけど、それだけじゃなくて見られてるっていう快感みたいな気持ちも出てきて、M子ちゃんが体を洗っている間、わざと弟君に見えるように風呂の縁に腰掛けて上半身を露出したら、弟君がじーっと私の胸のとこを見ていたので、体中がドキドキしてきて、それまで感じた事のない息苦しいような感覚に襲われました(たぶん、私も耳まで真っ赤だったと思う)

体を洗い終わったM子ちゃんが、私を見て「○○ちゃん、さっきより赤くなってるよ。のぼせちゃったんじゃない?」というので、今考えると他意はなかったんでしょうけど、なんだか私の心の中まで見透かされてる気がしてドギマギしてしまい、何を答えたか覚えてない。

私のエッチな話はこれだけ(他にいやらしい話を期待してた人、ごめんなさい)
ただ、M子ちゃんとは中学は別の学区だったので暫く疎遠になってたんだけど、高校の頃に電車通学するようになって駅で再会し、また家にも遊びに行くようになった。
で、この弟君は、中学から高校にかけて急に格好良くなって、私は女子校で彼氏もいなかったので、よくこの時の事を思い出して勝手に色々妄想してオナニーしてました(笑)