隣の女子が俺に「本当に何でもする?」


中1の時の話。
その日のある授業で忘れ物をした。
しかし、先生にばれると怖いので、内緒にして乗り切る事にした。
何とかバレずに済むとおもったが、隣の女子が「先生に言うよ」といってきた。
俺は、「先生に怒られると怖いから・・・」といったが、その子は「嫌だ」といった。
その先生がすごい怖いので何とかしようと思ったので俺はその女子に「何でもするから・・」と言うと
「本当に?」というので俺は「うん」といって授業は何とか終わって、部活も終わった。
     
次の日、いつもより早く学校にいった。
その女子に言われたから親には用事という事でごまかした。
教室にいくと、その女子と、もう一人女子がいた。
もう一人の方はその女子(A)にいじめられている生徒(B)だった。
     
AはBに「分かってるよな?」というとBはコクンとうなづいた。
そしてAは俺に、「ここでした事言ったらわかってる?」と脅しをかけた。
     
Bは俺の後ろにまわり、小さな声で「ごめんなさい」というと、
いきなり俺のチャックを下ろして、おちんちんをトランクスから手を使って外に出させた。
     
俺はいきなりの出来事で何が何だが分からなかった。
Aは「まだむけてないね」と俺に向かっていった。
そして、Bは俺のちんこをさすり始めた。
そうするとたってしまうとAは「本当に大きくなるんだ」と面白そうに笑っていた。
     
そして、Bは俺の前に来てしゃがんだ。
しばらくBは俺のほうを見て止まっていたがAが「早く精液見せなさいよ!」と怒るとBは俺のちんこにフェラチオをし始めた。
     
直ぐに気持ちよくなって、Bの口の中に出してしまった。
Bも精液を床に吐き出してしまい、Aは精液見て、「くっさい~お前これ飲んだなんて変態女だな」と言い放った。
俺はおまえがやらせた事だろと思いつつもAに逆らえなかった。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る