アダルトグッズのNLS

ロリンコ


俺は小さい女の子が好きで保育士になり保育園で働いてた
2年目から年中さんのクラスの担任なった、もちろんお昼寝がある、俺は楽しみだ
保育士はお昼寝中に交代で昼ごはん食べたり会議、打ち合わせなどする
30分間一人で年中の子供達のお昼寝の様子見る
男児にには俺は興味はない、女児のシャツをめくりカメラでスマで胸の写真撮ったり
パンツ撮ったり、パンツ脱がしてあそこの写真撮ったりしてる
その中で一番可愛い女の子愛海ちゃん、俺はいつもおっぱい舐めたりおまた舐めたりしてる
愛海ちゃんも気づいて起きるがいつも黙ってみてる
その保育園は毎年7月から8月にかけて副担任と仕分けして土日家庭訪問することになってる
その日は土曜日で愛海の家が最後
俺「こんにちは〇〇保育園の小林です」
母親「お世話になってます、どうぞ」
俺「失礼します、愛海ちゃんこんにちは」
愛海「こんにちは」
冷たいアイスコーヒーだしてくれた
俺「すません、いただきます」
それから30分くらい保育園での様子や家庭での様子を話したり聞いたりした
愛海「先生来て」
愛海に腕引っ張られた
愛海「ここね愛海の部屋なんだよ」
俺「そうなんだ、ベットもあってもう一人で寝るの」
愛海「うん」
俺「愛海ちゃんは偉いね」
母親「なにたまに怖いって言ってママの布団に入ってくるくせに」
俺は笑ってしまった
愛海「先生笑った」
俺「ごめんね」
母親「先生この後は」
俺「今日は愛海ちゃんの家で終わりなのでもう帰るだけです」
母親「よかったら夕飯食べていって、カレーなんだけど作りすぎて」
俺「でも」
愛海「ママのカレー美味しいよ」
俺「じゃあみんなに内緒でご馳走になるかな」
少しして
俺「じゃあいただきます、美味しいですね」
母親「よかった」
俺「旦那さんは」
母親「今、アメリカにいるですよ」
俺「そうなんですね。愛海ちゃんもパパに会えなくて寂しいね」
愛海「ママいるもん」
俺「そうかぁ」
愛海「ゆうやせんせいもいるしね」
俺「うれしいね」
愛海「先生お風呂入ろう」
俺「それは・・・」
母親「黙ってますから入ってあけでください」
俺「そうですか」
愛海「やったぁ」
夕飯食べて、愛海と一緒にお風呂へ愛海はそく裸になると俺はまた興奮してきた
身体洗ってあげて、浴槽に入ると愛海は俺の膝の上に座った
愛海「気持ちいいね」
俺「そうだね、愛海ちゃんはいつも何時頃寝るの」
愛海「8時だよ」
俺「そうなんだ」
愛海「先生は」
俺「10時頃かな」
愛海は振り向き対面座りで抱き着いてきた
俺「どうしたの」
愛海「愛海ねゆうやせんせいの事大好き」
俺「ありがとう」
そのまま立ち上がり浴槽に腰かけた
愛海「保育園のときみたいに舐めていいよ」
俺は可愛い乳首を舐めた
少しして風呂から上がるとビール出してくれた
俺「すみません」8時になると愛海は寝てしまった
俺はソファで飲んでると
母親「先生」
俺「はーい」
母親「愛海から聞いてますよ」
俺「なにを」
母親「わかるくせに、やったらダメなこと」
俺「すみません」
母親「警察に通報してもいいですよ」
俺「それだけは」
母親「どうしょうかな、先生次第ですけどね」
言いながら股間触ってきた
俺「いいですか」
母親は頷いた
母親「2階に行こう」
電気消して、2階の寝室へ入るとそこにはロングのダブルベット
母親「シャワー浴びてくるから待ってて」
俺はパンツ一枚になって待ってた、、20分くらいしてバスタオル巻いた母親が戻ってきた
ベットに倒れこみ
キスしながらバスタオルほめくる
母親「かなみって呼んで」
俺「かなみスタイルいいね」
Eカップあるだろうおっぱいにしゃぶりいた
母親「ああああ・・・・ぁ・・・・ぁ・・・・ぁ・・・・ぁ・・・・・ぁ・ぁ・・・気持ちいい・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・・・ぁ・・・・」
クリトリス触る
母親「あああ・・ぁ・・・・・そこ弱いのあ・ぁ・・ぁ・ぁ・・・・だめ・・・いく・・・」
いってしまった
俺「ちょっと触っただけでもういったんですか」
母親「だって弱いだもん」
そしてクリトリス舐めた
母親「あああ・・ぁ・ぁ‥ぁ…ダメダメいっちゃう・・・・」
俺「辞めていいですか」
母親「だめ・・・辞めないでいきたいあ・ぁ・ぁ・・・・・いくく・・・・・」
いってしまった
手マンしながらクリトリス舐める
母親「あぁ・・・・ぁ・・・ぁ・・・・すごい気持ちいいわ・・・ゆうやあ・・・ぁ・・・ぁ・・ぁ・・・・いく・・・・」
いってしまった
俺が横になるとかなみはチンポしゃぶってきた
母親「あ・・ん久しぶりのチンポ」
その時愛海が入ってきたがかなみは構いなし
愛海「ママと先生なにしてるの」
俺「すげぇ・・・気持ちいいよかなみ」
母親「ゆうやのチンポ美味しい」
俺「愛海ちゃんも裸になって横においで」
愛海「うん」
母親「あ・・・んもうちようだい」
正常位でそのまま突っ込んだ
母親「あ・・・ぁ・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・・・気持ちいい気持ちいいのああ・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・・・・・」
俺「愛海ちゃんママのおっぱい舐めてあげなさい」
そう言うと愛奈は舐めだした
母親「あぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・・・
あぁ‥ぁ・ぁ・ぁ…ぁ‥ぁ…ぁ…・ぁ愛海ダメダメ・・・・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・・・・・・・いく・・・・・・・・」
いってしまった
バックで激しく突きまくる
母親「あああ・・ぁ・・ぁ・・・ぁ・・ぁ・ぁ・・すごいかたすのが奥に当たって気持ちいいあぁあぁぁ・・・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・・・ぁ・・・・ぁ・・ぁ・・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・ぁ・・・・・・いく・・・・」
いってしまった
俺はチンポ抜いて愛海のおまんこ舐めた
母親「あ・・チンポ抜かないでよ・・・」
愛海「ママくすぐったいよ」
かなみは愛海のおっばい舐め始めた
愛海「う・・・ぅ・・・ぅ・・・ぅ・・・・ぅ・・・・ぅ・・・ぅ・・・・ぅ・・・・ぅ・・・・ぅ・・・・ぅ・・・・ぅ・・・ぅ・・・・ぅ・・・ぅ・・・ぅ・・・」
俺「イヤラシイ親子だな」
母親「じゃあゆうやはイヤラシイ先生だね」
そしてまたかなみのまんこに突っ込んだ
立バックでかなみの両腕を取り突きまくる
母親「あ…ぁ・ぁ‥ぁ・ぁ‥ぁ…ぁ・ぁ‥ぁ・ぁ…・ぁ・ぁ‥ぁ・ぁ…ぁ‥ぁ・ぁ…・・ぁ・ぁ・ぁ・・・・・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・・・ぁ・ぁ・・ぁ・・・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・・ぁ・ぁ・・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・ぁ・・ぁ・・・・・・いく・・・・」
いってしまった
最後はそのまま中だしした
気づいたら愛海は寝てた
母親「一緒に住まない」
俺「でも・・・誰見てるかわからないし」
母親「いいじゃない」
俺「いいかぁ、OK」
母親「じゃあ決まっちところでもう一回ね」
愛海を寝てる部屋に抱っこして連れて行き結局4回エッチした、朝は愛海に起こされた
俺「愛海ちゃんおはよう」
愛海「おはようございます、ママ言ってたけど本当に先生ここにいるの」
俺「そうだよ、よろしくね」
愛海「やったぁ」
その日は裏口から出で一度帰り荷物持ってきた、次の日は保育園では愛海とは先生と園児
家ではエッチな関係
それから毎日のようにかなみとエッチしまくった
しばらくして園長から呼ばれた、バレてしまった、即クビ
他のお母さん達から連絡が入ったらしい
母親「やっぱりここはまずかったよね」
俺「そうだね」
母親「じゃあさぁ広いマンション探してそこに引っ越そうよ、費用は私が持つから」
俺「いいけど」
翌日、不動産屋さんに行き、隣町に新しく出来たマンションを紹介してもらい即決まった
愛海も結局保育園辞めた
引っ越してからは3人暮らしを始めた、俺はすぐに夜間保育の仕事が見つかった
愛海は5年生になった、クリトリスでイくようにもなった
愛海が中学生になったら処女をもらうつもりでいる
かなみの旦那は一度も帰ってきてないが毎月生活費30万は振り込まれてる
月に数回は電話くるくらい
これからも愛海とかなみを愛していく

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


トップページに戻る
アダルトグッズのNLS
アダルトグッズのNLS
カラミざかり3
20%OFF
カラミざかり3

桂あいり

寝取られ   13 位
冬ノケダモノ2
冬ノケダモノ2

ライギョ

寝取られ   15 位
清楚彼女、堕ちる。II
20%OFF
清楚彼女、堕ちる。II

もすきーと音。

寝取られ   17 位
冬ノケダモノ
50%OFF
冬ノケダモノ

ライギョ

寝取られ   18 位
破滅の一手3
破滅の一手3

多摩豪

寝取られ   38 位
ビジネスセックスマナー復讐の上司編
20%OFF
ビジネスセックスマナー復讐の上司編

東京プロミネンストマト

寝取られ   41 位
幼なじみの久城あやかを彼氏から寝取りたい
20%OFF
幼なじみの久城あやかを彼氏から寝取りたい

まほろばのつえ

寝取られ   49 位