射精の前に女性を絶頂感に到達させることを神も願っている


     
 イスラエル民族は、女性が容易に妊娠するためには、女性が夫婦の性行為で性的絶頂感に到達することが必要であると、長年の経験を通して教えられていました。
      
 女性が性的絶頂感に到達しなければ、子供はなかなか生まれないと教えられているのですから、夫婦生活で妻を性的絶頂感に到達させることは、ユダヤ教においては、子供を早く生むために、神様から命じられた夫の義務となりました。
      
 そのように、イスラエル民族に対する神様からの「子女繁殖命令」は、夫婦生活では「妻を性的絶頂感に、到達させなければならない命令」として、次第に発展することになりました。
      
 その結果、妻を性的絶頂感に必ず到達させるには、どのようにしたら良いかということが、ユダヤ教の賢者たちによって、長年、研究されるようになりました。
      
 長い歴史的な試行錯誤と経験を経て、ユダヤ教の聖賢たちが到達した結論は、子供を生むためには、「妻が必ず先に性的絶頂感に到達してから、夫は射精をしなさい」ということです。
      
 換言すれば、「妻が先に性的絶頂感に到達する前には、夫は我慢をして絶対に射精してはならない」ということです。
      
 ユダヤ教の有名なラビ(先生)の教えを記録した本が、『伝承』として伝えられていますが、その中には、そのような夫婦生活に関する教えが、記録され伝承されています。
      
 ユダヤ教徒で性カウンセラーとして有名な米国のルース・ウエストハイマー女史は、昔から伝承されているユダヤ教のラビたちのアドバイスの中に、「夫は自分が射精する前に、妻を先に絶頂感に到達させてあげれば、神様がご褒美として男の子を授けて下さる」という内容があることを紹介しています。
      
 そして、ユダヤ教は、「女性にも性的絶頂感が存在し、男性よりも先に女性が性的絶頂感を感じることは、神様が願われ喜ばれることである」と、古代から認識していたことを、ユダヤ教性倫理の素晴らしい一面として紹介しています。
      
      
      
【出典】
     
http://happyhuuhu.info/20140507439
     

 

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る