人妻の姉

僕には3つ上の姉がいます。

姉は20歳で結婚していきました。早過ぎだろと思いましたが、美人だし、しっかりしていたので今思えば納得です。

他県に行ってしまったので年2回しか帰ってきません。でも帰るときは2週間予定を空けて来るので満喫できます。

今月初めに久々に姉に会いました。

結婚して前よりもしっかりしている姉と接するのは何か肩身の狭い思いもしました。

でも2日もすれば、慣れてしまいます。

姉と夕食の買い物に行くことになり、2人で出かけました。

なぜか異様に緊張しました。昔に戻ったはずなのに息が苦しい。

鼓動が速くなる。姉は人妻なんだ、そう思うだけで嫉妬でおかしくなってました。

買い物を終え車に乗り込んだ時が限界でした。

汗が止まらず寒気がします。

姉に気付かれました。素手で額の汗を拭ってくれます。

心配そうに見つめてきますが、それが追い打ちをかけます。

「お姉ちゃん?毎日ヤられてるの?」

「えっ?何のこと?どうしたの急に」

聞き返しながら察したようで、夫婦だからねとあっさり返してきます。

結婚したことを認められない自分にも落ち込みます。

姉は静かに慰めてくれます。

私の事そんなに好きだったんだね。

僕はただ頷くだけでした。

姉は僕の気持ちを押さえ込もうとしてきますが、僕は抑えきれませんでした。

姉を女としてしか見れなくなり、強行突破でした。

お願いの一点張りで、僕も男だと突き通しました。

遂に一回限りの約束で行為に及ぶことが出来ました。

翌日の朝、皆が外出してから姉は寝室で待っていてくれました。

無言で布団に入り、無言で姉の胸をまさぐります。

罪悪感に苛まれている姉の顔は何とも言えない色気があります。

ブラを外しFカップ程あるナマ乳を揉みしだき吸いまくりました。

無我夢中で両乳房を掴みしゃぶりつき、唾液だらけにしてしまいました。

声を押し殺そうと悶えている姿がエロ過ぎました。

下を脱がせてクンニもしました。

でも、嫉妬心が溢れてきて見るに耐えず即乳房に戻り、自分も下を脱ぎました。

破裂しそうな程ギンギンのモノを姉の入り口に当てがい亀頭を湿らせます。

少しずつ押し込んで行きピストンしながら根元まで行き当たった時、遂に閉ざしていた姉の口が開き抑えきれない吐息の呻きが漏れ出しました。

そんな姉がどうしようもなく可愛くて、つい思いっきり抱き締めてしまいました。

恥骨を擦り合わせながらビンビンのモノを脈つかせます。

徐々にストロークを開始させ密着状態を保ちながら腰だけ動かします。

僕の耳元でどんどん姉の息遣いが荒くなっていきます。

それに合わせ僕も興奮しスピードが上がります。

どんどん小刻みになり恥骨に押し付けながら肉厚の分だけ押し込み、常に奥に居ます。

モノ全体を締め付けながら吸引してくれるような、そんな感覚が僕の腰を襲います。

生で入れていなければ気を緩めて放出していてもおかしくはありません。

亀頭が常に握られているような感覚を我慢しながら続けます。

姉も雰囲気に飲まれてきたのか気持ち良くなってきたのか僕の腰に手を回しました。

そこからはがむしゃらでした。

限界ギリギリまで激しく激しくSEXしました。

最高の射精感が込み上げてきました。すぐに引き抜き姉の顔に跨りチンポを口に押し込みます。どうしようもないくらい感極まり膝を付き雄叫びをあげながら大量の精液を放出しました。

ビュビュッビュビュッと上顎に当たり、そのまま喉奥に流れ、最初の放出液はゴキュゴキュと音を立て姉の体内に吸収されていきました。

太股から腰の小刻みな震えが止まず、唇に引っ掛かるカリの刺激も楽しみながら余韻に浸りました。

姉は顔に跨られたまま、そして、口に咥えさせられたまま退こうとしない僕を優しく迎え入れ、引き続き吸引を継続してくれています。

そんな姉の女としての素晴らしさに感動した僕のモノは回復の兆しを見せ始め、再び膨張してしまいました。

言われたら付けようと用意していたゴムを装着し、過敏な先っぽに鞭打ち正常位で。

こそば痒い感覚を我慢しながら猛烈にピストン。

もっと思いっ切り打ち付けたくてバックの体勢へ。

パンパンなる音も構わず力一杯尻を掴んだ手で引き寄せ腰を打ち出す。

腰が麻痺してきて思うように動かなくなってきたので、正座して掴んだ尻を引き下ろす。

あーあーあーあーと髪を振り乱しながら叫ぶ妖艶な姿に興奮が極まり、バックの体勢のまま姉を床に押し付け、お尻の弾力を利用し高速ピストン。

最初よりも勢いを増した射精感が込み上げてきたと同時にお尻に突き刺した豪棒からまたも勢いよく精液を迸らせました。

姉の身体を味わったことで優越感に浸り、嫉妬心は何処かへ行ってしまいました。

考えてみたら僕は不倫を唆してしまったのであり、実際に行為に及んでしまいました。

しかし、不思議と罪悪感がありません。

姉はそれ程いい女だったということでしょうか?