息子とラブホに泊まった晩

私は34歳、家には主人と年頃を迎えた中◯生の息子がいます。そして良くある話だと思いますが、この頃は母である私を性の対象として見るようになり、わざわざ私がお風呂に入る時間を見計らって、洗面所に歯を磨きに来たりします。分かりやすいと言えば分かりやすく、私も最近は真っ裸でドアを開け、からかいながら

「あれ?k君、お母さんの裸覗きに来たの?」

などと軽いエロトークを親子で楽しんだりしてました。思春期興味津々の息子の眼差しは、ああ男の子なんだと可愛く思いもしました。

そんなある日、私側の親戚に不幸があり主人は出張で留守だったので、息子と二人で地元に戻ることになりました。実家は広い旧庄屋ですが、親戚が一斉に押し寄せて来たため部屋に余りがなく、私達親子はホテルを探すことになり、ついついいたずら心が私の中で芽ばいてしまいました。

独身の時はわりと遊んでる方だったので、地元のラブホは殆ど経験済みです。中でもお風呂場がガラスで囲まれベッドや部屋から丸見えの部屋があるホテルを思い出し、息子とそこに向かいました。

母:「ねぇk君、もう寝るだけだからわざわざ町のビジネスホテルじゃなくて近くのラブホでもいいよね」

息子:「え!?? あー、うん、しょうがねーな、俺はそれで良いよ」

母:「そう? それに良い社会勉強かもよ」

息子:「、、、、、」

勝手知ったる我が地元、車を駐車場に入れそこから階段を上がり部屋に入りました。やはり昔と変わらないガラスに壁で遮られたお風呂です。

母「あ!??ねぇ、k君、ほら見て、お風呂が透け透けよ、どうしよう、ママの裸k君に見られちゃう、、て言うか、よかったね〜k君、ママの入浴シーン覗き放題だよ」

息子:「ななな何言ってんだよ、母さんのハダカなんか覗くわけないじゃん」

私、顔は普通ですが、胸はFカップと身体のラインには少し自信を持ってます。

母:「え-、なんでよ!でもどうせ見られちゃうんだし、久々にこの際だから一緒に入る?」