食人族と生け贄の少年少女たち⑧

この物語はフィクションです。

恐ろしい半獣人族に生け贄として捧げられた少年、少女。
2人は食人族より激しく、恐ろしい輪姦を受け、目の前で同じ時に生け贄として捧げられた食人族の男の子2人が生きながら串刺しにされて殺され、もう1人は残虐な絞首刑で殺されるのを見せられました。

そしてとうとう少年があらゆる媚薬や麻薬で異常な勃起状態のおチンチンを獣人族の女たちに休む間もなく輪姦され、お尻まで犯されてから、生きたままあぶられて焼き殺されます。

しかも焼かれる前に勃起したおチンチンはゆっくりゆっくり楽しみながらたいまつの火でていねいに焼かれ、獣人族の娘によって切り取られます。
少年の睾丸までも引きちぎるほど引っ張られ、切り取らました。

目の前で同じ生け贄の少年が焼き殺されるのを縛られながら見せられた少女は、泣きながら少年の名前を叫びますが、とうとう少年は叫びながら息絶えました。

少女の全裸の体には後ろからはおっぱいを摑まれ、激しく揉まれ、横からはおぞましい太い指が少女のマンコをいじります。
輪姦を受け、腫れ上がったマンコや肛門はこの処刑が終わると、また無数のオスたちに乱暴に犯されます。

やがてバナナの皮に載せられた少年の内臓と輪切りにされたおチンチン、そして柔らかいお腹の肉が配られました。
まだ湯気の立つ少年の肉、少女は泣きながらゆっくり味わいました。

夕方からまた少女は輪姦されます。

少女一人に3匹の巨根を勃起させたオスたちが襲いかかります。

生け贄の少年の柔らかい肉を食べ、精力の付いたオスたちは少女のマンコ、肛門、お口と3つの穴を楽しみます。

そして夜、少女は縛られ、休みます。
腫れ上がり、ズキズキ痛むマンコに肛門、しかし輪姦されているうちは生きていられます。

こうして1か月が経ちました。

もう少女は半分死んだようにされるままになっています。

そして恐ろしい日蝕が来ました。
偶然に4年に一度の完全日蝕です。

大地は昼でも真っ暗になり、蒸し暑いはずが冷たい風が吹きます。

とうとう生け贄の少女が捧げられる番になりました。

引き立てられて体を洗われる少女。

ピンクの可愛いマンコは赤く腫れ上がり、子宮までオスたちの精液で溢れています。

やがて全裸の可愛い少女は縛られて広場に引き出されます。

真ん中にはあの少年が処刑された穴があり、火が起こされています。

少女はもう観念し、神さまに祈りました。

あとは苦しみが少なければ、

しかし穴の中央に据え付けられたのは見るも恐ろしい銅製の巨大なチンチンでした。

リアルで長さは50センチ以上、太さは7~8センチ、亀頭部分はさらに大きく、しかも反り返っています。

この穴の真上に高い梁が渡され、酋長の呪文とともに少女は両手をバンザイ形に縛られ、梁に吊されました。

両足も足首を縛られて左右に開かれてしまいます。

そして穴に火がつけられ、銅製の巨大なチンチンがゆっくりと熱せらました。

まだ熱くはないが、合図とともに全裸の少女の体はゆっくり降ろされます。

獣人族の娘2人が吊された少女の下腹部をいじり、なぶります。

そして少し熱くなった銅製のおチンチンにドロドロの油をかけ、少女のマンコを指で広げます。

「ノー、ノー」叫ぶ少女、
しかしゆっくり全裸の体は降ろされて少女のマンコは目いっぱい広がって、とうとう銅製のチンチンの先端が食い込みました。

獣人族の娘2人は左右から少女のマンコやクリトリスをなぶり、おっぱいを揉みます。

また少し降ろされて少女のマンコにチンチンが食い込みます。
太い亀頭部分はめり込みました。

広場に集まる獣人族からは笑いと祈りの声があがります。

少女の絶望的な悲鳴、激痛を訴える叫びが響きます。

また少し降ろされて少女のマンコにグリグリと嵌まる銅製のチンチン。

さらに恐ろしい事に火が盛り、銅製のチンチンは熱くなります。

また降ろされてとうとう銅製チンチンの亀頭部分は少女の子宮口に当たります。

熱は高まり少女のマンコの内側や子宮は熱さで我慢出来なくなりました。

激しく身をよじり、叫ぶ少女。

さらに体は降ろされてチンチンは半分以上マンコに刺さりました。

チンチンからは湯気があがり、少女はジリジリとマンコの中を焼かれます。

さらにゆっくり降ろされてとうとう子宮は押しちぎられて裂けてしまいます。

真っ赤な血潮がはじけ、流れます。

ジューッと水蒸気があがり、銅製チンチンの熱さが判ります。

生け贄の少女の1番敏感で女の中心が残虐に焼かれてしまいます。

激しい痛みと悲しみ、恐怖に少女は最後の悲鳴をあげ、がっくりと気絶します。

とうとう銅製チンチンは根元まで突き刺さりました。

50センチ以上の極太のチンチンは血潮で真っ赤になり、ジューッジューッと煙りをあげます。

両脇の娘2人は少女の体をなぶりますがもう反応はありません。

あごに手をかけ、顔をあげますがすでに息絶えています。

合図で少女の全裸の体はまた引き上げられて銅製チンチンは抜き取られますが激しい出血は止まらず、少女の両足の先まで血は流れます。

吊り上げられた少女の体はゆっくりバナナの皮に降ろされて、
酋長がナイフでお腹を裂きます。

獣人族全員が少女の肉や内臓を食べ始めました。