滅亡の帝国と捕虜の美少年たち⑥

可愛い可愛い男の子と毎晩全裸で抱き合うメフメト2世。
オスマン帝国のスルタン、メフメト2世は2メートル近い大男であらゆる競技に長け、剣術や弓術も優れた青年です。
25才になるメフメト2世は少年時代にあまりにも若い女たちと性交漬けの毎日だったため、反動で男色家になりました。
毎日選び抜かれた可愛い美少年を寝室に呼び、全裸に剝いて撫でまわし、舐めまわし、美少年の性器を嬲り、自分の性器を舐めさせたりしてからぎゅっと抱いてキスします。
しながらも美少年の肌をまさぐり、性器をいじるメフメト2世です。
日によってはそのまま朝を迎える場合もあるし、すぐに美少年のお尻を犯し、何度も犯し尽くし、
あまりの痛みに気絶する少年を、それでも激しく犯す場合もあります。
どの少年も数日前から体調も食事も徹底的に管理され、体中磨かれ、特にお尻や肛門は何度も浣腸され、麻薬や香料を流しこまれています。

また必ず少年たちは阿片を吸わされ、半分意識のない、ぼーっとした状態で連れてこられます。

従って上気した体からは甘い汗、半開きの真っ赤な唇は可愛いく濡れて、性感に疼く少年の体は何をしても素晴らしい反応を示します。

こうしてまるで女の子のような可愛い愛くるしい従順な美少年を思い切り好き勝手にいたぶります。

寝室には屈強な黒人兵士が何人もいて、メフメト2世の意向で何でもします。

可愛い、声変わりもまだの美しい少年を徹底的に犯すと、翌日にはその少年は親衛隊の若い兵士たちに下げ渡され、地下室で徹底的に輪姦され、殺害されてしまいます。

そして今日もギリシャのアテネの貴族の息子、マルコが寝室に呼ばれます。

金髪に青い目、真っ白な肌に真っ赤な唇、そして12才とは思えない、立派な剥け返ったおチンチンは完全に勃起し、可愛いお臍にタップしています。

美少年マルコの運命はどうなるのでしょうか?