ホテルでJC集団にモロ見せ

仕事で地方のホテルに行ってきました。
市街地の宿がいっぱいで、へんぴな場所にあるホテルしか取れなかったのですが、
R狂的には大満足でした。

当日は水泳部と思われるJCが宿泊してるようでした。
(入り口の黒板に『~中学水泳部様』の記載が)
チェックイン時にはジャージ姿の健康的なJCたちがロビーではしゃいでいました。

夜8時頃、最上階にある風呂に行くため浴衣を持って行こうとすると、なぜか明らかに小さい子供用の浴衣も一着ありました。
これを見た瞬間にR欲が湧いてしまいました。
あえて子供用浴衣を持って風呂へ。

風呂に浸かり、出るときはノーパン&子供用のパツパツの浴衣姿。
この格好で風呂の入り口前のベンチに座って一か八かJCを待ちます。
彼女たちがまだ風呂に入っていなければ上がってくるはず、という期待を胸に・・
さびれた古いホテルなので他に客は居ません。
監視カメラの位置は確認し、ゆっくりモノをシゴきます。

すると下の階から騒がしい声が聞こえてきます。
JCたちは大浴場のすぐ下の階に泊まっているらしく階段で上がってきます。
私は浴衣の帯をゆるゆるにして階段の方へ。

下から上がってくる水泳部JC3人組は騒がしくおしゃべりしていましたが
上にいる私の姿を見てフリーズ。

小さ過ぎる浴衣の前をはだけさせ勃起したモノはほぼ丸出し。
私はその格好でスマホをいじって、いかにも気付いてない風を装います(笑)

JCたちは信じられないという顔でガン見。
みんな健康的に日焼けしててかわいい。
下からなのでチンポの裏側と金玉が丸見えです。
階段の幅は狭く、上がってくるJCたちにぶつかりそうになったので
『あ、すいません』と声を掛け横によけました。
そして思い切って話をしてみることに。

すれ違いざま
JC『あっ、すいません』
私『皆さん部活かなにかの合宿ですか?』
JC『あ、はい、水泳部です・・・』
私『そうなんだ、頑張ってね』
JC『あ、はい』

短い会話でしたがこの最中、半勃起のモノが丸見えです。
もう先っぽがJCたちにくっつきそうな距離でしたが、
彼女たちは逃げもせず、あっけに取られた感じで私のチ●ポと裸を上から下まで見ていました。
私がチンポをちょっと握ると、会話してない後ろのJCは一瞬驚き、にやにや笑い出しました。

すれ違い階段を降りる際、後ろからJCたちの会話が聞こえてきました。
『ちょっヤバいわ(笑)』
『なあ、なあ、あれ変態やんな?変態やんな?(笑)』
『普通に喋ってたのウケるわ~(笑)』

大はしゃぎの会話が聞こえてさらに興奮。
部屋に帰ってその晩3発ヌキました。

付き添いの大人が動き出すとまずいので、その日は部屋から出ず
翌日朝イチで宿を発ち、なんとか事無きを得ました。

口をポカンと開けた純真そうなJCたちに至近距離で勃起を見られるのは最高の体験でした。