万葉集より愛を込めて

   
万葉集より愛を込めて
    
     

金戸にし
人の来立てば
夜中にも
身はたな知らず
出でてそ逢ひける

      
     
クックックッ
さぁ~て
訳しますと
      
戸口に男がやってきて
そっと誘いをかけたなら
たとえ真夜中だって
あのコは必ず現れて
あとは男にされるまま
     
「されるまま」と訳するのは、やりすぎだっ!
     
意訳ですよ!
意訳!
     
      

  
ではでは
次いきましょう!
   
     


人妻に
言ふは誰が言
さ衣の
この紐解けと
言ふは誰が言
   
   
誰が言:たがごと
さ衣:さごろも
     
     
これ、本当に万葉集かいっ?
     
もちろんっ!
リアル万葉集ですぜ
旦那ぁ~
     
訳はこれっ!
     
人妻の私に
声をかけるのは誰?
その下着を下ろせだなんて
人妻の私に
言うおバカさんは誰?
     
下着なの?
     
意訳!意訳!
     
もぉ~
悟ってよぉ~
     
人妻さんも
まんざらでなく
嬉しげ
なあたりが・・・
     
エロスでしょ!
     
ううん
作者不明!
     
不明?
     
万葉集には
作者不明が
多いのですよ~
     
     
    
では
ラストまいります!
     
   

真薦刈る
大野川原の
水隠りに
こひこし妹が
紐解くわれは

    
    
真薦:まこも
水隠り:みごもり
妹:いも(好きな女)
     
     
意訳が怖いよっ!
     
     
胸の奥でずっと
愛し続けてきた君の
背中のホックをいま
僕は外そうとしている
     
     
うわぁ~
どうしよう!
どうしよう!
     
背中のホックを
はずしてからのぉ~
     
あっ!
この作品も
作者不明です!
     
あのぉ~
背中のホック?
     
そういう
シチュエーションに
なるでしょぉ~
現代的に言えばぁ~
     
     
     
  どうぞ検索を →  『万葉集より愛をこめて3』