隣人の奥さんパート4

隣人の 奥さんの不思議な魅力に 虜になり
 
奥さんも、ぼくが とても 気にしていることに 気持ちが動き
 
平日の昼間、娘も旦那も居ない留守に、オフィース窓から見える 覗いていた 奥さんの部屋にお邪魔し
 
セクシーな 赤ミニ丈 スリップ姿のまま 乱してセックスしました
 
液を出るのを 我慢しながら、30分くらい 奥さんとベットで 興奮し、終えた 後 下着を直した 奥さんと
その後も、ベットで抱き合いながら、話して
 
終えた ばかりなのに、抱き合っているだけで、僕は、奥さんのぷん香水、下着 ツルリ ブラジャー スリップも 手触りよくて、すぐに勃起
 
また、弄り 撫でたくなり、パンスト 内に手を滑らせ、いや も いや ぱんてぃ 弄られるの いや
 
色っぽい 奥さん、もう 一度 お願いし
 
でも こんな こと 何度も 私も したいけど 人妻だし
 
もう一度 膝までパンスト 下ろし、透ける ビキニ 赤 きれいに脱毛した恥骨が見え
鼻を近づけ よいプン 香水ビキニ
 
いや 下着 いや「 ぱぱんてぃ 恥ずかしい 湿っているわ いや
 
スリップ紐 ブラ紐を さっきのように 肘辺りに下ろし、ブラカップを裏返し、
赤ビキニも下げて、お尻をスリップで包むように 撫でながら、奥さんの 腰を持ち上げ
ズッポイリ スウポリ 吸い込まれていくような マンコ
  
ああ ああ ね ああ すごい ああいや ああ
続けて 二度目を始めると、奥さん、かなり 声を出し 興奮してくれる
 
あ 股間 いや 回される いや 持ち上げられ ああ 浮きながら、感覚 ああ すごい あいや
 
辛そうな 顔を右に左に、えろ 色っぽいこえと濃い化粧顔
 
下向きでも、奥さん 自ら赤スリップ ミニ丈を直すようにお尻を隠し、でも 自ら膝を曲げ お尻を突き上げて
入れられるのを 拒むようにして、入れられると
いや ああ いや 回す なんてぇ いや
 
背中の長い髪を振り乱し 頭を上げたり 横に動かしたり
 
二度目も30分くらいしました、また、ベットで下着 パンストやビキニを履きなおした奥さんと触れながら 話
 
奥さんは、尚子さん って言わ れて、抱かれながら 感じる、と言ったり
 
僕が セックスをしながら、時々 癖で 慣れで 奥さん って言うと
 
やられている、人妻なの って入れられたまま、思ってしまうらし 
いや 恥ずかしい っていう「快感もあると言うし
 
肉体も感情も乱れていられる 奥さんで、下着も 髪も乱れている 自分が 淫乱 人妻と でも 味わいたい気持ちが強くな
って
精神的な乱れも 安定していないようです。
 
それが、奥さんの魅力 虜になっている 部分でもあるんです、更年期の始まりかもしれません。
 
下着に触れたり マンコに入れたりしている時、手足とかでは拒むことは ぜんぜんないのですけど、
ただ雰囲気が、とっても、気持ちと肉体が拒んでいるような雰囲気と声 顔なんです
 
二度もしたのに、どうしたのか、ぼく 奥さんの 下着に触れていれば、また 勃起です
どうして こんなに セクシー 手触り 色っぽい 手触り 細い肉体に 小さなビキニ 透けて
また したくなってしまった、と奥さんに 話すと
うれしいけど、そんなに 私の 下着 興味 関心 あるの ツルリした手触り 好き 気持ちいいの、って言われて
 
それが、奥さん 触られ ツルツリと 男性に触れられ 撫でられていると 奥さんも いやらしい 快感 求められる快感があるのらしいです。
 
話題を変えて 気になっていたこともあり、白ミニスカートは、どうされたのです、と 先日 奥さんが履かれている姿を見たけど尋ねると
 
あ あのミニスカ 白、そうね 履いていないけど、 あるわ!
 
なんで嘘言うのか、奥さん、先日 日曜 家族 甥と出かけた日、甥に抱かれていた日の白ミニスカ 履いていたのを隠すのか
 
レイプされるように ベットで奥さん 甥に やられていた ミニスカートで意識し履いていたのか。
 
嫉妬してしまう 僕、昼間から 三度目 奥さんのパンスト を膝まで下ろし
やっぱり赤 透けるビキニ 色っぽい 香水 マンコ 吸い込まれる
ああ いや ああ いや
 
ツルッツルリした赤 スリップの体に擦り付けると 気持ちいい 肌触り
 
美白濃い化粧の顔 声も 益々 色っぽい
 
終えて
旦那さん、47歳の僕くらい の 年ですか、なんて尋ねると
 
少し上 51歳になるわ
 
そう 奥さん 10歳くらい 年下のすてきな女性 尚子さんと居られる 旦那さん うらやましいいい!と話すと
 
いやだわ 私 主人より 年上 ま 若く思えていたのかしら!
 
えええ 奥さん 51歳過ぎている ぜんぜん 魅力的で そんな 年に 見えない 思えない 嘘かな
スレンダーな細い肉体、脱毛して ちょっとエロ下着 透ける ビキニとか履いて こちらに見せ付けているし
 
ぼくは ますます 奥さんの虜になってしまって
51歳 過ぎて ここんあなに セクシー 欲求不満 女性なら 人妻でも
毎日でも 奥さんの セクシー 下着を見たいし 撫でたい 僕
 
しかし、人妻 51歳 過ぎている 奥さん
やはり人妻で、あきらめないと いけない 僕
それが、数日後 朝、奥さんは、部屋で シャツを脱ぎ 白ブラジャー姿の上半身を見えるように 手を軽く振ってくるんです
今から 行きたい 会いたい、 ラインしてしまい、近所の人に見られずに お邪魔
朝9時過ぎから セックスです、数日後もです、ワンピースを脱がれる様子を ぼくが窓から見ているのに 脱がれ
黒光沢スリップ パンスト姿が見える、下着を撫でたい 乱したい 感情、部屋に行き セックス
 
今でも 虜、週に二度は 奥さんの部屋に 近所の人に見られないように お邪魔し
下着を 見させてもらい、撫でさせてもらい、下げさせてもらい、ズッポリ スウッポリ
バックから、ジュポジュポ と 噴き出る おくさんの オマンコを味和させてもらってます。
細い腰、吸い付く マンコ 51歳 過ぎでも 気持ちいいのは 気持ちいいいい。
 
一昨日は、白ペチコートでパンストは履かれてなく白ブラジャーで過ごしていたので
ビキニを脱がし、そうです、甥が 奥さんを 襲っていたような ポーズを思い出し
ぼくは、奥さんのノーパンのペチコート姿のまま 股間を跨いでもらい ペニスを突っ込んでもらい 上に乗ってもらって
 
ああ いや ああ いや
 
奥さん 自ら 腰を動かし マンコを動かし 長い髪を ブラカップが裏返った胸に重ねて 振り乱し
ああいや ああ いや あいや イイイタ いや イイク いいいっちゃう
 
思い出す 甥が奥さんを 攻めていた 様子
51歳 過ぎている 奥さん もっもと 烈しく 興奮してみて 興奮させてみたくて。
 
あいや 拭いた いや ああ ああ いいっちゃいっちゃうわあ。
僕は舌で、「耳 唇 乳首だけではなく、マンコ 股も 吸いました
51歳 過ぎても 良い 香水 股間の香り たまりません 虜になっています。
 
奥さんも、人妻という意識は 常に持っていて
抱かれては いけない、と思いながら、ぼくに 求められるのが 恥ずかしいけど 味わいたくなる らしく
特に 感じてしまうのが、下着を乱される、先日は すべて黒下着、昼過ぎまで 出かけていた 奥さんが
黒スリップ 黒ブラ ビキニ、黒パンスト姿で、ブラスリップ紐を肘に下ろされ、パンスト ビキニも膝まで下ろされ
スリップのまま腰を持ち上げられ グイイと子宮のほうまで感じるほど深く入れられ 回され 少し精子を出され
すぐに下向きにさせられ、お尻を持ち上げられ突き上げられ バックからされると、出されてしまった 液が ジュポジュポして
吸い出される 噴き出る 真空のような泡みたいな 噴いてしまうような快感がスリップのままされると
 
人妻なのに、いや ああ 猛烈 感じて 股が猛烈 すごいことになってしまうらしい
子宮のほうまで挿入される快感は初めての快感 感覚と言っていて
しかも下腹部に吸い付くように密着しているのに回される味わいも人妻でも初体験で
いいや すごすぎて いや 人妻なのに、いや イクしそうで いや、とずうと 求められては いや 感じさせられる いや 人妻を意識しているようです。