エアコンが壊れたので診てもらったら私の身体も診られる結果に

共働きの31歳主婦です。

10月も終盤になり11月に近づくと朝晩冷え込むようになったのでエアコンの暖房をつけたら暖房が効かない、というか作動しない。
すぐ購入したお店に電話すると翌日にはメーカーの方が対応してくれ、

『室外機の基盤がおかしいようです、注文すれば四日ほどで届くそうなので奥様御都合はどうですか?』

私はその日が丁度休みだったのもありOKしました。

『ありがとうございます。当日は修理担当のものがお邪魔させていただきますのでヨロシクお願いいたします。』


当日、玄関のチャイムが鳴り扉を開けるとそこにはいかにも中年といった小太りの男性が二人立っていました。

『今日はお世話になります、さっそく修理に取り掛からせてもらいますのでお邪魔させていただきます。』

感じの良さそうな二人は慣れた手付きで室外機の修理を開始。
途中外から二人の視線を感じる事が何回かありましたが機にも止めませんでした。
修理は一時間と少しで無事終わったので家にあがってもらいお礼の意味も込めてお茶菓子を出す事に。


二人に背を向け用意していると突然後ろから強い力で羽交い締めにされました。

私『嫌っ!!止めて!何するんですか!?離してください!!』

『奥さんそんなピッタリしたズボンでパンツ透けさせて誘ってるんでしょう?欲求不満なのかなぁ?それに大声出して近所の人に見られたらどう思われますかね?大人しくしてればすぐ済むよ。』

最近太ったせいで前以上に大きくなったお尻がレギンスから下着を透けさせている事に気づかず知らぬ間に二人を挑発してしまっていたのです。

男は言い終わるや否や私の唇にむしゃぶりつき乱暴に服の上から胸を揉み股間をお尻に押し付けてきました。

もう一人の男は前からショーツの中に手を入れオマンコを直に刺激してきました。

出張の多い旦那とはかなりご無沙汰だったこともあり私の身体はすぐに反応し始め徐々にオマンコは熱を帯び意思とは裏腹に奥から大量に愛液を溢れさせました。

(あぁんいいぃ~ダメダメそれ以上触らないでぇ~濡れるぅ~気づかれちゃう~)

『奥さん本当スケベだなぁ~どんどんマンコ濡れてくるよぉほらほらぁ?』

音でわかるほどぐちょぐちょに濡れた事を確認した男は素早くショーツごとレギンスを脱がすと脚を無理矢理両手で開きガニ股になった私のオマンコに吸い付いてきました。

私『あひぃぃ~いやあ~はあああ~ん』

突然の強烈な快感に力が抜けてしまい後の男はすぐ様服に手を入れ直接乳首を指で刺激してきました。
ねちっこく愛撫され続けた私は抵抗も弱まり男達を受け入れた身体は成すがまま。

次々と押し寄せる快感に我慢出来るはずもなく、

私『あはぁもぉもぉダメぇ~んふぅ無理ぃ~イッちゃうイッちゃうから~イクッイクッオマンコイクゥ~』

乱暴な愛撫にも関わらずすぐに絶頂に達してしまい崩れる様に座り込んでしまいました。


呆然としている私の衣服をあっという間に剥ぎ取り全裸にすると、下半身だけ脱いだ二人は私の口元に逞しいモノを擦り付け、

『奥さんがスケベだから俺のこんなになっちゃってさ責任とってよ~』
『ほらほら奥さんこっちにも大きなのがあるよ~早くしゃぶってよ~』

二人から差し出されたそれは旦那のより遥かに大きく立派で先からは我慢汁を垂らし蒸せてしまうほど濃い雄の匂いに久しぶりだった私の中の雌は理性では押さえる事が出来ず旦那への罪悪感は早々と崩れ、タガが外れた私は無我夢中で二人のモノにしゃぶりつきました。

私『んふぅ~じゅるじゅるる~あはぁ~んおっきい~んっんっ~じゅるじゅる~』

『ああ~気持ちいい~奥さんいいよぉ最高だよ~』

『フェラ上手いねぇ~旦那の他にも咥えてるんじゃない?』

私『そんな…ことないれふぅ~じゅるじゅる~』

『ああ~我慢出来ねぇ!』

一人が私を仰向けにすると脚の間に割って入ってきました。

(犯される!アナタ~ゴメンなさい~)

『旦那さん!奥さんいただきますよぉ~』

男はオマンコの割れ目におちんちんを何度か這わすと一気に奥まで押し込んできました。

ズブズブズルン!

私『おおおおおお~ん!!』

旦那では感じた事のないあまりにすごい圧迫感とオマンコ全体を突き抜けるような快感に思わず獣のような声が出てしまいました。

『ああ奥さん!奥さん!マンコ最高だよ!俺のチンポ気持ちいいかー?』

私『じゅる~んふぅ~気持ちいいですぅ~おちんちんいいぃ~じゅじゅるる』

『旦那のチンポよりいいだろ~旦那よりいいって言え~!抜くぞぉ~?止めるぞぉ~?』

私『止めないでぇ~旦那のチンポよりいいですぅ~気持ちいいぃ~んこっちのチンポのほうが男らしくていいぃ~好きぃ~もっともっとオマンコ犯してぇ~』

『ほらほら奥さん休んでないでこっちのチンポ口でしゃぶれしゃぶれぇ~』

私『はいぃ~じゅるじゅる~んふぅ~あはぁ~んおいひぃ~』


それから私達は時間が経つのも忘れ家中のいたる所で交わり、私は二人が出す精液を口やオマンコで受け止めました。



『奥さん修理の時はまたお願いできますよね?』

夫婦の寝室で二人のモノを綺麗に舐め上げながら私はゆっくりと頷きました。


(アナタ、私‥もう戻れそうにありません…)