姉ちゃんのエッチ!

私が小学校低学年の頃に家のトイレに入っていたら、
電球が切れてしまったので、そのことを叫びました。
そしたら3学年上の姉ちゃんが懐中電灯を持ってきて、
明るくしてくれました。
姉ちゃんは凄く美人なので、
私は姉ちゃんのことが女の子として大好きでした。
その大好きな姉ちゃんに助けてもらえて
「ありがとう。」と言いながらほっとしていました。
ところが、姉ちゃんは思いもよらないことをしてきました。
懐中電灯の光を私のおちんちんに当てて照らしてきたのです。
姉ちゃんは私のおちんちんを照らしながら
目を思い切り見開いてジーッと凝視してきました。
私はどうすることもできずに
姉ちゃんにおちんちんを見られるがままでした。
私は大好きな女の子におちんちんを見られて
恥ずかしさの余りに顔が真っ赤になり、
今にも涙が出そうになりました。
私は何とかなくのを堪えながらも心の中では
「わーん、姉ちゃんのエッチ!もうお婿に行けない!」
と思い切り泣き叫んでいました。
姉ちゃんは弟である私のおちんちんを見ながら
嬉しそうな笑顔を見せて喜んでいました。

姉ちゃんはそれ以降も
おしっこを出しているところを覗いたり、
すれ違いざまにお尻を触ったりと
私をセクハラのターゲットにしてきました。
私はそれでも姉ちゃんのことが大好きでした。
残念ながら姉ちゃんはもう結婚していますが、
今でも姉ちゃんのことを愛しています。