養成校時代の思い出


私の昔話です。高校時代から男友達が多く、あまり女性と付き合うこともなく過ごしてきました。そんな私が医療技術の学校に入学すると環境は一変しました。なんと女性18人 男性2人の女性上位の環境でした。それまでと変わってしまった環境に戸惑っており、また教科の難しさももともと出来の悪い私が四苦八苦する要因でした。そんなある日「体表解剖」の授業がありました。簡単にいうと
体の表面の筋肉を触診しながら確認するという授業で女子・男子ともに水着で行う決まりでした。
私はさすがに恥ずかしく同じクラスの男の子とやっていたのですが、なんとその子が止めてしまいました。困った私は自分でやっていました。すると「自分だけじゃわからないから一緒にやろう」と声をかけてくれたメンバーがいました。女子アナでいうと「平井アナ」みたいな子でした。またいつも一緒にいるのが宇賀アナ、NHKの廣瀬アナ、久保田アナみたいな4人でした。「女性の事も知らないと」とのことで誘われました。学校の校舎は時間が限られるので、平井さんのアパートに行ってみんなでやることとなりました。みんな水着で、しかも久保田さんはスクール水着でした。女性4人の水着でうれしいはずですが、勉強の事もあり、それどころではありません。沙さっそく始めました「大胸筋はえ~と」と私がやっていると「ここ」と廣瀬さんが胸に手持ってきます。そんな調子でやっていくので、僕の息子も固くなってきました。するとふと4人の目がこちらを見てます。「すみません。本当はこんな事じゃいけない・・」と謝っていると「しょうがないもんね。これだけ女性の水着を見ていると」「そうだ。チンコの体表解剖しよう」と平井さんが言いはじめ、僕の水着を降ろしました。「すごーい。真上向いている」「どくどくしているね」「あんまり臭くないね」「これは我慢汁」みんなで口々に言いながらさわり始めます。「すごい息が荒くなるね」と宇賀さん。「こすってみるね」と廣瀬さん。あまりに気持ちよさにすぐ発射してしまいました。
その後も順番を変えこすられました。久保田さんは純情そうな顔をしていますが、フェラチオまでしていました。でも彼女たちのおっぱいを触ったり、お尻を触れたので気持ちよかったです。
おかげでテストも合格できました。ちなみに4人とは年末の年越しの際一人ずつエッチをしました。いい思い出です。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る