3歳の従妹

中1の頃、ちょうど精通を迎えてすぐのある日、少し離れたところに住む3歳の従妹の愛梨の世話をすることになった。この時、親が不在だったので2人きりで家で留守番をしていた。この頃、射精の快感を覚えていたのでサルのように毎日シコシコとオナニーをしていたので3歳とは言え女の子と2人きりと言うことから興奮していた。しかし、当然の事ながらセックスはできないし無茶をすると愛梨を壊してしまうことになるのでなんとか踏み止まっていた。2人で遊んでいると次第に疲れてきたのか電源が切れたかのように眠りこけてしまい、かなり深い眠りのようだったのでいたずらをすることにした。着ていたワンピースは前にボタンがついていたのでそれを全て外し、もこもことしたキャラもののインナーとパンツを脱がせ完全な裸にした。
子供らしく膨らんだお腹やまだ生殖器の役割を全く持っていない膣を撫で回し、舌を這わせた。膣は垢が少し溜まっていてかなり臭ったが興奮していたので特に気にならず舐め回した。先輩から見せられたエロ本に載っていた素股を試してみたくなり幼い膣のワレメにギンギンになったペニスを沿わせて素股をした。体格差があって厳しかったが3歳の愛梨の、と考えると腰の動きが速くなってお腹にたくさんかけた。
射精が収まり、落ち着いた頃、今度は愛梨や親たちにバレないかと不安になって急いで跡形もなく拭き取って服を着せた。
何事もなく夕方には愛梨の親が迎えにきて連れて行った。