ブラジル食人族区域に墜落したボーイスカウトチャーター機④

食人族の生け贄として、徹底した輪姦の対象にされた4人ずつの少年少女たち。
一人の少年に5人の女、
一人の少女に5人の男、
繰り返し繰り返し若い可愛い肉体を嬲ります。

彼ら食人族は少年少女たちは同じ人間ではなくウサギやブタと同じ食べる獲物であり、食べる前に溜まった性欲を発散させる道具に過ぎない。

従って少年少女たちが泣こうがわめこうが、自分たちが気持ち良ければ良いのであって、可哀想とかいたわりとかは全然ないのであった。

そして、
5人の男や女たちは相手の子供を取り替えて輪姦し、徹底的に犯していった。
もう少年少女たちは恐怖と痛みと悲しみで声も出ず、ただぼろきれのように恐ろしい食人族の凄まじい性欲に嬲られるままになっている。

朝からの凄まじい輪姦は夕方まで続き、やがてすべての食人族がすべての少年少女たちを犯したあと、一番弱った少年一人を生け贄として、食べる事にしたのです。

12才の可愛い少年は連日たくましい女たちに繰り返し輪姦され、しまいにはおチンチンの根元を皮ひもで縛られ、ギンギンに勃起したまま、もう射精も出来ず、赤紫に腫れあがったチンチンを犯され続けて、もう息も絶えだえであった。
少年は生きたまま、大きな鍋に吊されてゆっくり煮られる事になった。

たくましい黒光りする女たちに押さえ込まれて、可愛い少年は食人族の長老たちにお尻を犯される事になった。
何人もの動物の毛皮をかぶり、ヒヒの化粧をした長老が棍棒のような巨根をそびえ立てて美少年の体をなでまわし、硬く勃起したおチンチンを握りしめ、顔や全裸の体を舐めまわした。
そして合図すると女たちは少年を四つんばいに押さえつけ、
長老は黒紫のテラテラの棍棒のような巨根を少年の肛門に押し当てて、一気に貫いた。
美少年の可愛い悲鳴があがり、ピンク色の肛門からは赤い血が流れ、少年の太ももから床に滴り落ちます。
長老は気持ち良さにうめき声をあげながら激しく肛門を犯し、前にまわしたごつい手で美少年のおチンチンをしごきます。
根元を皮ひもで括られた少年のおチンチンは射精寸前までいきますが精液は出ません。
長老の巨根は激しく根元まで突きまくり、やがて大量の射精が始まり、長老は美少年の体を抱きしめながら射精を続けます。
スポンと巨根が抜かれ、次の長老が美少年のお尻を抱えます。
少年を押さえつける女たちは笑い、少年はぐったりと倒れかけますが、情け容赦なく巨根が血まみれの肛門に突き立てられます。
美少年の悲しげな悲鳴、
そして激しい巨根のピストンが始まり、もう一人の長老は巨根を美少年のお口に入れます。
可愛い少年の小さなお口にはゴツゴツの巨根は半分も入りませんが長老は無理やり喉まで突きまくります。
美少年はお尻とお口を犯されて泣きながら耐えています。
繰り返し繰り返し長老や男たちの少年輪姦が続けられて、
やがて男たちは満足して倒れ伏す美少年を女たちに抱き起こさせます。

広場の真ん中に大きな木の枠が組まれ、真ん中にナベが置かれ、周りには丸太が並べられて火がおこされます。

美少年は全裸のまま、両手を縄で縛られ、太い木枠にかけられて、ナベの真上に吊されます。
他の少年少女たちも縛られてこの恐ろしい食人儀式を見せられます。
まだナベは熱くありません。
吊された美少年の足先がナベのお湯につく寸前でぶら下げられて、
美少年は最後のいたぶりをうけます。

美少年のおチンチンの根元を括る皮ひもが切り取られ、若い食人族の娘たちが代わる代わる美少年のおチンチンをしごいたり、しゃぶったりします。
散々輪姦された少年の肛門からは赤い血が流れ、太ももからくるぶしまで何筋か流れています。
やがて娘たちが笑い、美少年のおチンチンから真っ白な精液がほとばしり、何度も何度も無理やり射精は繰り返されます。
そしてゆっくり美少年の全裸の体はナベに降ろされ、ナベには野菜や他の動物や、魚の切り身が投げ込まれています。
首までつけられた少年はまた引き上げられて娘たちのチンチンいじりや肛門いじりをされ、無理やり射精させられます。
繰り返し繰り返し可愛い全裸の体はお湯につけられ、やがて火が強くされてゆっくり降ろされる少年の足はバタバタと暴れ、それでもとうとう可愛いお腹までつけられます。
美少年の悲鳴や、泣き声が小さくなり、全裸の体は赤く湯がかれます。
そして最後の引き上げで娘たちは笑いながら美少年のおチンチンと睾丸を石刀でギリギリと切り取ります。
溢れる血潮とともに美少年の裸の肉体は煮えたぎるナベに入れられて、ごった煮にされます。
完全に煮殺された美少年の裸の体に若い食人族の娘たちが刀で切り裂き、内臓も肉もナベに煮込んでしまいます。
そして食人族たちが深い皿にスープと美少年の肉片を取り分け、みんなで笑いながら食べるのです。
残る7人の少年少女たちは恐怖で声もなくこの光景を見せられています。