青い姦計

 叔母の高森里美は高校の教師でその高校の生徒だった私は、姉弟のようだと人からいわれていた。
 授業中黒板に向かう叔母の美脚にはクラスの男子のほとんどが「いただきました」状態。
 プールに入れば、スク水で登場。
 もちろんおばさん呼ばわりは厳禁というか、おばさんになってもスク水でオーケーといった雰囲気だった。
 しかし、そんなある日、担任の和華子先生から放課後残された私は、特別課外授業を受けてしまった。
 「あなた私を見るときいつももっこりさせてるでしょう。若いから仕方ないわね」
 地味なめがねをはずすとそこには一人の女がいた。
 少し厚めの唇で、ディープキス。
 舌を絡ませた。
 その間にも股間をうごめく指。
 「思ったより大きいのね。私のおっぱいも大きいのよ」
 いきなり手をつかまれ、両手をおっぱいに誘導。
 幸福な両手でもみしだくと確かに相当な手ごたえが。
 
 翌日、また放課後呼び出されると、そこには見知らぬ男子生徒がいた。
 「叔母さんに手を出したのはお前か」
 そばでは、大変困っているといった表情で私を見る和華子先生。
 実は今日は昨日の続きをと思っていたのだが。
 「ところで、高森先生ってかわいいよな」
 来た。
 夫婦交換ならぬ叔母さん交換か。
 
 「叔母さん。頼みがあるんだ」
 「何でも聞いてあげるわよ」
 
 「ふ~ん。わかったわ。要はあれよね、叔母さん交換」
 「でもその前に恥ずかしいのだけれど、私、処女なんだ」

 一人暮らしのアパートに乗り込んだまではよかったが、そんな事情までは思いがいたらなかった。
 「シャワー浴びる」
 
 二人で入ったシャワールーム。
 叔母さんの胸は小さかった。
 自然と触れられた股間の一物に息を呑む叔母。
 顔はトマトのように真っ赤だった。
 「大きい」
 とだけいって絶句した。

 シングルベッドの上で、
 「じっくり見せてね」
 といいつつ、皮をむいたり舌でなめたりされるうち、逝きそうになるのをかろうじてこらえた。
 下になって、舌で探り出したのは、小さな突起だった。
 「感じてきちゃった」
 叔母のジュースが噴出した。
 「上になるね」
 「つっ、痛っ。和華ちゃんもこんな大きいのが入るんだから大変よね」
 「叔母さん。誰にも渡したくない」
 結婚したいと思うほど、そこは狭くきつかった。

 トマトがつぶれたようにシーツが汚れていた。
 「いやなもの見せちゃったわね」
 私の白い液体も混じっていた。
 「皮が切れちゃったよ。でもだいじょうぶ」
 あまりのきつさに皮が切れて出血していた。
 「どっちが処女かわからないね」
 そういって叔母は笑った。