興味本位で乱交パーティーに出たら母に遭遇してしまった

笑うセールスマンをしている。
今日は私の人生を変えた出来事を話そう。信じられないが、本当の話だ。つーか、自分でもあれは夢だったのではないかと思うのだが、本当の話なんだ。
実際はもっとエグいんだが、流石に気後れするので、ある程度和らげている。

学生の時の話だ。
当時、私は都心で1人暮らしをしていた。実家も都心だが、自立のために1人暮らしをしていたのだ。その日は熱帯夜であったが、電気代がもったいないので冷房をつけず、環八を走っている車がうるさいので窓も開けずにいた。4畳半の部屋は蒸し風呂状態だった。
そこで、おれは、パンツ一丁で、布団の上に寝転がり、団扇を片手にスマホでネットサーフィンをしていた。スマホは汗だくになる。真っ暗な部屋の中で不気味に光るスマホ。
歴史ものが好きなので、それ系のサイトをのぞいていたのに、いつの間にか出会い系サイトに誘導されていた。
「ちい」
舌打ちが聞こえる。誰が舌打ちしたかはわかっているけど。
サイトの中は、際どいエロ画像や業者が立てたであろうスレが、うんざりするくらい乱立している。扇情的過ぎて、逆に萎える。
俺は、ため息をつきながら、ブラウザを閉じようとした。
その中で、
20歳女性が、
「乱交希望者募集」
をしているとのスレを見つける。

まさかと思いながらも、興味本位半ばおそるおそるメールをすると、彼女から返事が返ってきた。最初は、サクラだろうと思っていたが、メールの文面から本気ぽい。俺は、取り憑かれたように、近くのコンビニへと階段へ降りていく。
コンビニのレジのお姉さん、俺の気迫に驚いたけど。5000円ほど払い、ポイントを購入。購入後は、ぼったくりバーから出てきたような気分になった。
その日と翌日、翌々日とメールのやり取りをしていたが、相手は真剣に乱交相手を募集していることがわかった。相手がネカマだということもわかったけど。
俺が抗議すると、本当に可愛い娘がたくさんいるというので、ついつい誘いに乗ってしまった。男10、女5だそうだ。

その週の土曜の正午。渋谷駅のハチ公前で、待ち合わせていた。短パンを履いているというが、
「こんにちは。中山さんですか?」
その男は、確かにいた。キモいオッさんを想像していたけど、嫉妬するほどの爽やかなイケメンだった。
「ええ。そうですけど。」
「こちらです。」
男に案内される。緑の電車の前に10数人ほどの人だかりへ。長髪の男にオールバックの男、あとは10人くらいいたかな。女はというとおばさんばかりが5人。明らかに40はいっている。それもみなぽっちゃりとしている。
花の女子大生を想像していた俺は、騙されたことを悟った。

現場へと我々は歩いていく。その前に腹ごしらえに、オシャレなパスタ屋に。一緒に話したのは吉田さん。俺と同じくらいの息子がいるそうだ。吉田さん、汗だくで匂いが鼻につく。それでも話自体は面白く、はずむはずむ。時々俺にボディータッチしていたような。話は弾んでいたが、俺の心は沈んでいた。
パスタ屋、個人商店でうまいけど、3000円もした。たまげていると、吉田さんが、
「いいのよ。奢ってあげる」
と言ってくれた。
俺は、ホッとした。
そのパスタ屋のトイレに行った時、背の高い長髪の男と、オールバックの男が用を足していた。仕方なく個室に入る。
「先輩どうですか?今日は?」
「うん。たまんねえな。」
「そうですよね。原田さんとか、美魔女というか。」
「俺は吉田さんがいいな。あのむっちりとした体つきがたまんねえな。」
俺は驚いた。あんなおばさん達のどこがいいんだ。個室を出ると、
「中山君だっけ。づうよ。」
オールバックがニヤニヤと話しかけてきた。反応に困り苦笑いをしていると、
「もっと若い娘が良かったんじゃないんですかねえ。」
と、長髪が指摘する。図星だった。
「まだ若いねえ。本当は、熟女の方がいいんだぜえ。エロいんだよ。」
「いや、熟女ならまだいいんですけど、ぽっちゃりとしているのが。」
「その太った体がいいんだよ。ケツなんかさあ。」
長髪もニヤニヤしながら言う。
「もう。上品そうな佇まいなのに、若い男のチンポが欲しくてたまらないと言う顔してましたよね。」
「ああ。早くあのデカいケツにぶち込んでやりてえなあ。」
俺には理解できない世界が、目の前にあった。
「だけど、中山君。覚悟はしといた方がいいよ。熟女の性欲はハンパねえから。簡単にはいくなよ。」

俺は、オールバックの言っていることが分からなかった。
散々歩いてようやく現場に到着した。渋谷駅の近くの高級マンションの20階だった。無駄に歩かされたと、少し腹が立った。1、2階にはモールがある。素朴に住みたいなと思った。

部屋に入れば、ようやく、涼めるのかと思ったのに、冷房があまり効いておらずがっかりした。代わりにペットボトルの水を渡された。これで水分補給しろとのことだ。部屋は原田さんのものらしい。
中は薄暗い。

雰囲気からして、誰かがいるらしい。リビングの奥から、
「ギョエめえ!ギョエめえ!じぬわあ!」
とか、
「わだじも。わだじも。じぬう!」
といった恐ろしい声が聞こえてきた。

「もう。やっているみたいね。」
と吉田さん。
俺たちは恐る恐るアリの行進のように、長い廊下を歩いていった。

吉田さんが、そっとドアを開けた。順番にリビングの中へと入る。リビングの窓は黄緑色のカーテンが閉められていた。だだっ広いリビング中には大きなベッドと真っ赤なコの字型のソファー、液晶テレビだけがあった。ベッドの上の布団は無造作に乱れており、さらになんとも言えない酸っぱい匂いがお香のように漂っていた。
臭いなと思った。

ベッドの傍らには、色とりどりのマスクとハイレグそれに太もも下半分まで包んだエナメルブーツをした小太りの女4人がいた。女達はベッドの傍らで立ったまま合体しながら泣き叫んでいた。顔はのっぺらぼうで、目も鼻も耳もない。ツルんと光っている。ただ、舌だけがベロンと長く飛び出ている。人間より、妖怪に見える。

黒マスクとピンクのマスクの女が、正面から抱き合い、互いの舌を

クチャリクチャリ

と音を立てながら、貪るように絡めていた。 時折、
「ああん!」
「ああん!」
と言った低い声が聞こえてくる。声から、おばさんだとわかった。

黒マスクの女の後ろには赤マスクの女がしがみつき、唾液をネットリと垂らしながら、後頭部の黒い生地を、長い舌を思い切りだして、舐め回していた。赤マスクの女の舌からは泡立った唾液が、
ドロッドロッと
大量に出る。
そして、
「ああん!」
と喘ぐと、再びドロドロした液体を吐き出した。

断続的に出る唾液は、黒マスクの女の肩、脇、さらには床へと垂れていた。 そして、赤マスクの女の唾液の池が出来ていた。
ピンクのマスクの女の後ろには、白マスク女がしゃがみ、ピンクのマスクの女の、大きな尻を、やはり唾液をダラダラとたらしながら舐めていた。大きな尻には大網のタイツで覆われており、白マスクの女が舐める度に揺れていた。更によく見ると、ピンクのマスクの女の尻には、真っ赤なバラの入れ墨が施されていた。

丁度、私からみて、左から右へあるいは、リビングの奥から手前へ順に、赤、黒、ピンク、白と、並んでいる格好になる。どの色も、薄暗い電灯の光をテカテカと反射させていた。むっちりとした体には、色とりどりのハイレグがみっちりと締め付け、丸太のように太いもも下半分にもやはり、色とりどりのエナメルブーツが締め付けていた。上半分は大網がおおい、花や蛇の入れ墨が入れられていた。

野獣のように叫ぶ女達。
「奥さん達。いいねえ!」
オールバックが叫ぶ。
俺たちに気づいたのか、マスクの女達はヨロヨロと倒れた。そして、四つん這いになって、這いながら俺たちへと、ゾンビのように、向かっていく。
背中が寒くなる。

耳が冷んやりとする。
「ズボンを脱ぐのよ。」
吉田さんが耳から囁いていた。
振り向くと吉田さんは、全裸だった。大きな乳房には薔薇の入れ墨、乳首にはピアスが刺さっており、下腹部には蛇が彫られていた。
「でも、シャワーも浴びてないし。」
「あの人達には汗臭いチンポが好物なのよ。後で私にもシャブらせて。」
最も、自分から脱ぐ前に赤いマスクの女に脱がされてしまった。赤いマスクの女はしゃがんだまま、舌を出した。
「はじめまして。え?」
赤いマスクの女は名前も顔も知らない男のチンポをシャブりはじめたのだ。チュパッチュパ!赤いマスクの生地から舌だけが出て、俺のチンポに絡みつく。化け物のようだが、なぜかエロくうまい。やはり唾液が大量に出て、俺のチンポは赤マスクの女の唾液でベトベトになる。
長い舌が絡みつき気持ちよい。恐怖で萎えた俺のチンポもすぐに立つ。いきそうになると、赤いマスクの女は寸止めする。 そして暫くするとまた舐めはじめる。
「うん。このチンポも汗臭くて美味しい。」
初めて言葉を喋る女。その声を聞いてはじめて、赤マスク女が人間だと実感できた。
「しよう。」
「ええ。何を?」
「決まっているでしょ。」
俺はそのまま、赤マスクの女にベッドまで連れていかれ、押し倒された。そして、赤マスクの女は俺の上に乗る。
「はあん。はあん。このチンポも最高。」
赤マスクの女は舌を出し、ヨダレを飛び散らせながら、喘ぐ。ヨダレが俺の顔にかかる。栗くさい。
そして、ハイレグのメタリック生地に締め付けられた大きな腰を前後にくねらせる。トドのような大きくて赤い腹がうねる。うねる。赤いエナメルブーツの生地が俺のももを擦る。冷んやりとする。
冷んやりとしたのはチンポも一緒だ。この女、ご丁寧にも、マンコにピアスを入れていたのだ。ピアスが擦れ地味に痛い。こっちは痛いのに、向こうは、
「ギョエめえ!ぎもぢいい!ギョエめえ!ぎもぢいい!」
とメチャクチャ気持ち良さそうにしていた。そして、時々ガクッと体重がかかったと思うと、背後にユックリと倒れていく。股はヒクヒクと動く。
俺は、女が死んだのではないかと焦った。
しかし、女は再び起き上がり、また腰を振り始める。

横を見ると、原田さんが、長髪の男の上にまたがり、オールバックの男に後ろから責められていた。さらに別の男のチンポをシャブリながら、両手で別の男のチンポを握りしめていた。1人で5人の男を相手にするとはすごい。よほどのテクニックがないと出来ないが、本人は白目をひん剥くほど、ご満悦のようだ。
「3穴責め最高!」
と叫んでいた。
男達は必死そうだ。
「佐藤くんのチンポが邪魔なんだよ。」
とオールバックの男。
「田中さんのチンポの方が邪魔ですよ。デカイんですよ。」
長髪の男が寝転がりながら反論する。
二穴責めは男にとってはあまり気持ちよくなさそうだ。

俺はというと、時おり赤マスクの女にキスをせがまれ、仕方なくする。上から絡みつく長い舌が喉仏まで届き苦しい。息も栗くさい。何人もの男の精液をブレンドしたような匂い。吐きけがする。
お互い、名前も顔も知らないのに、狂ったように抱き合う。
女は何度もイキ、その度に体重が俺の体にかかる。
そして、
「おお!ポルチオに亀頭があたってぎもぢいい!」
と、叫びながらまたピストン運動を始める。
こちらは、ピアスが擦れ痛いので、なかなかいけない。なのに赤マスクの女は、何度もいく。
ようやくイキかけた時に、コンドームを渡された。つけろとのことか。コンドームをつけると、今度は尻の穴で責められた。
ローションでヌルりとする。締め付けるかと期待したが、案外緩い。ただ、余計なものがなかったのでそちらではいけた。
コンドームに溜まった精液。我ながらにキモい。しかし、赤マスクの女とその隣にいる黒マスクの女が頭にかけて欲しいとせがんできた。イラっときた俺は、2人思い切りかけてやった。
2人とも
「ああん!美味しい!」
と、低い声でヨガっていた。
2人は、舌を出して舐めまわし、堪能し、互いにキスをし始めた。

キスが終わった後、
「ごめんね。私ばかり気持ちよくなって。」
と、赤マスクの女が言ってきた。俺ははじめて許す気になれた。それから色々と話をした。どうやら、こういった人妻のネットワークが、全国津々浦々にあるらしく、暇な時に若い男を漁っているようだ。
そんな危険な繋がりが身近にあるとは、と聞きながらもどこか人事のように聞いていた。

しばらく休んだ後、今度は黒マスクの女とセックスをした。まずは、女のマンコを舐める。顔の上に跨る黒マスクの女。ピアスと生地ごしに舐める。
「ああん!ああん!気持ちいい!」
と叫ぶ女。その声を聞いて、俺はまさかと思った。
その時、吉田さんが俺のチンポの上に跨ってきた。ピアスが擦れる。こっちのピアスは気持ち良かった。最近の熟女はみなピアスや入れ墨をしているのかと思うくらいに、みなしていた。

俺は心の中で、MRIで検査できねえだろ。と訳のわからない突っ込みをいれながら、憤っていた。

「次は英津子さんの番よ。」
英津子?
俺の母の名前だった。まさかと思った。英津子とは黒マスクの女のようだ。戦慄が走る。
しかし、黒マスクの女が俺のチンポの上に、M字開脚で股がってきた。黒のエナメルブーツのキシム音が聞こえる。エナメルブーツには白い筋が無数に走っていた。エナメルブーツの向こう側には網タイツに覆われた太もも上部が見える。よく見ると、そこにはデカイ生々しいチンポの入れ墨が両足に2本ずつ彫られていた。右足のチンポの上には「淫乱」と「熟女」の文字がそれぞれ彫られ、左足のチンポの上には、
「毎日毎晩、若い男のチンポがないと生きていけない体になりました。」と、
「変態プレイが大好き」
との文字が。

他の熟女もそうだが、黒マスクの女の入れ墨は特に気合いが入っている。ここまでの入れ墨を彫るとは、肝が座っているなと思った。上品で可愛らしい母とは似ても似つかない。俺は奇妙な安堵を覚えた。だいたい、これだけの入れ墨とピアスをしていれば、何かおかしいと気付くはずだ。感の鋭さには自信があった。

「ああん!このチンポも最高!」

黒マスクの喘ぎ声を聞いた時、俺は母だと確信した。いつもより低い声だが間違いない。

「ああ!美味しい!美味しい!中出しして!ああ!ああ!」

黒マスクの女は、腰をクネクネと振り、舌からヨダレを垂らす。そして、俺にキスをしてくる。腐臭がする。
名器だ。マンコのヒダとピアスが擦れ、気持ち良い。

「ああ!おごごごご!んぎいいいん!ざいごう!ごのヂンボざいごう!英津子のことメチャクチャにじでえ!ずぎにじでえ!ごろざれだいわあ!ごのヂンボに!」

俺と黒マスクの女は同時にイッた。股からミルクがドクドクと出てきた。もの凄い罪悪感と自己嫌悪感が襲う。
黒マスクの女の股の下、そして俺の股の上から大量の白濁液が溢れ出てきた。黒マスクの女はコロリと倒れ動かなくなった。ただ、黒いハイレグのメタリック生地とピアスに覆われた股だけがヒクヒクと動き、その振動を俺のチンポへと伝える。
俺はやっとのことで、チンポをマンコの中から出した。よく見るとパイパンでクリトリスにもピアスを開けていることがわかった。

黒マスクの女は、目を覚ますと、今度はけつの穴に入れてくれといったから、コンドームをつけ、後ろからヌルリと入れた。3度目だから、いけないかった。黒マスクの女は信じられないヨガリ声を立てながら、泡と舌を口からシーツへと吐き出していた。
さらに、俺に仁王立ちをさせ、チンポをしゃぶる。そして、俺の精液を飲み干した。
そこで、俺はダウン。
あれだけヨガったのに物足りなかったのか、黒いマスクの女は、手当たり次第に他の男達や熟女達のところへいき、ありとあらゆる穴で遊んだ。
最後にはショーと評して、天井から両足を縄で吊るされた。
そこへ、吉田さんが上から腕を黒マスクのけつの穴にずぶりと、それも肘近くまで入れた。吉田さんは、嘲笑していた。その顔は悪魔だった。
「本当、この女はどこまで淫乱になれば気が済むのかしら。」
と笑っていた。
黒マスクの女の腹が、吉田さんの腕で蠢く。別の熟女達もケラケラと笑う。さすがのオールバックや長髪も青ざめていた。

黒マスクの女は、最初、悦ばしい叫びを上げていたが徐々にとろけたような喘ぎ声に変わり、小さくなっていった。5分ほどすると、それすらなくなった。黒マスクの女の下がベロンと垂れ下がり、ヨダレがドクドクと頭まで垂れていた。原田さんが黒マスクの女の後頭部のジッパーをズズッと背中まで開けた。髪が見える。そして、開けると、中から化け物が出てきた。

化け物は髪を逆立て、白い目を左右にひんむいていた。赤い唇はニヤリニヤリと動いていた。元々は端正であったはずの顔立ちも、歪んでいた。顔は動いていなかったが、真っ赤な唇だけはおかしそうに動く。唇の中には真っ白な歯が覗く。

変わり果てた母の姿だった。周りの熟女達は、
「メチャクチャ気持ち良さそう。
「私ももう1度アナルフィストやってみたい。」
と、口々に話していた。

ベッドで寝転がっていた私は夢かなと思って、頬をツネッても冷めなかった。周りを見ると、人が明らかに増えている。むせ返る空気の中で意識が遠のいていった。

目が覚めると、布団の中にいた。隣には裸になったオールバックの男が俺に抱きついていた。散らかっていたはずの部屋は跡形もなく綺麗になっていた。朝日が俺たちをさす。横を見ると、母と吉田さん、原田さん、その他何人かの熟女が猥談をしていた。
何十回イッたかとか、今回の男の味はどうだったかという話だ。
俺は自分の行なった過ちに気づき、涙が流れてきた。なのに、母達は笑っている。
「泣いているのか。」
オールバックの男が、言った。私はオールバックの男に、夢中で抱きついた。
「コンドームするか。」
と言ったので、つけてもらった。愛しさが伝わってきた。

その日は、オールバックの男と一緒に買い物をした。今までのどの女のデートよりも楽しかった。

あの出来事があってからも、母は何食わぬ顔で父や姉や私に接している。様子から見て、私には気付いていたはずだ。暫くは、母の腹や尻や太ももにあの入れ墨があるのかと思うと、背筋が凍った。
父には愛人がいる。初めて会った時はケバケバしい女だなと思ったが2人の一途な恋愛を見ると、律儀な人達だなと思った。父の愛人にも可愛がってもらったが、ベッドに誘われたことは1度もない。母も愛人の存在に気付いているはずだが、何も言ってこない。

さて、あの出来事、2年くらいは、トラウマだったが、今では何故か良き思い出になっている。私も時々、熟女達の乱交を楽しむようになった。あれからは、母とは出くわしていないが、別のところで楽しんでいるのであろう。乱交は良くも悪くも私の人生観を変えた。そして、私の人生は深くそして味わい深いものになった。