CAと中出しできる本番サロン

最近、すごく面白い本番サロンを見つけました。その名も「おまんこ航空現役CAとイチャイチャ」という店名です。
店内は飛行機の中にそっくりで、CAの恰好をした女性は皆とても上品そうな感じでスタイルもバツグンです。店内は、明るくそこかしこで皆セックスの真っ最中です。その中でもひときわ好みの女性を見つけました。年齢は25歳位。芸能人でいうと剛力彩芽に似ています。全体的に細いのに胸はGカップはあるでしょう。すぐ次に空いているというので早速指名しました。「初めまして。彩芽です」「やっぱり。剛力彩芽に似ているから?「よく言われます。お客様、先にフェラチオをいたします」「まずは、チューしようよ」「承知しました」彩芽ちゃんの柔らかい唇と舌を存分に味わいながら、胸を揉みます。「大きいね。Gカップ?」「Hカップでございます」「吸っていい?」「もちろんです。存分に吸い舐めくださいませ」そういうと、ジャケットを脱ぎ、ブラウスを脱ぎ、ブラもはずし、おっぱいをむき出しにして口のところへ持ってきてくれました。乳首はベージュ色。両手で揉みしだきながら交互に吸ったり舐めたりします。「ああっ、お客様すごくすごく気持ちいいですうー。どうぞ強めに吸ってくださいませえ」「ねえ。パイズリもOK?」「もちろんでございます」パイズリ後、フェラもしっかりやってもらった。「おまんこ、舐めさせてよ」「承知いたしました。どうぞ」スカートを脱ぎ、パンティも脱ぎ、おまんこを人差し指と中指でしっかり拡げ、見せてくれた。中はきれいなピンク色だ。「どうぞ。お舐めくださいませ」クリを中心にペロペロと舐めてやる。その間、おっぱいへの愛撫も忘れない。「ああっ。気持ちいいですっ。」「そろそろマンコに入れてもいい?「はいっ。よろしくお願いいたします。」ズブリとまんこへ突き刺す。ヌルヌルの感触が気持ちいい。「なかなか締まりがいいね」「恐れ入ります」正常位で思い切り足を開かせ、マンコを見ながらのスタイルだ。彩芽も興奮している。「お客様っ。すごく気持ちいいです。おまんこが、おまんこがとっても喜んでおります」「それはよかった。」「ああっああっ。不覚ながら、わたくしもうイキそうでございます」「一緒にイこうか」「ありがとうございます。お客様、もしよろしければ、わたくしのおまんこに精子をたくさんかけていただけますでしょうか?」「もちろんそのつもりだよ。うっ。もう、でるよ。イクよっ」「ああっああっ。精子をどうぞなるべく奥の方に思い切りかけてくださいませっ」「うっ」私は言われた通り、まんこの奥の方にしっかりと射精しました。ちんぽを抜くと精子が大量に出てきました。「ああっ。気持いいですうっ。出来ましたらもう一発おまんこに入れていただけないでしょうか」「いいよ。まだ元気だし。入れるよ。今度はバックだな」「ああっ。わたくしバックで
犯されるのは大好きでございます」「俺もだよ」爆乳を揉みながら腰を使う。「ああっああっ。気持よすぎますー。また、おまんこに白いのをたくさんかけてくださいませっ。ああっ、わたくし先にイカせていただきますっ」「いいよ。うっおれもイクよ」一回目に負けない量のザーメンを思い切り彩芽のまんこに注ぎ込みました。
「ありがとうございます。おそうじフェラをいたします」しっかりきれいにしてもらうと「失礼いたします。おまんこ航空ご利用ありがとうございました。またのお越しをお待ち申し上げております」と丁寧にお辞儀してくれた。彩芽の接客がとてもよかったので、また来ようと思った。それにしても2発も抜いてもらえて大満足。ご機嫌で店をでた。
そして家に帰りベッドへ入った。妻はもう寝ている様子だったが、急に起き上がり、パジャマの上を脱ぐとおっぱいを顔に押し付けてきた。「最近ご無沙汰だったわよね。吸って」妻も彩芽に負けず巨乳でFカップはある。乳輪が黒っぽいがこれはこれで興奮する。疲れてはいたが、でかい乳を見ていると、ちんこも元気になった。乳輪から吸い付き強めに揉む。「ああんっ。気持いいっ。」乳首をつまみながら、パンティを脱がせ、クンニをしてやる。「アアンッ。ダメッ、イクっ」妻は軽くイッてしまった。妻は仁王立ちフェラをしながらあえぎ声を抑えている。わたしも興奮し「よし。たんまりと食わせてやる」と言い、そそり立ったチンポをまんこに入れた。「ああっ。あなた気持ちいいっ」「おお。まんこに吸い付くよ。すぐに出そうだ」妻のポルチオを刺激してやりながら、片足を高く上げさせまんこを丸見えにした。「ああっ恥ずかしい。おまんこに入ってるっ」「イクぞ」「私も」2人同時にイキました。したいわ。もちろん生中出しです。「ねえ。もう一回セックスしたいわ。今度は私が上になるから」そういうと妻はちんぽを舐め上げ、上に乗り腰を振り出しました。「ああっ、だめっ、またすぐにイッちゃう」「いいよ。おれもイキそうだ。正常位でイカせてくれ。」「いいわ」体勢を変えると即座に「うっ出る。まんこの中にたくさん出すぞ」「お願い。おまんこの中にザーメンいっぱい出してね」思い切りまんこの中に射精し、ちんぽを引き抜くと精子が出てきました。「ああ、気持ちよかった」妻は満足して寝てしまいました。我ながら一日で4発も出したことに感動しています。彩芽のマンコもなかなかですが、妻も捨てたもんじゃありません。外でセックスした日はなぜか必ずと言っていいほど、妻ともセックスします。どちらも比べ難い気持ちよさです。今後も外でのセックスと妻とのセックスの両方を楽しむことは止められそうにありません。