清楚な雰囲気でとても美人な秘書の如月英里子さん

とりあえずスペック。

俺:荒木、25歳、細いマッチョ系で顔はいい方だと思う。
大学ではかなり激しく遊んでたが会社に入ってからはそのときのことは隠してる。

英里子:社長秘書をしている28歳。ストレートのセミロングがよく似合う清楚な感じの美人で、肌も白くスレンダーなモデル体系。

週末を前にしたその日、何を夕飯に食べて帰ろうかとターミナル駅を歩いていたら、同じく駅の構内をウロウロしていた秘書課の如月英里子とバッタリ遭遇した。

「如月さん、どうしたんですかこんなところで?」
「あっ、荒木さん。」

英里子は俺の問いには答えずに、ただ驚いた顔をして見せたが、質問を無視するのは悪いと思ったのか付け足すように答えた。

「実は今日は夕食を外ですませようかなって考えてて…」
「俺も食べて帰るんですけど、よかったら一緒にどうです?」

プライベートな時間を誘うのは悪いかな?
そう思ったが、英里子のような綺麗な女性とはなかなか二人で食事する機会なんてないので駄目もとで誘ってみたつもりだった。

「えっ、ご一緒していいんですか?」

予想に反して、英里子は二つ返事で俺の誘いに乗ってきたが断られるだろうと思っていたので、どこに行こうか考えておらず咄嗟に英里子に尋ねた。

「何か食べたいものありますか?」
「せっかくですから、普段あまり食べないものを…」

そう言うので続きを待っていたら、いつまで経っても後が続かない。

「あの…如月さんが普段何を召し上がっているのか、俺は知らないんですけど…笑」

冗談っぽく続きを促すと、英里子は少し顔を赤らめて恥ずかしそうに笑った。

「やだ…そ、そうですよね…、えっと、えっと…」

少し慌てた様子が可愛くて、もう少し困らせたい気分だったが、英里子が焦らないで済むように俺の方から知っているお店の話をして水を向けてみた。

「ちょっと美味い肴を出す小料理屋があるんですけどどうですか」

それを聞いた英里子は少しホッとした様子ですぐに話に乗ってきた。

「それが、いいです」

英里子が"それで、いいです"ではなくて、"それが、いいです"と言ってくれたことに、俺はますます彼女に好感を持った。

「それで、その彼氏とはどうなってるんです?」

酒の勢いもあって、話がだんだん際どくなってきていた。
けれども、英里子は特に気にする様子もなく話に乗ってきた。

「三年も経つと、もうほとんど私に関心ないのよね」
「そんなことないでしょう?」
「好きで付き合ってるはずなのに、気がついたらセックスレスよぉ、セックスレスぅ」

英里子の呂律が回らなくなってきていたので、ちょっと心配になってきた。

「如月さん、酔ってますよ」
「何を言ってるのよ。荒木くんだって、きっとそうなるんだから」

いつの間にか、俺は"荒木くん"になっていた。

「もう、女として見られてないんだなぁ…」

自虐的にそう言いながら、グラスの底に残った冷酒を一気に煽ると、英里子の目の周りはほんのりとは言えないほどに赤くなっていた。

「そろそろ、行きましょうか」

英里子を促して席を立つと、英里子は頷いて素直に立ち上がったが足元が少しふらついて俺に寄りかかってきた。

「あ、ごめんなさいっ」

咄嗟に支えようと腕を伸ばた拍子に、英里子のおっぱいがモロに押し付けられる格好になった。
英里子の顔が一瞬真顔に戻ったのが見えたけど、すぐに笑って言ってくれた。

「大丈夫よ、減るもんじゃないし」

俺が会計を済ませてる間、英里子の身体が微妙にフラフラと揺れてるのを見て、なんとかこの綺麗な女性を抱きたいなと思っていた。
で、少しだけ喋りすぎた感もあるかなと思いつつ帰りに送っていくと、ちょっと寒い気候。
英里子はタイトスカートとその下は黒のストッキング、上はニットセーターと女性らしいジャケットみたいな格好。
相当いい、元々超可愛いから。

「今日本当に寒いですよね。終電まだですよね?ちょっとだけうちでコーヒー飲んできます?」

と言われ、家に上がった瞬間に後ろから抱き着いてスカートまくってタイツの上から手を突っ込んだら

「え、何でですか?え?」

とか言ってきたけど、めっちゃ濡れてる。

「何で?駄目でしょ?駄目だよ!ねぇ!?」

と言ってきた所で指突っ込んだらぬるっぬる。

「ちょっ…駄目…荒木く…あああっ」

みたいにいい声で鳴くし。
酒飲んだ後なのに、英里子からはすげえ良い匂いがした。
英里子が俺の愛撫から逃れようと体を屈めて逃げようとしたけど、抱え込む形になって俺も無言で責めた。
酒と性欲って怖いな。
割ととんでも無い事してんなとは思ったが、人間とんでもない状態になる事ってあるんだなとその時思った。
相当抵抗されたのは確かだった。

「え、何でですか?」
「ちょっと駄目でしょ!?」
「ホント駄目だってば!」

等々。
でも、可愛い女の誘引力って異常だよね。
ストッキングの上から手を突っ込んで

「俺は英里子のこと女だって目で見てますよ?」

って言いながらひたすらマンコを責めた。
クチュクチュ音が出るようになってから、出来るだけ音が鳴るようにしながら相当掻き回してたら中が熱くなってきた。

「さ…最初からこうするつもりだったの?」

って聞かれたからそこで初めて口開いて、

「どう思う?」

って言った瞬間、

「嘘ぉ…あっあっあっ!」

って感じに英里子が崩れたのが判った。
多分俺が口を開いて安心したのと、自分の懸念してた事が当たったと思ったのと両方あったんだと思う。

「いつも…こんなことしてるんですか?」

俺は無言で掻き回して、

「…あっあっあっ」
「ねぇ答えて…んっ!下さいっ…」

ちょっと感じやすいなこの人ってのと、その時の英里子ちょっと怒った口調で感じてるって問答の感じが自分的にかなり勃起度の高い感じだった。
特にGスポ付近を掻き回すと、

「あああっ…!」

って声が出た後に

「…もうっ…!」

って声が出るのが超エロかった。
しばらく俺の胸を押したり手を外そうとしてくる中、

「ねぇ誰にでも…あああっ…もうねぇっ!…答えてっ!」

上下に指を動かして、

「あああもうっ…ねえっ…ダメだって…」

って感じで続けた。
この時点ではマンコだけを掻き回しててお互い服は全部着たまま。
そこら辺から片手はタイツの中に手を入れ、手マンかつ尻を揉みまくるような感じでもう片手ではスカートの上から尻を揉みまくった。

「英里子と繋がりたいな…ねえ英里子、エッチしよ?」
「あっ…名前で呼ば…んっ!」

英里子は俺の言葉で少し落ち着いたのか、目を瞑って

「んっ…んっ…んっ!…んっ…」

みたいに、俺の指がGスポ付近をカスる感じのタイミングで声上げてて、そこから会話タイム。

「やっぱり…もう、酷い…んっ…」
「何が?」
「…んっ…んっ…言えない…」
(クチュクチュ)
「言えよ」
「んあっ!…あ…それダメです!や、あ、やめて…」
「言えって」
「いつも荒木君のこといいなって女性社員で…それで私もそう思ってて…ああああっ…ダメ…手外して…あんっ!」

そんな感じか、と把握。

「じゃあ、こうなる事も想像してた?」
「いきなり襲ってくるなんて…んっ…思ってなかった!」

食い気味で反論されたけど、これは英里子のミスだったと思う。
俺がちょっと笑った後、指2本突っ込んだ瞬間ピンって仰け反って

「何で…あああっもう、超エロい…」

って呟いて俯きながら、両手でスカート抑えるみたいにして突っ張ってきた。
この抵抗したいけど抑えてる感じが超エロかった。

「彼氏以外の男は初めて?」
「…初めて…ですけど駄目ですよ…」
「何で?」
「だって…彼氏いる…ああっやあ…」
(クチュクチュ)
「ああああああっ…ひうっ…」

とにかく会話ではそこは死守みたいな感じで固辞された。
そこから英里子は一生懸命、

「エッチは駄目だよ…?」
「こんなのおかしいよ…」

って感じの繰り返し。
俺は無言で指1本、2本を繰り返しながらゆっくりと掻き回し続けた。
そのゆっくり掻き回したのが効いたんだが、落ちたなって感じたのは指1本から2本に切り替えるタイミングで、ゆっくりヌヌヌヌヌって挿れたら

「あああっ…それ…おっかしく…なる!」

って俺にしがみつきながら、そのタイミングで片手でズボンの上からチ○ポをなぞらせた。
すると、

「うそ…おっきい…!」

ってめっちゃエロい声で言った後に握ってきた。
そこら辺でもう限界。
玄関のフローリングに押し倒して、両脚掴んで持ち上げるようにしてまた手マン。
スカート捲ってチンポ当てた所で

「英里子、挿れるよ」

俺は、英里子の膝の裏を持って長い脚を両脇に抱え込むと、チンポの先端を彼女の入り口に押し当てた。

「あっ!ダメ、口でする…口でしてあげるから…」

そういう英里子の言葉をシカトして挿入。
一気に腰を突き出すと、ヌルリと英里子の膣内にチンポが呑み込まれていった。

「あっ、ダメ!ダメだって…ああんっ!」

英里子が眉間に皺を寄せ、白い喉を見せながら仰け反った。

「ううーっ!」

と同時に本格ピストン開始。

「ふ、深い…奥にあたって…」

「当たり前でしょ、奥を突いてんだから」

「あぁ…、あ、あ、あ、激しいっ!動かないで!お願い!」

英里子の声を無視して、激しく腰を動かし、無言で突き続ける。

「待って!お願いゴム着け…あっあああっ!…ねぇ外で出して…!!」

清楚な美人なだけにエロ顔もなんというか真面目な感じなんだよ。
で、それがピストン受けながら

「あっ!ねえっ…中で出しちゃ駄目だよ…あっ!ねえ、外で出して…中、駄目だよ…あんっ!あんっ!絶対中だめだよ…」

って感じで訴えてくるのがエロい。

「お願い。外で出して…あっ!あっ!」

「いいよ。その代わりおっぱい見せて」

「ああ…やぁ…服…脱がせて…」

「駄目、自分で捲って見せて」

「…恥ずかしいっ…」

って感じで上半身はだけさせて、ブラをずらして俺は上半身シャツ1枚、英里子は半裸にスカートの格好にさせて突きまくった。

特に激しく突きまくったら

「あっあっ!あっあっ!あっあんっ!ねえ、お願い、シャツ脱いで!」

「何で?」

「だってレイプされてるみたいっ!」

「レイプ?乱暴にされたいんだ?」

「ちがっ…あああんっ!」

そう言って、俺を押しのけようとするが、力が全然入っていない。
俺は抵抗してくる英里子の腕を掴んで片手でフローリングに彼女の頭の上に万歳をさせるよう抑え付けて、本当に英里子をレイプしているみたいに腰を振ってやった。

「ほら、レイプされてるみたいでしょ?」

「いやああっ!だめっ!ああんっ!」

「口も塞いであげますね」

俺は彼女の手を一纏めにして片手で押さえつけると、あいた手で英里子の口を塞いでやった。

「ん”ん”ん”!」

パンパンパンパン!!

「ん”ん”ん”-っ!!」

英里子は体を捩って抵抗しようとするが、体重をかけて逃げられないようにする。

ギンギンに勃起したチンポで英里子を犯してると、抵抗をあきらめたのか英里子が大人しくなったから、俺はもっと激しく腰を打ちつけてやった。

「ん”ん”ん”-っ!!!」

口を塞がれてる苦しさからか、英里子の顔が苦痛に耐えるような表情になる。

そんな顔を見ると彼女を無理やり犯す犯罪者になったような気がして興奮が高まった。

そして、

「ん”ん”っ!ん”ん”っ!ん”ん”ん”ん”ん”ん”---っ!!----っ!!」

って声の後、5回連続くらいでめっちゃマ○コがキュウって締まってきて、英里子が絶頂してるのがわかった。

美人が犯されながら目に涙を溜めてイク時の歪んだ表情は、とてもエロくて興奮した。

俺はその顔がもっと見たくて、そのまま腰を振り続けた。

「はぁっ…はぁっ…はぁっ」

「あああっそれ、やあっ…!」

激しく突きまくってたら目を瞑って

「あああああっ!」

って声が大きくなってきた後、

「あああっ…お願い…もうやめてっ…またイク、イキそう!」

「イク?気持ちいい?」

「凄い…熱っっつい……あ、イク…あっあっ気持ちいい…イッていい?あっイクあっ!あっ!」

「イッていいよ」

「動いちゃダメ!動いちゃ…あああっ!やだ!動かないで!あああっ…あんっ!あんっ!あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ…、あぁ、もう、ダメぇー!!!」

からの突然のピストン中止。

「えっ!?な、なんで?」

「動いちゃダメなんでしょ?」

俺は英里子と繋がったまま耳元で囁いた。

「どうして欲しいのか言ってくれたら動いてあげますけど」

「そんな…、意地悪しないで…」

俺はもう一度腰を大きく引いて、子宮口を殴るように深く突いた。

「あうっ!」

喉の奥から英里子の呻き声が漏れる。

「どうして欲しいの?」

それを聞いた英里子はゴクリと喉を鳴らして唾を呑み込むと、観念したように言った。

「続けて…ください…んん、もうイク!」

俺が腰の動きを緩めると、英里子は懇願するように言った。

「もっと、強くして…突いて」

俺はもう一度腰を大きく引いて、子宮口に押し当てるように深く突いた。

「あうっ!」

喉の奥から英里子の呻き声が漏れる。

「どうして欲しい?」

「やめないで…突いて!乱暴に突いてっ!!」

「イキたいの?」

英里子は、快感に打ち震えながら、必死に頷いていた。

「ならイキたいって言え!」

「い…イキたい!イキたいです!やめちゃイヤ!あっ、あっ、あっ、あー、イクっ!あーっ!イク、イク、イク、イク、イグっ!!!」

正常位で俺に組み敷かれながら、細くて長い脚を俺の腰に巻きつけてくる。

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ!もう好きにして…!荒木くんの好きにしていいからっ!荒木くんのしたいようにされたいっ!お願い!めちゃくちゃにしてーっ!! 」

そこで俺はまた英里子の口を塞いで激しく腰を振った。

「んぐぅ!」

「俺のしたいようにさせてくれるんですよね?ならそうさせてもらいますね」

パンパンパンパン!

「ん”ん”ん”ー!!」

「気持ちいいですか?」

「ん”ん”ん”ー!!ん”ん”ん”-っ!!」

「もっと激しくしてあげますね」

「ん”ん”ん”ー!!ん”ん”ん”-っ!!」

「ん”ん”ん”ー!!ん”ん”ん”-------っ!!」

チンポの先が子宮口を押したとき、英里子の身体がビクンと反応して下から俺に抱きついてきた。
そして白い喉を見せて仰け反ると絶頂して昇天した。

清楚で綺麗な女が苦悶に表情を歪め、果てる姿はすごくエロかった。

俺はその表情が見たくて、何度も英里子を強姦するみたいにして絶頂に導いた。
フローリングは、英里子の脚をつたったエロ汁でベトベトになっていて、俺のチンポはそれをオカズにますます痛いほどにカチカチになっていた。

「あっんっ!凄い!ダメ!激しくしちゃ!ねえお願いっ!何でもするからっ!」

「何でも?」

「…あっ!あっ!な、中で出すのは駄目…!それだけは絶対…」

「何でもじゃないじゃないですか」

「…でもそれは…あんっ!あっ…」

「それ以外だったらいいの?」

「…あっあっあっ!…わっかんないっ!早くイって!」

「やっぱ中で出していい?」

「だめっ、中は…」

パンパンパンパン!

「ああっ…!また…中で大きくなってっ!」

の後で、めっちゃ英里子の声がエロくなった。

「あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ…、あぁ、もう、ダメぇー!!!」

胸揉みしだきながら突きまくった所で

「…いい!いいよ!出していいから!中に出していいからっ!もうダメっ!あああああああああーーーーっ!!!!」

って感じで英里子がまた絶頂。

同時に俺も英里子の中で射精を開始した。

どぷんどぷんって感じのすごい量が出てるのがわかる射精だった。

「あああーーっ!いやあああぁっ!!」

英里子の股間から熱い愛液が迸るように流れ出て、床に大きなシミが広がると口を半開きにしたまま英里子が気を失った。

究極のアヘ顔で、 清楚な女を支配した征服感でいっぱいになった。

賢者タイム中に英里子が"ハッ"と息を呑む音が聞こえて目を覚ました。

そしてめっちゃ怒られた。

「いきなり襲うってどういう事??」
「信用してたのに」
「しかも今日が1回目の食事だよ?」
「あと絶対に生で入れちゃ駄目」

がメインで叱られた事だったが、俺に淫らな姿をさらした英里子は

「エッチうますぎるよ、どれだけ女性のこと泣かせてきたんだろうね」

「誰とでもこんな風だと思わないでね」

と言い訳をするように俺に言った。
今は彼氏と別れて俺と付き合ってます。

普段は年上ぶってますが、セックスのときは従順になるこの綺麗な女性に俺もすっかりはまってます。