バラエティー番組に元プロゴルファーの古閑美保が出演、した

3月7日に放送されたバラエティー番組『ミレニアムズ』(フジテレビ系)に、元プロゴルファーの古閑美保(32)が出演した。同番組で彼女は、“女性アスリートは性欲が強い”という説に言及。一概には言えないと前置きしたうえで、

 「理論的に言うと、女性が戦うというのは男性ホルモンなんですね。闘争心というのは性欲とつながるんですよ。(ゆえに、女性アスリートの性欲は)強いです」

と語った。彼女の理論では、スポーツを通して闘争心が養われる=男性ホルモンが活性化する=性欲旺盛になる、ということらしい。続けて

 「ただ女性は理性があるから(性欲の暴走を)止められる、男性は止められない」

と付け加えていた。また、プロゴルファーという職業柄、現役時代は起床時間が早かったという彼女。そのため、深夜に男性からお誘いがあっても、

 「睡眠時間を邪魔されるので嫌だった」

という。なるべく

 「19時とか20時に済ませて寝る」

ことが多かったそうだ。さらに古閑は、

 「男性ゴルファーは前日の夜が激しいと球が右に飛ぶ」

という“ゴルファーあるある”も展開。ちなみに古閑自身は

 「(前日の夜が激しいと)むしろキレがいい」

とまで、ぶっちゃけた。
   


2015/3/9

   
https://news.merumo.ne.jp/article/genre/2596861