妻の浮気(2)

妻は肌身離さず持っている物がある。

バックである。

私と妻は寝室が別の為妻は寝る時必ずバックを寝室に持って寝る。

私はそのバッグの中身を確認するチャンスを伺っていたが中々訪れない。

ある日妻と休日が重なり二人で出掛ける事があった、私は先に車に乗り込み妻を待った。
そして妻が乗り込んだ時に一瞬の変化も見逃がさなかった。

いつものバッグではなかったのである。

私は躊躇する事なくトイレに行くと告げ今度は妻を車に残した。

そしてリビング、妻の寝室の順でバッグを探した所
お目当てのバッグを寝室で見つけた。

私は異常な程心臓の鼓動が速くなっていた、そして念願のバッグの中身を確認した。

一番先に目に入ったのは小さいポーチである
迷う事なくポーチを開けると想像どうりの物が出てきた。

コンドームである
更に私の心臓の鼓動が速くなる
それぞれ種類の違うコンドームが5枚程入っていた。

ラブホテルに備え付けの物だろう・・・
妻は独身時代からコンドームなどを持ち帰る人間だった。

私は直ぐにそのコンドームを写メに撮り元の配置に慎重に戻し車に戻った。

トイレに行くと見せ掛けたので怪しまれないギリギリの時間だったと思います、突然現れた短いチャンスを確実に生かす事ができました。

車の運転中心臓の高鳴りは止まず下半身が冷める事もなく逆にどんどんと下半身が熱くなってきますた。

恥ずかしながらどうしても我慢できず途中のコンビニでトイレに立ち寄り先程撮った写メをみながら自慰行為を行ってしまいました。

数え切れないオナニーをこれまでしてきましたがこれ程興奮したオナニーはなかったと思います。

続く