少女との秘密の体験談


ある休日に俺は近くのテーマパークに、友人と遊びに行った。

日曜日ということもあり、沢山の客で賑わっていて時々肩がぶつかりそうになることもあったが、時間が経過して遊びに没頭するうちに、人ごみの辛さはあまり感じなくなった。

そしてお昼を食べて、俺がトイレで用を足し終えて出ると、そのそばのベンチで一人の少女、具体的には小学二年生くらいの女の子が座っているのが見えた。

パッと見、家族の誰かとはぐれてしまったのだろうなと思い、俺はそこを通り過ぎようとしたのだが、何の偶然かその少女と視線が合ってしまって。

女の子はまるで子犬がすがるような目線を向けてきたもんだから、そのまま知らんぷりをする訳にもいかず、俺はその少女のそばへ行く事にした。

「どうしたの?」

俺がいたって優しく声を掛けて、目線も同じ高さにしてたずねた。

俺が隣に座ったタイミングで、女の子は話してくれた。

案の定一緒に来ていたお母さんとはぐれてしまって、さがしているうちに疲れてしまったということだった。

そこに俺が通り掛かったわけだったのだ。

話を終えて、女の子が喉が渇いたというので、手を繋いで近くの売店で、紙コップ入りのオレンジジュースを買ってあげた。

それを呑む姿は、まるで俺の幼い頃の妹を連想するようで、どこか気持ちが落ち着くものがある。

ひと息ついて話をしていると、急に女の子が太ももをこすりあわせ出した。

女の子は顔を赤くして俺に言った。

「お兄ちゃん、おトイレ……」

「あ、ああ……じゃあ行こっか」

俺は女の子の手を引いて、トイレの前までやって来た。

「じゃあお兄ちゃんはここで待ってるから、終わったら出て来てね」

そうして俺は送り出そうとしたんだけど、女の子は俺の服の裾を引っ張ってきた。

「……お兄ちゃんもきて、いっしょに」

「いやいやいやいや!!お兄ちゃんは行くわけにはいかないよ。っていや、別にいやなわけじゃないけど、確かに妹と一緒にお風呂に入ったりはしてるけど、さすがに女の子のトイレに付き合うわけには……」

「お兄ちゃん、ダメ……?」

うーんどうしたもんかと思っていると、女の子は俺の手をぐいぐい引いて、男子トイレの方に入っていくのだ。

俺は周囲の男性たちに目だけで謝りつつ、個室に入る。

――――当然俺も一緒なわけだ、トホホ……。

すると女の子は、たった姿勢のままで、勢いよくスカートをまくりパンツを下げた。

そのおかげで綺麗な、毛の生えていない一本の筋が丸見えだ。

その筋の間からは、何かが見えている……

女の子は俺に背を向ける形でしゃがみこむ。

まあ要はうんこ座りというやつである。

すわったはずみで、ぷっくりとしたお尻が見えてしまって、おまけにうんちの穴まで見えそうで、俺はどうした良いものやらで、視線を逸らしてしまう。

しかし俺が無言なのを心配したのか、女の子は一旦こちらを振り向いて、言ってきた。

「……お兄ちゃん、みてくれなきゃ、いやだよおぉ」

「う、うん…………」

ということで俺は、半合法的に、女の子がトイレする姿を見ることになってしまった。

そして程なくして、じゃーというおしっこのするいい音がする。

かがんで女の子の、おしっこの出るあたりを観察してみると、勢いよくおしっこが噴き出している。

おしっこが止まり、女の子がそのあたりを拭く。

そして女の子は驚くべきことを口にした。

「お兄ちゃん……わたしのここ、なめても、いい、よ?」

「えええ!?どうしてまたそんなこと。いや、絶対しないからね!?」

俺がなけなしの理性をふりしぼって叫ぶと、女の子はみるみる目を潤ませて俺に言った。

「……ダメ?」

かくして俺は、二度も女の子の「ダメ?」に押されたのであった。

和式だとしづらいので、洋式の個室に移動した。

まずパンツやスカートを脱いでもらって、便座のふたに手をついてもらうかたちで、こちらにお尻を突き出してもらった。

必然的にうんちの穴や、その下のピンク色のアワビが露わになる。

ワレメを少し拡げると、学校で習った『膣』と呼ばれる穴もはっきり見られて、俺は改めて女の子の大切なところを間近でみて、ドキドキがかくせない。

俺は意を決して顔を近づけてみる。

するとぷーんときつい、はっきり言ってくさいにおいがした。

よく体験談とかで、女の子のあそこは臭いにおいがするというけれど、本当だということを実感してしまった。

俺は膣周辺を舐めてみる。

先ほど女の子がしたおしっこの味や、色々な味がして、次第に『膣』から何か液体が出てきたので、俺は女の子の上の服を脱がしてみた。

すると思った通り、乳首が立っていて、それに女の子の顔も赤くなっていて、どうやら感じているらしかった。

俺は膨らみかけの胸を揉み、乳首を転がすようになめる(ここらへんは、エロサイトの動画などで知った) 。

次にうんちの穴もなめてみる。

こっちは本当にうんちの味しかしなかったけど、女の子の大切なところをなめていると思うと、そんなことはどうでも良くなっていた。

そして俺は、『膣』に指を入れてみた。

女の子が「痛い……!!」と言ったので、優しくいれていき、人差し指の根元の付近まで入れたところで奥まで達した。

出し入れを繰り返していく内に、先ほど同じく液体みたいなものが出てきた。

これが恐らく、専門用語で『愛液』というものだろう。

ひとしきり女の子の大切なところを舐めまわして、ついに俺は自分の性器を、女の子のこの『膣』に入れようと決めた。

「じゃあ、お兄ちゃんのを、入れるからね」

俺が耳もとでいうと、女の子は微かにうなずいて「痛くしないでね……」とだけ言って、目をつぶった。

自分の物を取り出して『膣口』にあてがう。

その瞬間、俺の体中を得も言われぬ、何ともいえない感覚を感じた。

びくんと女の子が反応し、何か知らないけど『膣』の筋肉みたいなものが、運動しているように感じた。

ゆっくりと俺のものを『膣』の中に入れていく。

そして『処女膜』を破るときに、女の子は激痛のせいか悲鳴をあげてしまったが、さっき移動する際に確認した際に誰もいないことが分かっていて、今も人の気配もしないことから俺は安心して、もっと奥まで入れていった。

そして三分の二ほどを挿入したところで、奥にあたった。

こうしているあいだにも『膣』の中で、筋肉が収縮を繰り返して、俺のものをしめつけてくる。

俺は既に襲われている射精感に堪えながら、ものを動かしていく。

そして数分で、女の子の『膣』の中に射精してしまった。

俺はあまりの気持ちの良さにぐったりとしてしまい、女の子の方もあまりの行為の激しさのためにか、俺に持たれかかるような格好になっている。

俺たちが復活した後は、俺の精液をぬぐって、また『膣』周辺を舐めさせてもらったり、胸を揉んだり舐めたりして、一通り時間を過ごした。

最後に入念に女の子の大切なところの周りを綺麗にし、念のため指で『膣』を押し広げて、中に精液などが残っていないことを確かめた。

服を来て外に出ると、既に日は傾いていて、時計は四時を示している。

友人らは帰ってしまっていると思うので、俺は女の子をどうするか考えていると、女の子が俺におんぶしてほしいと言ってきたのでしてあげた。

すぐに女の子は寝息を立て始めて、おもわず苦笑いが漏れてしまう。

そうして両親を探しているうちに、一人の女性が俺を見るなり、必死の形相で駆け寄って来た。

「あ。○○(←女の子の名前)!!」

「この子のお母さんですか?」

「ええ、そうです。
娘がご迷惑をお掛けしませんでしたか?」

「……いえ。特にありませんでしたよ。僕が付き合っている間も、とてもおとなしかったですし」

まさかこんな幼い女の子と、事に及んでいましたとは言えないよな……しかしそんな俺の気持ちに気づかないまま、お母さんは深々と礼をして女の子を連れて立ち去った――――――。

その後その女の子とは、何の縁か再会して、今では俺の彼女になっています。

良かったら「いいね」してください。誰でも「いいね」出来ます!


同じジャンルの体験談

トップページに戻る