夏休みのテニスコート

僕が大学生だった頃の話です。
夏休みになり友人達と朝まで徹夜でマージャンした帰り道、ふと財布が無いことに気づき、電車に乗れないことが発覚しました。仕方なく、その時の面子で、ギリギリ歩いていける友人宅に行くことにしました。
何度か行ったことのある友人のアパートは2階建ての1階の真ん中にあり、玄関ベルを鳴らして待つこと数分・・・そしてもう一度鳴らしてみるが反応無し・・・もしかして帰宅していないのか、それとも朝まで徹マンで爆睡しているのか・・・それならば、窓をコンコンしてみようとアパートの裏手に回ってみました。
高さ2mほどの金網のフェンスにさらにゴルフの打ちっ放しのようなネットの張ってある通路は、辛うじて人一人が何とか通れる程度で目的の友人の部屋の裏手に到着・・・腰ぎりの手摺りをヒョイと跨ぎベランダに入りカーテンの閉まった窓をコンコン・・・コンコン・・・でも、応答はありませんでした。
途方に暮れていると、金網のフェンス越しに威勢の良い若い女子の声が聞こえてきました。フェンスの際には2~3m級の木が垣根のように植えてあり、でも友人のベランダはちょうど木と木の間にあって、地面から50cm位は幹だけで枝葉も無く、ベランダにしゃがむとポッカリと空いた空間からテニスコートが見えました。立ち上がっても、枝葉の隙間から何とか中の様子は確認できます。
しばらく様子を見ていると、jcたちの朝練が始まったようで、先生らしき大人は見受けられません。そして直ぐに、テニスボールがコロコロとフェンスに転げて来ました。
僕はそれを見た瞬間、むらむらっとRの血が騒ぎ始めました。徹マンで寝ていない為か、Pは直ぐにギンギンになりました。
僕はそこで服を全て脱ぎ捨て、ちょうどそこにあった、どれだか干していたのか分からない煤けたタオルを手に取り、如何にもシャワーを浴びて出て来ましたという感じを演出しました。
フェンス際にはコロコロ・・・コロコロ・・・と引っ切りなしにボールが転げて来て、その度に額に汗したjcがボールを拾いに来ています。
でも、練習に夢中の彼女らは、なかなかこちらに気づく気配はありません。
そこで僕は、ボールが転げて来た時に、タオルを腰の辺りでパタパタさせてみました。その度に勃起Pがタオルに擦られブルンブルンと揺れまくっています。
すると足速に駆けてきた一人のjcがフェンスの手前5m位から歩き出し、ゆっくりと近づいて来ました。jcが腰を屈め、ボールに伸ばした手が一瞬止まり、そして慌ててボールを拾って走り去りました。その後ろ姿を追っていくと、わざわざ向こうのコートに居るjcの所に駆け寄り、身振り手振り・・・腰のところでタオルをパタパタさせるような・・・で話しています。その相手のjcは口の所に両手を当てて聞きながら、こちらを見ています。
そしてそれが伝染するのは、あっという間で、伝言ゲームのように次々に伝わっていきました。
ただ、まだ初心なjcたちだったのか、大袈裟に騒ぐことは無く、練習は続行されました。
なので、それからもボールが転げて来ても、jcたちは何らか変わらずに拾いにやって来ました。
今までとの違いは、駆け足でくることは無く、途中からこちらをガン見していることです。特にボールを拾う瞬間は、俯きながらもしっかりと上目づかいでこちらを見ていきます。そして拾った後はダッシュで戻り、友達に何やら報告しています。
ここでじっくりと観察してみると、jcたちは10以上、多くても20人は無い感じ、コートは3面でこの部屋の裏はちょうどセンターに面している事が分かった。
・・・で、ボールが転がって来ると、・・・ほら、今度はあなたが行く番よ・・・みたいな感じで、順番に来ている様子だった。
正面向いてパタパタでは勃起Pがチラチラ見え隠れする程度なので、僕は今度は横向きになパタパタを続行しました。その時にやって来たjcは、ボールを拾った途端に猛ダッシュ・・・ピョンピョン飛び跳ねながら友達に報告しています・・・下腹部の前に手を置いてこれ位みたいな・・・。
それからはjcたちがやって来ると、今までより若干ジッと見ていく感じで、その後2、3人が集まりピョンピョン・・・。
それで気を良くした僕は、タオルを肩にかけると、遂にPをシコシコ・・・。
それを見た最初のjcは、一瞬固まったようになって・・・5、6秒ぐらい・・・それから猛ダッシュで友達の元へ行き、下腹部の前でシコシコして見せ、さらにピョンピョン跳びはねています。
そして、それからはもうボールも関係なく、2,3人連れ立って恐る恐る覗きに来ました。
Pはもう、先走りが溢れまくりで棹までヌルヌルになっていて、いやらしい音を立てています。
jcたちは仲間の元へ戻ると、シコシコして見せたり、指でこれ位みたいなジェスチャーをしています。
流石にここまで来ると練習は中断してしまい、何人かずつ集まってシコシコの話に夢中になっているようです。そして今度は5、6人ずつの団体で覗きに来てジッと見ていきます。中には枝葉の隙間から僕の顔を覗きに来る子もいます。
そして、一通りjcたち全員がシコシコを見た感じなので、「あ・・・あ・・・いく・・・いく・・・」と声を出してみました。
すると今、目の前で覗いているjcたちが手招きでみんなを集めたみたいで、一斉に駆け寄ってきて、枝葉の隙間から覗いてきました。
僕はシコシコのスピードを早め、ニチャニチャをいやらしい音をたてながら扱きました。
そして「いくいくっ・・・」と強めに呻きながらラストスパートをかけると、身体を硬直させるように仰け反らせ、盛大にSして見せました。普段よりも濃くてドロドロしたS液が大量に出てエアコンの室外機に飛び散りました。
次の瞬間、「・・・ぅわ」「・・・っごぃ」「・・・なに」と、jcたちの呟きが耳に入ってきました。それでもjcたちは立ち去る気配は無く、僕は余韻に浸るようにゆっくりとPを扱き徐々に萎えていく様子を披露し、最後に先っぽを皮に収めてダランとしたPを正面に向けました。
一瞬、間があって、「きゃぁぁぁぁ・・・」と小さな悲鳴を上げながらjcたちが一斉に離れていきました。そしてコート反対側まで行って、今まで見た事をおさらいでもするように身振り手振りを交えて小躍りしています。
それを確認し満足感一杯になった僕は、そそくさと服を着てその場を立ち去りました。