セフレの娘

30歳すぎて妻とのセックスがマンネリ化した上に娘が生まれてからは完全にレスになってしまった。その頃に知り合った20代の子持ちシングルマザーとセフレ関係になってからは生活の質が向上してきた。性欲を妻に向けなくて良くなったので関係は少しずつ改善していった。そのかわりセフレの方にはかなりハードプレイを強いた。ピルを飲ませて常に中出しをして時には娘も参加させてやった。

彼女には小学生の娘がいて目の前でセックスをしている。最初のうちは怖がっていたようだが、次第に興味を持って近くで観察されるようになった。娘がセックスに参加したのは小学3年の時でセフレが連続イキして失神しているときに処女貫通した。それからはセフレとその娘と交互にやるようになって楽しさが倍増した。娘が中学2年になる頃にはかなりハードプレイにも対応できるようになっていてアナルファックやフィストファックなどもできるようになっていた。そして50代になった今でも関係は続いているが、セフレの方は衰えが出てきてあまりできないでいるが、娘のほうは旺盛で快楽を提供してくれている。