離婚した妹と背徳感を感じつつ・・・

年明けに妹が離婚して実家に戻ってきた。

理由は子供ができなかったから。
妹に原因があるらしい。
まだ30前の妹は肌艶も良く、20前半でも通るくらい。

GWに妻と子供が妻の実家に里帰りしたので、俺も車で15分くらいの俺の実家に戻っていた。
俺の両親が出掛けた昼間、妹が昼を作ってくれたので二人で食べる。

休みだからと酒を飲んで、離婚の話になり、妹が「1年くらいレス」と告白。

実は俺、思春期に妹の下着とかでオナってた経験があった。
ただ、妹だからということで抑えていただけだ。
今でも若く見える妹と、妹夫婦の営みの話題に股間も反応してくる。

「俺、お前が中学で俺が高校の頃、お前の下着でオナった事あるんだよね」って言うと、酔ってる妹もその気になり「本物見せてあげようか」となってTシャツ脱ぎ出す。
薄いブルーの長Tの下は黒いブラ。
白い肌との対照がまぶしい。
俺のイチモツはもうビンビンで、妹もそれに気付くと、俺の横で座り、俺のハーフパンツの上から手で擦る。

「気持ちいい?」って聞く妹に、「ごめん」と一言言うと、黒いブラの上から固く垂れてない胸を握る。

ムニュムニュと揉むうちに妹も息が荒くなり、酒のせいもあってうなじが赤い。

ほつれた髪の毛と気持ち汗ばむうなじに俺も興奮し、ブラを上にたくしあげると片方に吸いつき、片方を揉む。
年上の妻は子供二人生んだ事もあって、すでに胸は柔らかくなってきているので感触が違う。

しばらく忘れていた新鮮な感覚に我を忘れていると、妹がついに声を上げ、ソファに横になってしまった。
俺もTシャツを脱ぎ、妹の上に乗り、「ゴメン」と言うと、自分の乳頭を妹の口の前に差し出した。

妹はそれを察して俺の固くなった乳頭に吸いつき、指で弾く。
勃起した自分のペニスから透明汁が溢れるのがわかった。
妹も我慢できなくなったらしく、自分でパンツのベルトを緩めて、パンティの上から股間を撫で始めた。

俺はそれを止めると、妹のパンティーを引き下ろした。