葬儀場に居たJKと

少し前、親戚に不幸があって葬儀に参列した。葬儀場は公営でかなり規模の大きな施設だった。
ひととおり儀式を終えて収骨を待つ間、待合室で待つように言われたがかなり混雑しているのか待ち時間がかなりあって集まった親戚たちとの雑談に飽きてきたので施設内を少しぶらついた。
自販機が多く並んでいるコーナーがあってその前にはベンチが置かれていたのでそこで缶コーヒーを飲みながら時間を潰しているとそのコーナーに高校生くらいの女の子が1人入ってきて自販機で何か買って他にもスペースがあるのにも関わらず、何故か私の隣に座って飲み始めた。横目で見てみると日本人形的な顔立ちで結構好みのタイプだったので何となく話しかけてみた。
彼女は高校1年生の綾子ちゃんと言ってこの日は病で亡くなった小5の弟を見送りに来たと言う。思い出を聞いていると思い出してきたのか綾子ちゃんは泣き出してしまったので咄嗟に肩を抱いてやった。その時に偶然、胸に手が当たってしまったが、変に手を動かすことが出来ずに軽く胸を揉むような感じになった。あまり大きくはないがきれいな形をしていて生で見たくなった。
しばらくすると落ち着いて来たので手を離すと礼を言われたが、続けて「おっぱい、触りたいですか?」と言われた。触っていたことがバレていたようだが、こんなチャンスはまたとないと思い、頷くと「ここでは目立つので」と自販機コーナーも外れにある多目的トイレに連れて行かれた。
着ていた高校の制服のブレザーとカッターシャツを脱いでくれて生の胸を見せてくれた。きれいなお椀型で乳首と乳輪は小さく薄ピンク色だった。揉んでいると少しずつ乳首が勃ってきて思わず吸い付いてしまった。綾子ちゃんも可愛らしい喘ぎ声をあげて感じてくれていて、つい、押し倒してしまった。ここで綾子ちゃんから明確な抵抗がなくそのまま成り行きでパンツをずらして挿入してしまった。中はとても具合よく濡れていて奥深くまで抵抗なく挿入できた。ピストン運動を始めるとかなりの名器であることがよく分かった。絡みついてくる膣壁が気持ちよく、綾子ちゃんの可愛らしい喘ぎ声と相まって彼女の絶頂と共にたっぷり中出しした。挿入したままねっとりと舌を絡めたキスをして抜き取った。 
時計を見ると収骨時間が近くなってきていたので少し急ぎ気味に綾子ちゃんの膣を拭き上げて服を着せてやった。そして連絡先を交換してそれぞれの部屋に戻った。
後日、連絡を取り合うと住んでいる場所が同じ市内だったので何度も会ってデートしてセックス三昧だった。何となく聞いた初体験の相手は亡くなった弟で亡くなる前日まで体を重ねていたと言う。
その話を聞いて何となく彼女の弟から寝とったような気分になった。