担任が家庭訪問

昨年の秋くらいから、小額5年の一人娘が 登校拒否になり
1週間後くらいに、担任の先生が心配し家に訪問してくれました。
 
塾は行けるので、引き篭もりでなく、その点は大丈夫などの話をし
学校でも 仲間外れとか 嫌がらせのようなみたいで、と話
 
来週から、病院へ行くのでとクラスメイトには嘘になるけど、説明しますので
2時間目とか3時間目にこられたら、というアドバイス
 
朝が嫌がっているので、そうしました。
 
それが、なんとなく、担任の先生が心配してくれることを娘は知り
行けるようになり、2時間目から学校に行けるようになりました。
娘は夕方から塾、夫は仕事
 
翌週も担任の先生が訪問してくれ
娘は塾でいなく、夫もいない 6時ごろです
 
キッチンの椅子に向かい合い座り、それがですね、先生の横を通るとき
きれいな足ですね、と言われ 「なに」と思ったのですが
スケベ好きな私の、心身が ドキン
 
いろいろなクラスメイトの母親がいて、なんとなく色仕掛けで 再来年の中学推薦を狙っていたり
まぁ 私は 同級の母親でも 一番 年配 年上の母親
38歳のときの娘ですので、48歳にもなるし
 
他の母親は ほぼ40歳前後ですから
 
先生が ドリンクの おかわりと 思って 冷蔵庫に意向としたとき
お知りを触ってきたのです、 あ なに と思っていたけど
「あ だめ ああ」と声が出てしまうような ことをするんです
先生は、同級の母親の話とか 噂を耳にしていたのは、」ポッチャリ系の女性のほうが趣味かと思っていたので
私のような細い 年配の女性には興味もないし安心していたのですけど
 
先生はキッチンの椅子から床のほうに座り
ああ ちょっと 私のススカカート股に顔を付けてきたのです
部屋着にしている白ミニスカートを履いていたのもあり、でも ああ いやらしいことを されそうになり
 
拒もうとしても、逆らえず、白ミニスカートの下から覗くように顔を入れるし
ああ パパンテい 見られた  覗かれた
こんな恥ずかしいこと、初めて「ああ」
心身が ドキドキしてくるし
 
膝が ガクとしてしまい、そのままキッチン床に押し倒されて
だって、白ミニスカートの下から顔を入れて 履いているパパンティーに頬擦りされるし
「「ああ だめ 先生 困ります ああ」
と言っても、やめてくれず、狭いキッチン床で抵抗もできず逆らえず、そのまま受け入れることしかできず
 
「あああ だめ や あ やぁ だめ」
脱毛はしていて よかったけど、パパンティ内に手を入れてこられるし、あああ 太ももまで下ろされて
夫とは比べ物にななないような勃起物が太く長いし
 
先生は31歳 独身だけど、 ああ すでに先生 下半身 裸になってて
 
夫とは もう娘を妊娠してから ずううと していないし
 
ま 人形のように ジイ と 声も出さずに 耐えれば いいかあぁ と思って 受け入れるしかなく
 
声は出さずに我慢するつもりが あまりにも猛烈
 
小さな夫のオチンコの何倍もあるような、先生の勃起した ペニス
 
夫とは、入ったのか 入っていないのか なんだ という ペニス オチンコだったので
それに、妊娠前、夫とセックスしてても それほど興奮しなかったし、逝ったようなことも覚えていないし
それが先生の物、かなりフィッとしてくるしこんなにマンコにピッタリする感触初めて、
 
声は出さないつもりが 瞬間 瞬間 途切れ途切れに「ああ うう ああ おお あああ」
グイグイイとマンコに吸い込まれるし「ああ ああ」
声が出てしまうほど辛い 快感で「おお ああうう」
 
長いペニスが深く入ってきて「「ああ うう」なんと 子宮のほうにまで ぐいい ズンズン 響くし
やたらと感じるし、恥ずかしいくらい マンコがヌルルルリしてくるし
襲われているのに、快感で
 
「ああ あああと声が 大きく 瞬間 出てしまうし
白ミニスカート履いたままの姿なのに

3 . 4分もされていたら、まずいわああ、子宮をズンズウンツンされて 辛いのに
 
ロングストッキンウの足 太ももに下げられた ビキニ、白ミニスカート履いたまま
え 嘘でしょう、股 液 汁のように 私の マンコ
こんなにマンコに入ったペニスの良い感触、耐えられないほどブルブルと感じて 突然に私 ったら
 
「ああ 逝った だめ やあや だめ あああ」
 
受け入れて耐えるつもりだったのに、まさか 逝っちゃった なんて、と思いながら 感じるし
 
シャツの下に手を入れてきてブラジャーは握るし、それも感じるし
マンコに入れられ続けられていると、「ああ うう おお あああ だめ ややめて ああ」
と言いながら 私ったら、4回も5回も逝ってしまって
逝くのも 我慢していたのに、
 
「ああ やや あああ」
先生、なんと抜かずにマンコに液を出すから
耐え切れず、恥ずかしいくらい、思い切り
私、力が入っちゃって 歓喜してしまって 大きな声「あああ」って出て、一緒に 逝っちゃった。
なぜか、襲われて 液まで出されたのに、女性としての喜びを味わってしまった感じ
若いときからスケベ好きは、いくつになっても、スケベ好き みたいで
 
数日後、先生、また訪問してきたのです
襲ったことの謝罪と言っていたのに
この日は襲われても とりあえず防止のために膝丈スカートにパンストを履いていたのですが
 
ススカート 脱がされて「あああ や だめ ああ やや」
スリップ パンスト下半身にさせられて
 
なんで、こんなに パンスト股 弄られると 感じる 私 48歳
スケベ好きな私 って パンスト 弄られても マンコがムラムラして
 
履いているパンスト内に手を入れられると、「あああ だだめ」と声は出しているけど
下げられてみたい、パパンテイー 弄られたい 下げられたい、雰囲気になるし
 
「ああ だめ 先生 ああ うう」
 
パンスト 下げてきて、ビキニ内に手を入れて マンコまで指で弄るし
 
一昨日のように、子宮を ぐいぐいズウズウ ペニスで突かれる快感 味わいたいのに、「ああ や ああ」と声だけ
スリップ下半身の 股間が ヌルヌル
 
ビキニも太ももに下げられると「あああ あああ おおお」の声を出しながら
スリップ下から太くて長い先生のペニスをマンコで吸い込み深く入れられ突かれ
「ああ うう ああ だめ ああ」
 
やっぱり 逝っちゃった 子宮を突かれる 突かれると すごい猛烈に 感じて
「ああ だめ いや 逝っちゃった ああ逝った あああ おお」
 
シャツを脱がされ、スリップ 太ももに下がった下着のまま、下向きにさせられ
「ああ ややぁ だめ ややめて ああ」」
 
、なんとスリップお尻を持ち上げられて スリップ下から 突き上げるように 入れてきて 動かすし 回すし
私、48歳にもなっているのに、興奮するのが快感になっているような
自らスリップお尻を振り回してしまっていうような、ジュッポジュポ 突き上げられるマンコ
「ああ だめ あああ おおお」
またまた、液を出されたら、一緒に 逝ったら、大きなエロ声のような歓喜の声が 出てしまって
「あああ おお」。
「ああ あああ」先生、抜かずに また液を出すから、歓喜のような大きな声 エロ声みたいな
「あああ おお」って熱狂 絶叫してしまって。
 
娘は、普通に朝の朝礼から、行けるようになり、友達とも仲良しになり
仲間外れもなく、以前のように明るく学校に行けるようになりました。
 
そして、暮れ
また担任の先生から連絡、家に訪問です、
 
子供は塾、夫は仕事で留守の夕方
 黒の膝までのロングストッキングの私の足を見て、先生
素敵な 艶のある細い足で、とか 触れてもいいですか、とか言ってきて
艶のあるストッキングなので 艶はあるけど、触られて ツルリして色っぽいとか言うし
 
「あああ だめ いつも ああ こんなこと  ああ いけないわ あああ」
 
やっぱり床に押し倒されて、ススカートの下から頭を入れるように 股間を覗き 頬擦りしてくるし
とっても私の パパンティー に、興味があるようで やたらと見られ 弄られて
 
スカートにも興味を持たれてて
やたらと、スカートとパンティを弄るし、
 
やっぱり、って感じで、私の 黒レザー ミニスカートと
ネットで購入した、ストレッチのスケスケな超ビキニ 下着 ランジェリー 黒パンティに 興味を 持ってしまって、
 
私だって 初めて スケスケなストレッチ ビキニ 黒パンティ 履いたし
お尻のほうは半分しかないし、
前のほうも、恥骨くらいしかなく、サイドは2センチくらいしかなく
パンティー サイド内に手を入れると、下から指が すぐに出てしまうほど小さいし、スケスケだし、
それが、よっぽど気にいった先生で
何分もパンティ 弄るし 内に指を入れるし、ああ という間に、恥ずかしいくらい、マンコがヌルルルリしてしまうし
スケスケな黒パンティなので素材がストレッチでもポリでテラテラ ツルツリしてて
長く弄られていると、ほぼ履いている感触ない小さな細いビキニ パンティーなので、めちゃくちゃ 感じるし
 
早くパンティ下げて 入れてと思ってしまうほど、ずうと暫く弄られて
 
「ああ だめ いや だめ ああ」
なんて声を出しながら、早く 下げて 入れて欲しくて
 
シャツの下は、谷間赤ブラジャーを付けているのに、下半身を 弄らればかりだったけど
 
やっとシャツを脱がされ、赤ブラジャーも気にいったようで
「ああ だめ ああ」なんて声を出しながら
パンティ内とブラジャーを握られ、猛烈に感じてきている 私、人妻なんですよね
 
先生、勃起している下半身、やっと出してきて
スケスケな黒パンティー下げられ、「ああ おおお」
 股がネッチャリしていたので とても恥ずかしい
黒レザー スカートの下から覗かれ 指で弄られ ネッチャリしてて恥ずかしい
 
赤ブラを握られ、黒レザーミニスカートの下からマンコに入ってきたので吸い込み
「あ ああ だめ いけないわ ややめて ああ や ああ」
 
うれしいのに、嫌がったりし、「ああ あああ」
 
深く入れられて 子宮が ずん ツンされ、4 . 5分もされていたら、
「ああ 逝った ああ いや ああ」
 
レザスカート 履いたまま、逝ったら、続けて 2回 3回 逝っちゃって
先生、この日、なんだか長い
下向きにさせられて、バックからぁ 入れられて
やっぱり自ら、お尻 レザスカートを振り回している 私
 
「あ おお」、駅を出された、と感じたのに
先生、「勃起している、縮まない
半分だけ、駅が出てしまって、と言われ
下向きで、お尻を突き上げ振り回しているレザー スカート姿の私
先生が液を半分出したまま続けるから、」股がグッチャリしてて、「ああ 逝った や や ああ おお」
 
抜かれて、「やや やああ や 恥ずかしい あ」
 
下向きの お尻を持ち上げられている黒レザー スカートの下から 覗きながら マンコに指を入れるし
今 逝っちゃったばかりの グッチャリネッチャリしている又だし、恥ずかしい
レザースカート内、すごいことになっちゃって。
 
えぇ と思った
後ろ向きで、レザー ミニスカートの お尻を突き上げているまま、えぇ 太ももに下げられた パンティー、えぇ
先生が、持ち上げてきて、履かされたのです、えぇ いやらしい なにするの
 
レザーミニスカート内で、履いたパンティーお尻のビキニ パンティーを弄るんです、やだわ、先生 ったら ほんとうにスケスケ ビキニ 好きのようで
 
なんだか、ビキニのマチ部分もストレッチで 透けているし、テラテラ ツルリしているパンティー下着で
さっき先生が出した液が滴れてきてて、股とビキニ マチ部が あら ネッチャリと吸い付くように ベッチャリしているし
パンティーの上からでも指でクリクリ クリトリス クリクリされると
「ああ だめ あああ おお」
恥ずかしい股 ママンココがピクピクしてくるし、
レザーミニスカート内で スケスケ 湿ったパンティー 覗かれると 恥ずかしい
 
そのまま、上向きにさせられ、ミニスカート内黒パンティーの股 見られながら弄られて
「あぁ いやだわ 恥ずかしい ああ パンティー かなり湿ってしまって ああ」
と、先生に訴えても 弄るし
 
ビキニを太ももに下ろされて、子宮をつん ツンされて
赤ブラジャーから出された乳首を吸われ
先生が液を出したと一緒に
「あああ おお ああ」
レザー ミニスカート履いたまま歓喜の声を出して 逝っちゃった。
 
終えて 立ち上がり、赤ブラジャーの背中のブラホックを直し、黒レザー ミニスカート内にパンティーを持ち上げ
下着を直し、先生も裸の下半身から ブリーフを履き
 
突然、立ったまま抱きしめてきて、キッス
 
背中のブラホック ブラベルトを やたらと弄る 先生
レザー スカートの お尻を撫でるし、そのままミニスカートの下から手を入れられて
「ややめて ややめて ああ」
 
先生が出したマンコの液がタラタラリとスケスケ パンティー 股 マチ部にグッチャリしてて
指で、マンコ クリトリスをビキニ 上から擦られてても すすごーく 感じて
 
レザー ミニスカートの内側、まずいくらい 興奮してきて
 
立ったまま、ブラジャーは握られ、パンティー マチ部を上から指で グイグイ押され
テラテラ ペラペラなストレッチ パンティーが、少し ビキニごと指が あああ マンコに食い込んで グリグリするし
 
黒レザー ミニスカート内の下半身が足先まで力が抜けるような感覚で
スケスケなパンティー内が、液が噴き出てしまうような潮吹きでもしてしまうような感触で グチョグチョウし
ビキニのマチごと指をマンコに少し入れられたまま、初体験でした、立ったまま、逝っちゃったの、いきなり力が抜けるように逝っちゃったんです。
 
先生に襲われて、私は、猛烈な M性癖 セックスが興奮することが わかり
一番は、先生の太くて長いペニスで子宮まで入ってくる ペニスと
私のマンコが、なんともピッタリ 抜群にマッチしていることです。
 
恥ずかしいと思って感じていたのは、辱められていると感じてたんです、
 
今年になり、コロナ自粛で、子供も夫も家にいて
3月 4月が過ぎ
 
困りました、先生と会えなくなり、もう 5ヶ月も経ってしまい、セックスレスだった 閉経した私の
股に履く、スケスケなパンティ、何枚も買っているし
49歳になってしまったし、子宮を突かれたく ペニスで衝かれたくて、オナニをしてしまうし
私のM性癖の肉体を、先生に辱められたくなってしまっています。
 
忘れられなくなっている肉体です
思い出すのです、思い出すほど 3度 襲われたこと 思い出すほど
初めは、白ミニスカートでパンティを覗かれ 恥ずかしいと思ったことなのに
そんなにM性癖と思っていなかった私、思い出すと、M性癖の私はパンティ内に手を入れられたら 感じる 辱め
独身だったら、嫌がらなかったのだろうけど、人妻だから
逝かされたら大変と思うほど、感じて、逝かされたら さらに興奮し逝った
 
2度目は、スリップ下着姿にさせられパンストを下ろされ、恥ずかしいと思っていたのに
お尻のほうからバックから攻められ自らスリップお尻を振り回してマンコに液を出されたら
一緒に逝く、歓喜の声が出て熱狂するような「ああ」と大きな声を出したこと、

3度目は、自ら、エロ下着スケスケなパンティを履き
黒レザーのミニスカート姿で襲われるような服で
人妻なのに、人妻だからこそなのかも逝かされるのは いや いや と思いながら
しかもスケスケ パンティー グッチャリするほど悪戯され
とても辱められる快感、逝ってしまうほど、逝ってしまう、私、を思い出し
オナニも最近、猛烈になってしまってます。
ペニスが子宮に衝かれると、生理がある若いときだったら、辛くて怖くて いやだけど
閉経し、人妻になると、こんな経験できないほどの快感です
股から肉体に響く、股から腸、胃、喉に響くので
大きな声が一瞬「ああ」と、感じる辛さが出るけど、慣れると、これが、味わいたくなるほどの快感になります。