バイト先で会ったJSと

大学時代、自然体験活動をしている団体でアルバイトをしていた。その団体は主に幼稚園児から高校生くらいまでを対象にして活動していて小さな子供が多く参加していた。
学校が長期休みに入るとキャンプをしたりする泊まりがけのイベントを開催することもあって子供たちと結構濃密に関わっていた。中でも印象的だったのはアルバイトを始めた年の夏休みに行ったキャンプだ。
山の中で班ごとに分かれてキャンプをするというイベントだったが、その時に担当になった班に当時小6の加奈子ちゃんというアクティブな女の子が居て、班の中でリーダー格の子だった。団体では独自の文化が結構あってそれらを丁寧に教えてくれたのは彼女だった。そして、女を教えてくれたのも彼女だった。大学に入るまでは勉強ばかりで恋愛は興味なし、大学に入ってからも講義や課題をこなしている内に恋愛関係には全く関係ない生活だったので、加奈子ちゃんに出会うまでそういうことには興味なかった。しかし、キャンプでは加奈子ちゃんに懐かれたのと偶然にも彼女の裸を見てしまって股間が反応してしまったことから彼女に気に入られてキャンプ初日に山の中で初体験をした。彼女も経験がほとんどなかったようだが、健気に騎乗位で筆下ろししてくれた。初体験ではこちらの緊張のためにさっさと射精して終わってしまったがキャンプの期間中、人目を気にしつつ何度もやりまくった。キャンプ終了後も連絡を取り合って夏休み期間中は週に2.3回のペースで会っていた。