休校中の3月に満喫で

 はるなです。中学3年生の3月は、中学校が休校になり、暇でした。

 小学校は国立の附属小学校でしたが、内部進学できませんでした。

 そこで中学受験をして、首都圏の共学の私立中高一貫校に通学しています。
 
 スマホは、ママの名義になっていて、年齢制限とかありません。

 スマホのアプリで、男子大学生を探しました。

 すると、林君(たぶん仮名)という理系の男子大学生とカカオの交換ができました。

 カカオで話をすると、男子小学校、男子中学校、男子高校、理系の大学生でした。

 3月はまだ満喫が開いていて、ランチを食べてから上野駅で待ち合わせをしました。

 駅近くの満喫に行きました。

 満喫代は、林君に出してもらいました。

 ネットを利用すると身分証明書が必要だけど、ネットを利用しなければ、身分証明書は要りません。

 
 はるなの服装は、膝までのスカート、上着は脱いでTシャツになりました。

 はるなが上着を脱いでいるとき、林君が下からスカートの中を覗いて来ました。

 
 はるな「うつ伏せで、漫画を読んでるから、マッサージをしてて。寝落ちしたら、パンツの中を見てもいいからさ。」

 林君「えっ?ホント?」

 林君は、めちゃくちゃ真面目にマッサージをしてました。

 足の裏、ふくらはぎ、太ももをマッサージして、そのうち、林君がアロマを出しました。

 ランチを食べた後の眠気と、アロマの香りで意識がもうろうとしてきました。

 林君が、はるなのスカートをめくって、腰のマッサージをしています。

 林君「腰のマッサージするから、スカートが邪魔だったから。」

 はるなが何も言っていないのに、勝手にスカートをめくった言い訳をしています。

 眠い、眠い

 意識が半分、無くなってきました。

 林君が、パンツの上からお尻をマッサージしています。

 どうにか意識はあるけど、眠くて体が動きません。

 はるな「あれ?」

 林君が、はるなのパンツを降ろしています。

 まだ、寝落ちしていないのに・・・・。

 はるなは、どうにか意識だけあります。

 でも、アロマの匂いと、眠気で体が動きません。

 林君は、はるなが寝落ちしたと勘違いしているのでしょうか?

 とうとう、パンツを降ろされてしまいました。

 林君は、直接、はるなのお尻をマッサージしてきます。

 「うん?」 そのうち林君の手が止まりました。

 林君が室内にある電気スタンドを持ってきました。

 温かい。

 電気スタンドの光を、はるなのお尻に当てているようです。

 「えっ?」

 林君が、はるなのお尻の割れ目を開いて来ました。

 どうやら、お尻の穴に、電気スタンドの光を当てているようです。

 はるなの記憶があったのは、ここまでです。

 ここで、寝落ちしました。

 目が覚めた時は、林君がはるなのお尻の穴をさわっていました。