目覚め

学生時代に住んでいたアパートは、部屋は一階で腰の高さからの窓の外はすぐに道路で、そこはJKの通学路になっていた。朝の通学時間帯は左から右へ、下校時間帯は右から左へ、大量のJKが窓の目の前を通る。いつもカーテンの隙間からJK達をおかずにセンズリしてた。

そのうちJK達にセンズリを見られたいという願望が芽生え、カーテンの隙間を大きくしてセンズリした。ほとんどのJK達は気づかずに通り過ぎて行くのだが、数人が「なんか人影見えたな」という感じで通り過ぎて行った。そしてある日、テレビを見ながらセンズリしてると、テレビの明るさで部屋の中がよく見えたのか、センズリしてる私に気づいた子がいた。

最初は静かに除き込んできたが、チンポを確認すると他の友達を手招きして呼んだ。

そして数人のJKが窓から私のセンズリ姿を覗きこんだ。声を圧し殺しながら見ている。

私は気づかないふりをしながらセンズリを続ける。

そして息づかいをわざと荒くしながら大量の精子をぶちまけた。
JK達は窓から離れると大爆笑しながら歩いていった。


翌日、他の友達も連れて私のアパートの窓付近をウロウロしていた。
見に来たのだろう。


私はまた同じようなシチュエーションでセンズリを始めた。

すると小声で「始まった始まった」「やってるやってる」と一人が皆に合図。
窓にはJKがズラリ。

私はあまりの興奮で、すぐにイッてしまった。
その時、一人が小声で「はやっ」とつぶやいた。

それがきっかけで、私は露出の道に入りました。