「セックスは私たちの命の成り立ち、根幹となる部分なのに・・」

      
 「セックスは私たちの命の成り立ち、根幹となる部分なのに、
  日本の性教育の中では、恥ずべきものだと思われています。
  性交、セックス、避妊、中絶・・命のスタートの部分はひた隠しにする。
  なんだったらなかったことにする風潮がまだまだ根強いんです。
  でも、セックスが何かというのを知って、性教育=命ということを伝えない限り、
  乗り越えられない壁が出てきます」
     
性教育で一番大事なのがセックス!? それを未就学児に伝えるのは、ちょっとハードルが高すぎやしませんか・・・?
     
 「セックスの話をして、子どもが理解してると思ったら大間違い、
  一切理解してないですよ!だから安心して伝えてください(笑)。
  たとえば、『命ってどうやってできるの?
  赤ちゃんってどこから生まれるの?』と聞かれたときに、
  『おしっこの穴と、ウンチの穴の間に、幸せの穴=膣っていうところがあるんだよ。
  そこから生まれてくるんだよ』と伝えるのも性教育の1つ。
  『じゃあ、どこから入るの?』と言われたら、
  そのまま科学の方程式として伝えてあげればいいだけのこと。
  『お父さんのおちんちんの先から、精子っていう
  おたまじゃくしみたいな種が出るんだよ。
  お母さんのお腹の中には卵があって、それがくっつくと受精卵っていう、
  赤ちゃんの卵ができるんだよ。
  それが十月十日お腹の中にあって、あなたたちが生まれたんだよ』
  って話をしてあげればいいだけです。
  すごく難しく考えてらっしゃる方が多いんですけど、
  子どもたちは私がいくらこんなことをいっても、ほとんど覚えてないです。
  だけど、なんか大切なことはいってるんだなってことは伝わります」
     
10歳までは、性産業の「性」ではなく、あくまでも「命って大事なんだよ」というのを教えていくのが性教育。
そう思うと、ハードルは下がるかもしれません。
     
 「命について話していると、
 セックスについてよくわからなくても、
 赤ちゃんがどうやってできるか仕組みはわかるんです。
 うちの娘は『パパとママがセックスしたからできた』って普通にいうんですよ。
 よそのお母さんたちが聞いたら『なんてことを言わせているんだ!』
 と思うかもしれないけれど、わが家の子どもたちにとって、
 セックスは子どもを作るための行為なんですよね。
 まだ全然いやらしく思っていないから口に出せる。
 うんち、ちんちん、おっぱいという言葉は、中学生になったら言いませんよね。
 でも、未就学児のときはそれしか言わない(笑)。
 それは一切恥ずかしいという気持ちがないから。
 小4の娘も『弟が欲しいからセックスして』っていうんですよ。
 この子にとってセックスは方程式と同じ。
 でも外では絶対に言わないようにしつけてあるので、
 そこだけ徹底しておけば、命の話は存分にしてあげてほしいと思います」
     
子どもたちは、命の絵本が大好き。命の根幹や生きる源について答えてあげることは、自分を知ることにつながるといいます。
     
 「小さい子に性教育をするのは、すごく難しいと思うんですけど、
  超えた先に”母親になってよかった”っていう瞬間がたくさん待っています。
  こんなかわいいことをいってくれるんだとか、
  こんなことで悩んでいるんだとか、
  『産んでくれてありがとう』っていう言葉とか、
  胸キュンの瞬間がたくさん!
  性教育は、子どものための教育ではありますが、
  ママ自身の自己肯定感があがったと、みなさんいいます」
     
子どもを産んでよかった!という感覚、もう一度、もう何度も味わってみたい!
     
・・・とそのためには、実践あるのみ。