元カノ「真紀」は「シブ子」に似た悪女

「あ~あっ!!真紀ぃ~っっ!!」、今日も他人棒に寝取られ、半年前に俺から去っていった元カノでオナニーしている。
真紀は、バイト先で知り合った、「ちょっと」頭の弱い子だ。
運動神経は抜群で、都内の某女子体育大学を出て、メーカー勤めをしていたのだが、退職し、俺のいるバイト先に流れてきた。
見た目はプロゴルファーの渋野日向子に似ている感じだ。 まあ、「ちょうどいいブス」というところだが、俺には最高の女だった。
出会った当初、バイト先では何人かの可愛い系のJKやJDがいるので、真紀に関して言えば、男たちからは、ほぼ「ノーマーク」だった。
しかもかなりミスの多い子で、年下の女の子たちからも陰で馬鹿にされるような、いわゆる「使えない子」だった。
年齢が一緒という事もあり、俺が再教育の係にされた。
当初はお荷物を背負わされたと思っていたが、色々と話しているうちに俺は「女」として意識するようになってしまった。
自宅の安アパートに帰り、一人さみしくオナるときのネタになっていた。
大学時代は陸上部だったとも聞いていたので、真紀にレーシングブルマをはかせてセックスしたいと強く思い、妄想に妄想を重ね、オナニーばかりしていた。
そんなある日思い切って、某河川で行われる花火大会に真紀を誘ってみた。
ちょっと考えるようなしぐさが気になったが、OKをもらえた。
その夜は、紫色の浴衣を着て俺の前に真紀は現れた。
完全に俺は真紀に持っていかれた。
「正直花火なんかどうでもいい、真紀とセックスがしたい!」  
俺は真紀からほのかに香る、シャンプーの香りに性欲が高まった。
ただ、やはり初日デートでセックスまで至ることはなく、俺はやり切れない思いを抱いたまま、この夜もオナニーに興じた。
ただ、真紀の写真を何枚か写したのでそれをネタに思いっきり射精した。
LINEもするようになったので、バイトから帰宅しても真紀とつながることはできるようになった。
冬近くになり、何日か真紀がバイトを休んだことがあり、LINEしてもなかなか「既読」が付かなかった。
一週間ほど、バイトも休み、そろそろ周りがざわつき始め出したころ真紀が出勤してきた。
母の体調が思わしく無くて看病していたとのことで、まぁ、事なきを得た。
真紀と二人きりの時間が相当あったので、事情を聴いたが、詳細には触れずただ迷惑をかけたの一言だった。
病院に付き添っていたため、LINEもできなかったことを詫びてきた。
何となく、違和感を覚えつつも俺はその話題から離れ、真紀とのバイト時間を楽しむことにした。
そんな俺に真紀からイブの夜に会いたいとLINEがあった。
もちろん「OK」した。
この日を逃したら、真紀と付き合えないという思いがそうさせたし、純粋に真紀とセックスがしたかった。
バイトが終わり、映画を見て食事もした。
イルミネーションを見ながら俺は真紀に好意を伝えた。
泣き笑いみたいな表情を浮かべた真紀はOKしてくれた。
2時間後、俺は真紀とやっとセックスできた。
真紀も20代半ばに差し掛かるころだったので、もちろん処女ではなかった。
初めて見る真紀のオマンコは、使い込まれた感があった。
熟女AV女優のオマンコに近い色といった感じだった。
しかし俺は構わず、それを吸い、舐め、陰毛の一本一本すら愛おしくケアした。
陰毛から薫るボディーソープの香りが、俺を余計に刺激してくる。
真紀の全身を舐めまわしているうちに俺は興奮のあまり、射精してしまった。
しかし、射精した俺のチンポを真紀は無言で口に咥えると、精液で汚れた尿道口をすするように音を立て吸いだした。
「ああっ、真紀、きもちいいよ。」
真紀の頭をなでながら俺は、至福の時間を味わった。
俺のチンポを咥える真紀の後ろには、真紀の下半身から引き抜くように脱がせた黒いタイツとブルーのパンティが
床の上でイヤらしい形のまま打ち捨てられているのが見えた。
「やっと俺の女になった。」という達成感が俺を大きくさせた。
安全日だという真紀の声を遠くに聞きながら俺は正常位で腰を打ち続けた。
真紀も締め付けるように膣圧をかけてくる。
「あぉう、真紀ぃいいい!いくぅううう!!!」
真紀も上り詰める際、俺の背中に爪をたててくる。
俺は射精する際に真紀の表情を見た。
歯を食いしばって、声を出さないようにしているのが印象的だった。
射精後のピロートークは弾んだものではなかったが、俺には幸せな時間だった。
それから会うたびにセックスはした。
金がなかったので、ほぼ俺の安アパートでのセックスが多かったが、やはり真紀は声を出さないよう歯をいつも食いしばっていた。
理由を聞いても「恥ずかしいから」とそこで会話が終わる。
まあ、そんなものだろうと最初は思っていた。
俺も素人女は真紀のほか、一人しか知らないので個性だとも感じていた。
ただ真紀とセックスすると「壁みたいなもの」があるのに気づきだした。
真紀とセックスし始めて、1年目の俺の誕生日前夜、俺は真紀にカミングアウトした。
「陸上部時代のユニホーム姿でセックスしてみたい。」
若干変態視されもしたが、OKが出た。
だだ、残念ながら大学時代はレーシングブルマではなく、ショートパンツだったこととユニホームは捨ててしまったとのことから、翌日二人でスポーツ用品店に行き、真紀にレーシングブルマとノースリーブシャツを買ってもらい、ホテルでコスプレセックスに明け暮れた。
「あ~あ、真紀のブルマぁあああ!!!」、ブルマをはかせたまま射精したため、精液まみれのブルマを笑いながら真紀は浴室で洗っていた。
「真紀に会えてよかった」と俺は心から感じた。
ゴールデンウイーク明け、真紀からLINEが来て、しばらくバイトを休むという連絡があった。
お母さんの体調がまた悪くなったとのことだった。
俺は真紀の彼氏だから、何かできないかと提案してみたが、却下された。
6月の初め、いつものように俺の安アパートで真紀とのセックス後、替えのパンストがないからと真紀がコンビニに出かけた。
往復だけで約20分近くかかるが、真紀はその際、携帯を忘れていった。
悪戯心が湧き、つい真紀のLINEを見てしまった。
裕司という男とこの三か月ばかり、会っていたようだ。
しかも文面から真紀の元カレのようで、再びよりを戻しにかかったようだった。
そればかりか、真紀も俺とのセックスの内容を裕司に問われるまま答えていたことに俺は衝撃を受けた。
「XXはブルマが好きな変態君」「オチンチンは並み」「セックスは自分のペース優先」「射精の時に騒ぐからウザい」
などなど、赤裸々な内容を伝えていたことに衝撃を受けた。
「射精するときあまりにうるさいから切れそうになる」のと「たまに気持ちいい時があるからゆう君の名前を声に出しそうだから歯を食いしばって耐えます。」など、心が折れそうな内容が列挙してあり、真紀の外見からは想像できない内面を見た気がし、俺は魂が抜ける気がしてきた。
裕司は、真紀に俺とのセックスを許容し、嫉妬と興奮を覚え、それを自分と真紀とのセックス時にぶつける「寝取られフェチ」のようだ。
しかしながら俺は、この事実を真紀に伝えることもなく、平静を装いそれからに二か月ほども付き合いを継続した。
ただ、以前のようにセックスはできなかったし、したいとも思えなかった。
真紀もそんな俺の変化を見逃すわけもなく、バイト先でもよそよそしい振る舞いになってきた。
そうこうしているうち、真紀がバイトをやめるとバイト仲間から聞いた。
母の医療費を稼ぐので、別のところに移るという理由だった。
俺には何の話もなかったし、俺からも聞くことはなかった。
ただ最終日、真紀から別れてほしいというLINEだけがあった。
好きな人ができたと書かれていた。
俺はただ、スタンプ一つ送信した。
「ありがとう」

もう真紀の影が、俺から薄らいだころバイト仲間のおばちゃんから話を聞いた。
おばちゃんが言うには、真紀は実家から通っていたのではなく、一人住まいのアパート暮らしだったようだ。
たまたまおばちゃんのうち近くで見かけたので、俺と一緒なのかと思い、探偵よろしく尾行して後を付けたそうで、
駅近くで待ち合わせていた会社員風の男と手を組んでアパートに消えたらしく、それがまだ俺と付き合いのあった頃だったので、おばちゃんも俺に言うに言えなかったらしい。
バイト先の女衆からは真紀は「くわせもの」と評判だったようだ。
母親の病気というのも大方嘘で、その男との逢瀬じゃないのかとも・・・。
まぁ、いずれにしろ真紀の評判は良くなかったようで、今から思えば送別会の話もなかったことから女衆からは嫌われていたようだ。

ただ、真紀の影が少なくなってきた半面、性欲も溢れてきて、俺はいまだに真紀が忘れていったお泊りセットのパンティやブラ、パンストをオナニー時に使い、真紀の消してしまった全画像に変えて、「シブ子」の私服画像に精液をかけている日々を過ごしている。
でも射精するときは「シブ子っっ!」と言えず、真紀の名を叫んでしまっている。