公園で出会った少女と

俺は無職でその日は買い物に行く途中で公園のトイレに寄りベンチで座って休んでた
砂場の方を見ると女の子一人で遊んでた、おー可愛いなと思いながらジロジロ見てた
少しして女の子が近づいてきた
子 なにさっきからジロジロ見てたの
俺 見てないよ
子 やぁー見てた
俺 うるさいなぁあっち行け
子 遊ぼうよ
俺 はぁー
子 友達みんな家族出掛けていないだもん
俺 じゃあ君も何処か連れていってもらえばいいしょ
子 うちはダメ貧乏だから
俺 俺と一緒だな、夏休みかぁ
子 うん
俺 よし何して遊ぶ
俺は久しぶりに遊んだ
俺 名前は
子 琴音
俺 いくつ
琴音 11歳
俺 そうなんだ
明日、お兄ちゃんと何処か行くかぁ寂しい同士
琴音 お兄ちゃんも寂しいの
俺 寂しいよ友達いないから
琴音 いく
俺 何処行きたい
琴音 何処でもいい
俺 じゃあこれからうち来て考える
琴音 うん
二人して俺のマンションに着いた
琴音 広いね
俺 はいジュース
琴音 ありがとう
俺 ネットで近くの何処かいけそうなところ探して決めた
琴音は少し胸膨らんでて可愛い、俺の好み
俺 好きな男の子いるの
琴音 いるよ
俺 そうなんだ
琴音 お兄ちゃんは
俺 俺は琴音ちゃん好きになったな可愛いし
琴音は笑った
色々と話してその日は別れた、次の日は俺はレンタカー借りて公園で9時に琴音と待ち合わせした
琴音はお出かけ用の洋服にミニスカート
俺 おー可愛いね
目的地の遊園地に着いて遊びまくった、2時頃遊園地出て高速に入ると琴音は寝てしまった
寝顔が可愛くてムラムラしてきた
トイレしかないサービスエリアに入った、車は一台も止まっておらずチャンスと思って
琴音の座席を倒した、ムラムラしてスカートをめくった下着も可愛くて俺はもっと興奮してきたパンツの上から臭いかみ、下着の上からペロペロ舐める
そして下着をずらして直に舐めてしまった、
すると琴音は起きた
琴音は
琴音 気持ちいいね、指で触るより気持ちいい
俺 一人で触るの
琴音 うん
その時他の車が止まったから急いで車走らせて俺のマンションに向かった
俺 今日は何時頃まで
琴音 5時過ぎにはママ帰ってくる
俺 じゃあ明日また会ってくれる
琴音 うん
俺 じゃあまた公園で
公園で琴音下ろして車返す前にダブル布団買って車返した
次の日は迎えに行こうとしたらチャイム鳴ったから出たら琴音だった
俺 よく覚えたね
琴音 地理たけは得意だから
琴音は部屋に入るといきなし服脱ぎだした
俺も急いで脱ぐ
そして昨日の続きでまんことクリトリスを舐めた
琴音 気持ちいいよ~
クリトリスが一番感じるらしくクリトリスを夢中になって舐めた
琴音 すごく気持ちいいよ
少しして
琴音 お兄ちゃんも気持ちよくしてあげるか
俺 分かるの
琴音 ママとパパのいつもみてるから
俺 おーじゃあお願い逆になり俺はねっころがる
琴音 たしかねこうやってもってママは舐めてた
俺 そうだよ
琴音 口痛くなるね
俺 ママはでもやってるしょ
琴音 うん
俺 気持ちいいよ
琴音 琴音も気持ちよくして
俺 いいよ
琴音を上にして俺のほうにお尻向けて仰向けにしたが琴音はどうやってもチンポに届かないかな手こき教えた
俺達はたっぷり気持ちよくなってた、昼飯はラーメンとって食べた
昼からは今度は琴音のまんこに入れることにした前の彼女アナルプレイした時に使ったローションあったからそれをまんこにたっぷり塗ってた
俺 入れるよ
琴音 うん
入れてみた
琴音 なんかが入ってきた感じ
俺 痛くない
琴音 少し痛いけど大丈夫
俺はゆっくり動き出した
琴音 凄い中で動いてる
俺 それがチンポ入ってる証拠だよ
琴音 これがセックス
俺 そうだよ
俺と琴音は一つになれただよ
俺は徐々に激しく動く
琴音 気持ちいいね
俺 俺も気持ちいいよ
最後はそのまま琴音の中で出した
チンポ抜くと少し血が出てた
琴音 お兄ちゃん大好き
俺 俺はゆうき、やうきでいいよ
琴音 ゆうき大好き
それから琴音は夏休みの間ずっと俺の家に来てはまず宿題てからエッチしてた
学校始まってからも土日とかは来てた
月日がたち冬休みに入ると来なくなった、公園とかみてもいない、家の場所も知らないから分からなかった
俺はその後何度も探したが見つからなかった、今は何処で何してるのかわからないけどきっと何処かで元気でやってることを願う
愛してるよ琴音