バツイチの女のいやらしさ

五反田の人妻系デリヘルでの出来事です。
高身長でスレンダー好きの私は、HPでこれは…と思う女性Hを選びました。
年齢は、40歳。人妻ではなく、バツイチとのこと。昼間は、派遣社員のOLとして別の仕事をしているそうです。体系はHPの情報通りスレンダー。胸は決して大きくないけど、私好みのコロコロした大きめの黒ずんだ乳首でした。合わせて、脚フェチの私も満足できる美脚でした。
待ち合わせ時のリクエストで、ベージュのガーターストッキングにノーパンをリクエストしました。
ホテルに入って、軽く世間話をして、彼女は「お風呂入れて来るね。」と言って立ち去りました。
戻って来てから、ノーパンであることを確かめようと何気になくお尻にタッチ…するとビクッと反応して「ぁ…」と呟きました。鏡の前で、そのままスカートの上からお尻をサワサワ触っていると、鏡に映る顔がトロンとしてきます。少しずつスカートを捲り上げて行くと、鏡には大きく肥大した小陰唇のビラビラが垂れ下がっているのが見えました…。そこにゆっくり指を這わせると、既にトロトロ…。「いやらしいね…もう濡れてるんだ。」と言うと、「会った時から、タイプだったの…。それにサワサワする触り方がヤバい…感じちゃう…」と言いながら、マ◯汁をタラ〜っと垂らして来ます。
そのままスカートを脱がせると、内側には既に垂れたマ◯汁がこびり付いて、白く光っていました。「待ち合わせてから…ずっと濡らしてたんでしょ?」「ヤダ…恥ずかしい…」と言って、キスをせがんできました。
お互いの唾液を交換して、舌を絡ませながら、口の端から唾液が垂れるくらいのディープキス…その間も彼女の股間を指で刺激して、クリをコリコリすると、膝をガクガクさせながら、すり寄って来ます。
そのうち、彼女もズボンの上から僕のチ◯コをさすりながら、「硬い…大きいのね…」と言って、嬉しそうに笑いました。
ズボンを脱いで、彼女を鏡に向かわせ、後ろからパンツ一枚で彼女のお尻にチ◯コを擦り付けました。「アン…興奮する…」しばらくそうしていると、彼女がこちらに向き直りしゃがむと、僕のパンツを下ろしてチ◯コを剥き出しにしました。自分の下半身も剥き出しでしゃがんだ床には、相変わらずマ◯汁が垂れています。すぐには咥えず、お返しとばかりにしばらく指先で私のキ◯タマをサワサワと刺激して、チ◯コの先からガマン汁が出て来たところを指先で掬い、わざと糸を引くように伸ばし…舌先を伸ばしてそれを絡めとります。美味しそうにガマン汁を味わった後、舌先を尖らせてチ◯コの先から根元までツツーっと這わせ、そのままキ◯タマにベタっと舌をくっ付けます。その間も、指先は亀頭を軽く刺激しながら、新たなガマン汁を誘います。そのままキ◯タマを唾液でベチャベチャになるくらい舐め回し、左右交互にキ◯タマを口に含んで吸い込みます。私は、えも言われぬ快感に身を捩りました。後々聞いたところ、玉舐めが大好きとのこと。道理で舐めてる時の顔が、恍惚としていたわけです。私のキ◯タマを満喫した後、彼女の舌はそのまま上に上がり、ガマン汁でベタベタの亀頭をパックリと咥えこみました。ゆっくりと舌を絡ませ、優しく温かい口が上下します。その間も指先は、変わらずキ◯タマをサワサワと愛撫してきます。一通り私のチ◯コを舐め回すと、さらに下に潜り込み、そのままアナルを舐めようとしてきます。私は洗面台の上に片足を上げて、彼女が舐め易いようにしました。そんな私を見て、彼女は嬉しそうに微笑みながら、私のアナルに舌を這わせてきました。今度は、私のお尻を指先でサワサワと刺激しながら、たっぷりと唾液を付け、舌先を尖らせてアナルを優しく刺激してきます。
我慢出来なくなった私は、彼女を立たせて鏡に向かい、後ろから股間にチ◯コを入れマ◯汁で小陰唇のベタベタのビラビラに擦り付けました。さらに後ろから手を回し、彼女の小さめな乳房を揉みしだき、時々大き目なコリコリの乳首を摘むと、その都度彼女はビクッと身体を反応させます。「痛い?大丈夫?」と訊くと、「ううん…乳首…強めの方が感じるの…」と嬉しそうです。「そう…じゃあ…」と言って、強めに指先で挟んで引っ張ると、「いやぁ…もっと…もっとして…」とドンドン股間を私のチ◯コに強く擦りつけてきます。
少し肌寒く感じていたのと、そろそろ風呂が沸いた頃と思い「お風呂入ってから、続きをしよう?」と言うと、「うん…いっぱいしょ」と微笑んで、風呂に向かいました。
お風呂の中では身体を洗い、世間話をしながら時折濃厚なキス交わして、お互いにタオルを巻いて部屋のソファに戻りました。
脚フェチ、ストッキングフェチの私は、再度ベージュのガーターストッキングだけを身に付けて欲しいとお願いしました。
バスタオルを外し、ガーターストッキングだけの彼女をM字開脚でソファに座らせ、私は向かいのテーブルに腰掛けて、細くて美しい彼女の脚を優しく刺激しながら触りました。彼女は、時折身体をビクッと反応させてながら、またしても目をトロンとさせて感じているようでした。黒い革のソファには、先程洗ったばかりのマ◯コから早くもいやらしい汁が垂れてきて、黒光りの染みを作っています。
そのままマ◯コには触れず、彼女の脚を伸ばして向かいのテーブルに座った私のチ◯コに足先を誘導します。最初は、爪先を触れる程度…それから徐々に足の裏でチ◯コを摩り、両足でチ◯コを挟んで足コキをしてくれました。
その間も、時々爪先でキ◯タマをツンツンと刺激してきます。私は片方の足を手に取り、踵を肩に乗せて、彼女の脚を摩ります…内腿に手を這わせ、脹脛にキスをして、徐々に舌を使って刺激します。ベージュのストッキングに私の唾液の跡が付き、そこだけ色が変わります。少し膝を曲げさせて、爪先を口元に近づけ、ゆっくりと匂いを嗅ぎながら頬ずりをします。「ぇ…そんな…」彼女は、少し戸惑った様子ですが、私は我慢出来ません。土踏まずのあたりに鼻を擦り付け、同時に舌を伸ばして思いっきり舐め上げました。「あぁ…いや…そんなの初めてなの…恥ずかしい。」と言いながらも、彼女は脚を動かしません。そのまま舌にたっぷりと唾液を付けて、土踏まずから足裏へ舌を擦りつけます。そして、時々土踏まずに歯を当てて、軽く甘噛みをすると「やだ…そんな…感じる…」と喜んでくれます。私は、足裏、土踏まず、踵を唾液塗れにして、足の甲に唇を這わせ…徐々に爪先へ口を移動させます。踵に手を当てて、爪先を口先に持って来ると、まずはキスをします。「汚いょ…いやじゃない?」彼女は、申し訳なさそうに訊いてきます。「僕はいやじゃないょ。Hさんは…いや?」って訊くと、「ううん…でも、初めてだから…不思議な感じ…」私は、舌を出して、親指をぺろり舐めました。「あん!」親指を舐め回しながら、時々甘噛みをするたびに、彼女は微かに声を漏らして感じています。少しずつ舐める指を移動させて、彼女のストッキングの爪先は私の唾液の跡で、すっかり色が変わってしまいました。最後に指を5本そのまま口に含んで、思いっきり吸い上げると彼女は「いやぁ〜…恥ずかしいけど…感じちゃう…こんなの初めてなのに…」私は彼女のその反応に、もう片方の足も爪先まで味わい尽くしました。
その後、彼女をソファからテーブルに移動させて、今度はテーブルの上でM字開脚させました。彼女のマ◯コは、肥大した小陰唇が濡れてテラテラと光り、動くたびに揺れて…その先からはマ◯コ汁が垂れて来るほどでした。
私は、彼女のマ◯コに糸を引きながら、唾液を垂らしました。彼女は、その光景を見て「あぁ…いやらしい…」と興奮したようです。指先で小陰唇を弄び、時々クリトリスをコリコリと刺激して、指先の第一関節くらいまで入れたところで円を描くようにかき回しました。グジュグジュっと音がします。今まで透明なマ◯コ汁が出ていましたが、徐々に白い愛液が出てきました。彼女は、やはりトロンとした目で私に弄られるマ◯コを上から眺めています。そのうち、小刻みに身体を震わせて…「ぁ…いぃ…気持ちいい…」「やだ…なんか…出る…」「ねぇ…イッちゃう!」と言いながら、マ◯コからサラサラした潮を垂れ流しました。「こんなの初めて…」テーブルの上には、彼女のマ◯コ汁と潮が混ざり合って、大きな水溜りが出来ています。
彼女は、自らの指でその水溜りをなぞって、恍惚の表情です。

そこから、いよいよ2人でベッドに移動しました。
一度彼女がイッてしまったので、最初は並んで横たわり…私は優しく彼女を腕に抱いていました。しばらくは、そのまま静かにしていましたが、彼女の手が私のチ◯コをサワサワと触り始めました。最初は、チ◯コを軽くシゴいて…その手は徐々に下がって、私のキ◯タマをサワサワとなぞり…時に軽く揉みしだくように触ってきます。
私は、ゾクゾクする快感に時々身体を震わせていました。彼女は嬉しそうに微笑みながら「タマタマ…舐めていい?」と訊いてきます。
「舐めたいの?」
「うん…タマタマ舐めると…スゴい…興奮するの…」
「あれだけ興奮して、初めて潮まで吹いたのに?」
「やだ…イジワル…だって…あなたのもっと欲しいんだもの…」
そんなこんなで、彼女はまたしても私の上に覆い被さり、嬉しそうに私のキ◯タマを唾液でベチャベチャになるまで舐め回し、片方ずつのキ◯タマを口に含んで吸い取りそうなほどでした。

その後、私は四つん這いにさせられ、後ろから彼女にアナルを舐められながら、片手でキ◯タマをサワサワされ、片手でチ◯コをしごかれました。
攻守交代…
私は、彼女を仰向けに寝かせ…自分で両脚を抱えさせ…大股開きの状態のマ◯コに吸い付き、肥大した小陰唇を唇で引っ張り、舌をマ◯コの奥深くまで挿し入れて彼女のマ◯汁を味わいました。
彼女は刺激するたびに反応し、私の頭を掴んで自分のマ◯コに押し付けるほど感じていました。
そんな彼女が愛おしくなり、濃厚なキスを交わして私の唾液を彼女の口の中に流し込むと、彼女は嬉しそうに飲み込みました。
マ◯汁でヌメヌメのマ◯コにカチカチのチ◯コを擦り付けると、彼女の大きな小陰唇が吸い付きます。
真っ赤に充血した亀頭をマ◯コの入り口に当てて、指で円を描くようにすると、彼女は目を閉じて気持ち良さそうでした。
そうしながら、彼女のガーターストッキングを片方ずつ脱がせ、今度は生足の爪先を舐め回しました。先程の私の唾液とうっすら滲む汗で、えも言われぬ美味が口の中に広がります。私は、彼女の足の指を一本ずつ口に含み、指と指の間に舌を這わせていきました。ストッキング越しの感覚とは違う感触に、彼女はさらに興奮して、身をよじらせて快感を楽しんでいました。
「やだ…初めてなの…こんなに気持ちいいのね…クセになりそう…」
「じゃあ、次に会う時も舐めて欲しい?」
「うん…たまらない…これ。また、して…?」
「うん…喜んで…」
「嬉しい…」
そうやってイチャイチャしていると、不意に彼女が私のチ◯コに手を添えて、亀頭を自分のマ◯コの入り口に当てました。私はいたずら心で、クイッと腰を動かして先っぽを入れる真似をしたんです。そこで彼女は手を放して、私の背中に両手を回して来ました。「!?」
いいのかな…?でも、嫌がられたらやだし…。少しの間戸惑っていると、「欲しいの…ちょうだい…?」
「ゴム…は…?」
「あなたなら大丈夫…それに…生で欲しい…」
感激でした…
彼女のマ◯コは、これ以上無いくらいに濡れていたので、私のチ◯コはスルリと彼女の中に入りました。
「お願い…突いて…奥…感じるの…」
私は、腰をピッタリとくっ付けて、小刻みに腰を突き上げました。そして、時々大きくグラインドさせて、彼女の奥深くまで突き立てました。
「あぁ〜…いやぁ…スゴい!スゴい感じるの!」
彼女は私の腰に手を回して、離さないように強く抱き締めて来ます。
「イキそうだょ…このままイッてもいいの?」
「ごめんなさい…それは、ダメなの…最後は、お腹に出して?」
「君の中でイキたいから、ゴム付けて中でイッてもいぃ?」
「うん…そうしよ」
ゴムを付けようと一度抜いてみると、私のチ◯コの根本は彼女の愛液で真っ白です。
「ほら…見て…こんなになってる。」
彼女の大きな小陰唇も、自分の愛液が付着して真っ白です。
「やだ…恥ずかしい…。まるで淫乱みたいじゃない。」
「昼間は、真面目なOLさんなのにベッドに入ると淫乱なんでしょ?」
「やだ…いじわる…。でも…好き。」
「だって…感じてる顔…スゴい嬉しそうだもん。」
「だから…いじわるされると、ますます好きになっちゃうってばぁ…」
「じゃあ…もう一度、おねだりして?」
「…」
「あら…要らない?」
「やだ…要る!欲しい!あなたのチ◯コ…欲しいの…。だから…私のマ◯コに入れて…?そして、思いっきり突き上げて?」
「はい…」

私は、彼女のグチャグチャのマ◯コにいきり立ったチ◯コを突き立て、腰を抱き抱えて浮かせ、Gスポットを刺激するように何度も突き上げました。
彼女は髪を振り乱して、自ら腰を振り貪欲に快感を求めているようでした。
生で挿入し、一度はイキそうになりましたが、一度抜いてゴムを付けるまでの間に落ち着いたのか、私は2〜3度チ◯コで彼女をイカせてから、今度はもう一度彼女の両脚を手に持って爪先を舐めながら腰を強く打ち付けました。

最後は、彼女を抱き締めるように覆い被さり、彼女の中で果てました。

しばらくは、お互いに荒い息をしながら横たわっていましたが、しばらくすると彼女はティッシュを持って私のゴムを外してくれました。
その時、やはり私のチ◯コの根本だけでなく、キ◯タマまで彼女の白い愛液がベッタリと付いていました。
彼女は、萎えかけた私のチ◯コを舌先で優しく舐め上げ、亀頭を咥えるとチ◯コの中に残った精液まで吸い取りました。それを飲み干すと、今度はキ◯タマに付着した自分の愛液を丁寧に舌で舐めとり、それも美味しそうに飲み込みました。

私は、彼女のその優しさが嬉しくて、そっと抱き締めたまましばらく彼女の身体を指先で優しく愛撫していました。
「ダメょ…またシタくなっちゃうでしょ…?とても、時間が足りないわ…。あなたと会うのは、お店以外で時間を気にしないで会う方が良さそうょ?あなたがイヤじゃなきゃね…」

その日のうちにお互いの連絡先を交換して、彼女が私のセフレになったのは言うまでもありません。
これ以外にも、彼女とのエピソードはたくさんあります。

もしご希望いただければ、また書きますね。