僕の初体験告白2

続きです。
姉貴と僕の間には恋愛感情はなく、いわばセフレのようでした。
お互いにしたいときにセックスするという感じですが、どちらかと云うと僕が求めるほうが多かったと思います。生理前は姉貴の方から求めてくることも多かったですね。
ただ入れて出すだけだった未熟なセックスから姉貴の英才教育で僕のおチンチンで逝かせることもできるようになり、そのときのご褒美は生でヤラせてくれました。もちろん外だしでしたが。
たまに姉貴とデートしてラブHOTELでやることもありましたが、基本的に家で毎日のようにやっていました。姉貴の感じるところなどは全て把握していますね。まるで新婚夫婦のように毎日やっているので、姉貴は飽きないの?と呆れ顔で聞きましたが、僕は全然飽きないと答えました。
忘れられない出来事が有るのでここに書きたいと思います。
1つ目は姉貴の友人を連れてきたことが何度か有って、当然セックスするのですが、10人以上いましたね。そのなかで、ピル女がいて、なかだしOKだったので思い切り溜めてドロリを見て感動しました。
また、動画のハメ録りもあって後で姉貴とゆっくり見たこともありました。友人の中にはバージンもいて、処女を貰ったことありましたね。
2つ目はお正月に家族でコタツに入っていたら、テレビ番組がつまらなくてノンビリしていたら、隣の姉貴が右手で僕のおチンチンをいじってきたので思いきり勃ってしまいました。姉貴は僕の左手を姉貴のオマンコに導くとノーパンでぐっしょり濡れています。両親がそばにいるのに目で合図するのです。僕のおチンチンを取り出して扱くので息が荒くなってしまいました。ヤバイと思っていたら、姉貴が目で合図して部屋に行こうと言うので、先に姉貴が自分の部屋に戻りました。僕はおチンチンを勃起したまま、何とかしまって姉貴の部屋に行くと、全裸でぐっしょり濡れて待っていました。僕も待ちきれないようにすっぽんぽんになり、生で嵌めました。両親居るので姉貴の口をディープキスで塞ぎながら、正常位でやってしまいました。両親が居るのでいつもより興奮して早くいってしまいました。その日は両親が寝たのを見計らって、徹夜で何度も何度も嵌め合いました。
3つ目は姉貴となかだしでやったことですね。安全日かつ当時発売していた殺精子剤をオマンコに入れてやりました。初めてのなかだしはもちろん姉貴でしたよ(笑)。
4つ目はお互いの彼氏彼女のセックスを隠れて見たことです。お互いに彼氏彼女ができたのですが、隠し撮りしたり、ダンボールに隠れたりして、見たことがありまして、そんな日の夜は姉弟なのに嫉妬して燃えてセックスしました。
数年後お互いに彼氏彼女と結婚したのですが、時々会ってセックスしてました。
あれから30年近く経ち、お互いに年をとりましたが、顔を合わせるとあの頃を思い出して、やることもありますね。