勿体無いほど美形の人妻その後⑫

貴方も男なら願望がありませんか?

女をsexで夢中にさせたい…しかも誰もが羨む様ないい女を…


それともそんな願望を持つのは私だけでしょうか…


出会った時のS子…27歳で人妻。


驚きましたよ。


繁華街を連れて歩けば、男は皆S子の顔と胸の膨らみをガン見していました。

そんないい女が私に夢中で…


なのに私は他の女に手を出してしまい、S子に気付かれ彼女を失いました。

少し異なりますが、あの頃の様に乱れるS子…年は取りましたが可愛いな…と思います。

12年の空白を取り戻すみたいに、私とS子はsexに没頭します。

イキ続けるS子を休ませる為に胸が潰れる位ギュ~ッ!と掴み『S子!』と呼びました。


あ…!

S子は自分を取り戻しました。


『お水を下さい…』


上半身を起こしペットボトルを口に付けてやると、一気に飲み干しました。


『私…どんだけイッてました?』


『ハハハ…サアな…何十回かイッたと思うけど…』


『始めてどの位?』


枕元の時計を見るとまだ30分ほどしか経っていません。


私はS子のオッパイを揉みしだきながら『今からさ!オマンコ狂わせてやるよ!』と…


『うん!○○さんだけのオマンコにして欲しい…私は○○さんのオマンコ…あぁ…オマンコなの…S子は淫乱なオマンコです…オマンコ気持ちいいのが好きなの…だからチンポが好き!チンポ大好き!チンポ突っ込んで!』


S子は四つん這いになり腰を振り立てます…

『イヤらしいな…メス豚S子か?チンポでよがるか?』


はい…はい…○○さんのチンポでよがらせて下さい…メス豚のオマンコをヒンヒン言わせて!


私はS子のオマンコに一気に突き立てました。


『ほら鳴けよ!鳴け!よがれ!ヒ~っと鳴け!』


『あっ…ヒ…マンコが…ヒ…ヒあ…すんご…マンコ…メス豚マンコギモヂいい~っ!』

『もっと鳴け!したかったんだろ?ヒ~ヒ~鳴けよ!よがれよ!ほら!ほら!ほら!ほら!ほら!』

『あ…オマンコすんごい!スゴいの…チンポすごいの…メス豚マンコがスゴいの!チンポいい~っ!ダメ?こんなオマンコだめ?だらしないオマンコだめ?淫乱オマンコだめ?』

『もっとオマンコ締めろ!ギュッと締めろ!チンポしゃぶれ!ヒ~ヒ~鳴け!』

『あ…チンポ美味しいの…オマンコが美味しいの…涎垂らすの…メス豚マンコがチンポでイクの!あ~スゴい!あ~スゴい!チンポすごいぃ~!!イッていい?メス豚マンコいっていい?オマンコいくいくしていい?』

『まだイクな!我慢してもっとよがれ!』

私はスマホを取りだし動画を撮影します。

スイッチを入れる音を聞いたS子は『見せるの?S子のイクイクを見せるの?あ~!Eちゃん見て!オマンコがチンポでイクの!○○さんのチンポでイクの!あ、イクっ…イクっ!オマンコが…あ~イクのぉ~!あ~イクっ!あ~イクっ!オマンコスゴいの…チンポスゴいの…イクの!ずっとイクの!あ、イクイク!Eちゃん見て!イクイクイクイクイクイクイクイク~…!』

私はS子のアクメ動画をEに送りました。