酔って帰った妻

「ん・・・っ」
     
暗がりに響く、くぐもった女の声。
     
熱く火照った体に、疼く下半身、くすぐったさと気持ち良さが交互に押し寄せ、引いていくさまはまるで波のようだと思った。
     
快楽というにはあまりにも弱い刺激がぞわぞわと背筋を這いずり、ある一点を焦らすかのように掠める。
     
反射で、びくりと体が跳ねた。
     
「はっ・・・はっ・・・」
     
「あ・・・起きたぁ?」
     
ぎし、とスプリングマットレスが軋む。
     
薄く目を開ければ、暗がりにぼんやりと浮かび上がる黒い影。
     
それは自分の股間で、もぞもぞと忙しなく頭を動かしている。
     
「起きるに決まってるだろ・・・っ疲れてるんだから、寝かせろよ・・・!!」
     
「えー・・・やぁだー」
     
布団に入り熟睡していた自分を起こしたのは、アルコールの香りを身に纏い顔を真っ赤にし呂律の回らない幼子のような話し方をする自分の妻だった。
     
「(う・・・酒くさい・・・)」
     
どれくらい飲んできたのかは分からないが、乱れた呼吸からはかなりのアルコールを感じられる。
     
妻は酒に弱くはないが、特に強い訳でもない。
     
会社の飲み会でもあまり深酒はしないし、ましてやこんなにべろべろになって帰ってくることは年に一回あるかないかくらいで・・・
     
ふと、心当たりがあることに気がついた。
     
「(あー・・・ストレスか・・・しばらくご無沙汰だったしなぁ)」
     
最近お互い残業続きですれ違いの生活が続いていたせいか、夫婦の営みもろくに出来ていないため己の性欲は爆発寸前だったりする。
     
どうやら妻も同じ気持ちだったようで、アルコールが入って気持ちが大きくなってこうして自分を襲い・・・そう、夜這いをかけたということになる。
     
しかし生憎明日も平日、おそらく残業になる。
     
それを見越して今日は妻が帰ってくる前に就寝していたというのに、こうして強制的に起こされてしまったというわけだ。
     
「んんん・・・」
     
もごもごと口を動かす妻が加えているのは、寝巻きと下着を引き摺り下ろされて剥き出しになった自分の肉棒。
     
妻の口から溢れる涎が竿を伝って玉へと流れ、布団が濡れるのを防ぐように真っ赤な舌を這わせ自らの唾液を絡めとり、再び先端を口に含む。ゆっくりとした動作。それの繰り返し。しかし欲求不満だった肉棒にはそんな単純な動作だけでも火をつけるには十分だった。体は疲れているにも関わらず、むくむくと固く大きくなる己の分身。先程まで現状を冷静に分析していたというのに、性欲とはなんと恐ろしいことか。硬くなった肉棒を満足そうに見た妻は、次に自分の涎をべっとりと白く細い指に絡め、にんまりと笑った。
     
「寝てていいからぁ・・・下半身だけ貸してぇ?」
     
カーテンの隙間から差し込む月の光が、自分に跨り、足を広げ自ら秘部を晒し―――ギラギラと欲に塗れ、妖艶に舌舐りをする妻の顔を照らした。
     
「下半身だけでいいのか?」
     
自分でも意地の悪い問いかけだったと思う。
     
幸いなことに妻の恥部は恥ずかしいくらい愛液を溢れさせている。そそり立つ肉棒の先端を少し擦りつけるだけで、透明な糸を垂らし己とを繋ぐ。騎乗位の体勢ではあるが、足を左右に開いているせいで恥部が丸見えだ。陰毛がないわけではない―――が、酷く薄い。営みをするにあたっては非常に好都合だが、こうやって肌を合わせる場面で直視すると、なんだか妙な罪悪感に包まれる。顔つきは立派な成人女性なのに、幼さを感じさせる生殖器。アルコールのせいでほんのりと色付き火照った体を慰めるために、疲れきった旦那の雄を求めるとはなんという痴女だろう。堪らない。
     
いやらしい女だ、と唾を飲み込む。
     
どくどくと脈打つそれを入れようとする妻の手を乱暴に引き剥がし、白く柔らかい太股を鷲掴みにした。
     
そして、え、と一瞬口を開いた妻の回答を待たずして、愛液を押しやるように、固く猛った肉棒を突き刺した。
     
「あ・・・・・・ああああああっ、い、いいっ・・・すごいぃぃぃぃいいいっ」
     
妻はたった一撃で愉悦の声を上げた。
     
ずんずんと突き刺し、腰のバネを使って入口ぎりぎりまで持ち上げ、再び最奥を責め立てる。
     
「いいっ、あ、そこ・・・っいい、いいのぉ・・・っ」
     
「俺の下半身だけで、ここまでできたかぁ?」
     
「あああっ、いい、すごくっ、気持ちいいっ・・・ああ、っ」
     
絶景。
     
あんあんと喘ぐ口からはだらしなく涎が溢れ、頬を伝い胸を汚す。
     
体が上下するたびに、挿入された肉棒をきゅうきゅうと締め付け今にも果てそうなほどぶるぶると体を震わせている。
     
小さいながらも揺れる乳房、その先端はぴんと尖っていて、空いている片方の手でくりくりと弄ってやれば一層高い声で哭いた。
     
「ああっ、ああっ・・・いい、気持ちいいっ、おちんぽ気持ちいの・・・っか、かたくてっ、おっきくて・・・っ、いい、いいのぉ・・・っす、すごいぃぃ・・・っ」
     
「おいおい、自分で襲っておいて、やり返されても気持ちいいなんて、とんだ淫乱だな」
     
「いいっ・・・そ、そんなのじゃ・・・な・・・あっ、いい、いいっ、あ、んぅっ・・・ああっ、ああっ」
     
「ほんとはこうされたかったんだろ?」
     
腰を固定しぐいんぐいんとグラインドさせてやると、髪を乱し天を仰いだ。
     
「ああああああああああああっ、だめぇ、それっ、だめぇぇぇぇっっ」
     
涎か、汗か、涙か、それとも愛液か。
     
飛び散る液体に構うことなく、グラインドさせていた腰をさらに激しく打ち付ける。
     
「あああっ、あう・・・っああっ、いい・・・っ」
     
既に悲鳴に近い喘ぎ声は、かすれ始めている。
     
苦しげな表情が堪らない。が、燃えるような蕩けた粘液に包まれたままずっと律動を続けていたせいで、早くもイキそうになっていた。自分はイク寸前だというのに、未だ快楽に喘いでいるこの雌の性欲はどこまで果てしないのだろうか。
     
正直、入れているだけで出してしまいそうな締めつけで、うっかり気を抜けば暴発しかねない―――なんて気持ちの良いおまんこだ。このままずぼずぼと抜き差しして、永遠に快楽を味わっていたい。しかし、高まる肉棒に抑えなどきくはずもなかった。
     
「ああ、もう、出そうだ・・・中に、だしていいか?」
     
「あっ、っだめ・・・中は、だめっ」
     
慌てて腰を引きにかかる。
     
が、そんなこと許さない。くびれた腰を掴んでぐっ、と引き寄せ、先程よりもずっと奥をぐりぐりと刺激する。
     
「あ‥っああ・・・っ」
     
「子供、欲しいだろっ?孕めよ・・・っ」
     
ずぶずぶっ、と強烈な刺激に、つい、射精してしまう。
     
「んんんんっ、いぃ、熱いぃぃぃ・・・っ」
     
「抜くなよ、全部受け止めろ・・・っ」
     
「あっ、ああっ・・・ああ、ああっ、あん・・・っ」
     
噴射した精液が子宮にどくりと流れ込む感覚を味わっているのだろう。
     
恍惚の表情を浮かべながらおまんこの奥で熱い液体を受け続ける姿は、もはや知性を感じさせない、ただの雌猿だ。
     
だらりと舌を出し、腰をビクつかせ、絞りだすかのように性器を締め付けている。
     
「ああ・・・っ」
     
ひとまず精液を注ぎ終え、少しばかり小さくなった肉棒を引き抜くと、名残惜しげに引かれた糸がぶつんと切れた。
     
「ああ・・・・・・気持ちいい・・・っんんん、中にだしちゃったの・・・あふれそう・・・」
     
鎌首の形に開いたままの割れ目から、白濁がどろりと溢れた。
     
そして、中にだした、と自覚したとたん、己の雄が再び昂ぶり始めた。
     
くったりと力の抜けた妻の体を布団に押し倒すと、問答無用で、未だ痙攣を続けている恥部に肉棒をめり込ませた。