混浴温泉での出来事(1)

私(妻)42才 夫45才の夫婦です。
夫は温泉好きで一人で温泉巡りをしていましたが、子供が大学へ進学し
夫婦だけの生活になると、私も夫の温泉巡りに一緒に付いて行く様になりました。

山間の秘湯(混浴)に行く事が多く私は、この年になっても恥ずかしい気持ちが有りました。

しかし、ある程度慣れてくると恥ずかしさも少しずつ和らいでくる物でした。


そんなある日、山形県のとある混浴に入ると男性が数人、先に入っていました。
脱衣所で裸になり前をタオルで隠し浴槽に入ろうとすると、夫がここはタオル禁止だからと、私のタオルをはぎ取りました。
男性達からの視線を感じましたが、不思議なもので私の気持ちは鼓動が高鳴りました。

そのころ、栃木県塩原温泉のある共同浴場に行く様になり駐車場に車を止めて
徒歩15分ぐらいで、混浴露天風呂に着きます。
温泉の脇には川が流れ、林の中にポッントたたずむ風情のある温泉です。 
温泉に着く時間は、夜9時頃になるのですが、街灯も無く懐中電灯を照らしながら
川沿いの道を歩っていきます。
浴槽は30人ほど入れそうな大きな浴槽です、湯量が豊富で上から落ちてくるお湯の音で会話も聞きずらいほどです。
暗黙のルールのようで、懐中電灯は脱衣所までで浴槽までは、ほとんど見えなくゆっくり歩きながら浴槽へ入ります。
浴槽は月明かりが微かに差し込むだけで、ほとんど見えず目が慣れてくると人影が少し見える程度です。

お湯は少し温めの温度で、気持ちよく入れる温泉でした。
この日は、10人ほど先客がいたのですが、主人は若いカップルが入って来たのを
見るなり、私から5メートルほど離れているカップルの近くに行ってしまいました。

夫が私から離れると、誰かの足が私の足に触れ、足を延ばした時にでも触れたのかなと思ったのですが、それから数分経ったころに人の気配を感じました。
誰かが近くにいる感じがすると、私の太ももを手でさすってきました。
相手は私が抵抗できないのを知っているかの様に、その手は胸に移り優しく乳首を転が
す様に触ってきました。
不思議なものでこの時、私は次に起こる事を想像してしまい興奮してしまいました。

すると男性の手は、私のクリトリスを探し当てると刺激が始まりました。
私は、誰なのか分からない男性に触られているのにも関わらず感じ始めてしまいました。
男性の手は容赦なくバキナへと入ってくると私のGスポットを刺激され
オルガズムに達してしまい、私は無意識に男性のペニスを握りしめてしまいました。

すると男性が、私の身体を回し浴槽のふちに私の手が付くように体制を変えられ
私の体は男性に背中を向ける形にされると、男性の物が私の中に入ってきました。
浴槽の中なので激しい運動は出来ないのか、大きなペニスが私の中でゆっくりと動き脈打ち始まました。
私は、声を出すのをこらえて5分ほど経つ私は果ててしまいました。

すると男性は、浴槽のふちに座わり、私にフェラを求めてきました。
自分でも不思議なのですが、私は抵抗無くフェラをしていました。
私は、主人が気になり周りを見渡すと、男性がご主人は打たせ湯に居るから大丈夫だよ!とささやくと、私の手を取り浴槽からあげると、座位の体制となり
私は男性の首に手を回すと、男性は私の腰に手を回してくると
私は男性へキスを求めてしまいました。すると男性は私の耳元で「奥さんのオマ〇〇コ最高だよ!気持ち良いよ!」「いきそうだ!出していいいか!」と
私は、リングを挿入し避妊をしている安心感からか「良いよ出して!」
すると男性は、直ぐに果ててしまい「ありがとう、気持ち良かったよ!」
男性が私から離れるとしばらくして、主人が私のところへ戻りカップルの女性の胸を見たと喜んでいました。
当然ですが、私はこの事を主人には話す事も出来ずに帰宅しました。

帰宅してから主人は疲れたのか、すぐに就寝してしまい
私もベッドに入り寝ようとしたのですが、興奮が収まらず下着の中に手を入れて、
あそこを指で触るとヌルヌルする物が!私の愛液なのか?男性の精子なのか?指の臭いをかぐと、男性のものでした。
横で寝ている主人を見ると熟睡しているのを確認し寝室にあるバイブを持ち出してリビングへ移動し、AVを見ながらバイブを挿入しオナニーをすると直ぐに果ててしまいました。バイブには男性のものが付いていて、あそこもティシュで拭うと男性の臭いのするものが沢山ついてました。