山の中の露天風呂でのハプニング

山登りが大好きな女友達3人が集まり、長野県の山に行った時の話です。
目的の一つに登山途中にある山の中の露天風呂に入ることがありました。
紅葉の季節は混むということで、9月の平日に決行。
女3人おしゃべりをしながら、ゆっくりペースで登山道を登り、目的地の露天風呂に到着しました。
シーズンオフの平日ということもあり、登山道ではほとんど人がいなかったのですが、
露天風呂には先客がいました。
’残念だけどパスしよう’と私ともう一人の友達は言ったのですが、A子だけが、
せっかく来たのだから入ろうと譲りません。
先客を見ると若い男の人でした。
オジサンなら絶対パスですが、イケメン風の若い子ということもあり、2人も勇気を出して入ることにしました。
’こんにちわ。ご一緒してもいいですか?’
’あっ、は、はい’
男の子は少し驚いている様子でした。
囲いも何もない6人ぐらいが入れるお風呂があるだけの自然の中で、A子はためらいもなく脱ぎ始めました。
2人も周囲を気にしながら脱いでいると、A子はタオルも付けずに、’失礼します’と言って、
湯舟に入りました。2人はさすがにタオルで隠しながら後に続きました。
男の子を見ると少し緊張した様子で、真っ赤な顔をしていました。
高校生ぐらいかと思ったけど、話を聞くと大学生でよく一人で登山をするとのこと。
山が目の前に広がる解放感あるお風呂で、女3人話が弾み結構長風呂になって来ました。
それまで大人しくしていた男の子が、
’じゃあ、失礼します’と言って風呂から出ようとしたところでハプニングはおきました。
立ち止まったかと思ったら、何と仰向けに倒れこんでしまったのです。たぶん湯あたりによる貧血です。
’キャ~’倒れ方がひどかったので、3人は悲鳴を上げました。
’大丈夫ですか?’すぐさま3人は近寄ったのですが、目のやり場に困りました。
おチンチンが丸見えなのです・・・
顔はかわいいけど、下の方はご立派そのもの・・・
しかも、勃起している・・・
3人は急いで、私のタオルに水を浸し、男の子の顔に当てがいましたが、意識が回復しません。
水を顔にかけ、体をゆすると、おチンチンも左右に揺れていました。
数分後、やっと意識が戻りました。
目を開けると、一瞬状況が把握できなかったようですが、裸の女3人に囲まれているのがわかると、
私のタオルでおチンチンを隠し、’すみません’。
’大丈夫ですか?’
’だ、大丈夫です。’と私達の方を見回しました。
その時、私も我に返って羞恥心でいっぱいになりました。
女3人、しゃがんで介抱していたので、こちらも丸見えなのです。
私ともう一人の友達は、手で胸を隠し、足を急いで閉じましたが、A子は隠すこともせず、
男の子の頭を両手で抱えて、男の子の上半身を起こしました。
’大丈夫?立てる?’
男の子は、A子に支えられながら立ち上がり、’もう、大丈夫です。本当にすみませんでした。’

この山旅の間中、このハプニングの話題で女3人盛り上がったのは言うまでもありません。