友子の不倫告白 改訂版

第1章.妻の紹介と出会い…結婚に至るまでの経緯
長文で失礼します…私は上条マサル30歳・妻の友子27歳結婚して1年近く経ちました、そろそろ子供も欲しく成り…妻と中出しSEXを始めました。

知り合った当時の妻の名は太田友子…会社の取引先の関係で彼女の居る職場に出入りしていた時に笑顔でお茶を出してくれたの女性社員が友子でした…そこで私が一目惚れをしてしまい…猛烈アタックの結果…交際が始まりました…

私は友子に夢中になり毎日逢いたくて…お互い仕事が終わると毎日の様にデートを重ねて…仲良く成り交際僅か2週間目で肉体関係も…彼女の告白によれば今までの男性経験人数は私を入れても3人だと…SEXする前に彼女から告白されました…

私は素人童貞ですが風俗は結構好きでした…初めて彼女とSEXした時の感想はと言うと…私を含め経験人数が3人の割には…彼女の女性器は結構見た目もグロくて…私の陰茎(長さ13cm太さ4cm程度のチンポですが)を挿入しても…余り締りが無くて緩い感が有りました身長も168cmと高めで結構大柄体系ですし膣が深い女性だと思いました…


それに其の時は私の物が粗末だからなんだと思いました、彼女は優しくて美人で結構スケベ女でSEXも私のプレイ要求に嫌がらず一生懸命応えてくれていました…まあプレイといっても風俗でしていた普通のフェラやエロエロ泡プレイ程度ですが…アソコの締まりは唯一の不満点でした…

でも彼女と別れたら2度と女の子とは縁が無いと思い…当時私は結婚を焦っていたのでしょうね…彼女に婚約の話しをしようとすると…彼女には最近まで4年間交際していた彼氏がいた事と…妊娠してしまい彼氏との子供も堕ろした経験が有ると言う事を正直に私に告白してくれました…

私は凄くショックを受けました…がしかし、言わなくて良いのに正直に話してくれた事と当時私は本当に彼女を(本当は胎堕の経験が気に成りましたが)愛してました。

私「過去の事は気にしないで良いから…」と私がプロポーズし、交際3ヶ月での超スピードで結婚しました…今思えば…プロポーズを受けてくれた嬉しさ半分…妊娠させた元彼に対する悔しさ半分と言った所でしょうが…今まで1年近く何事も無く平穏に夫婦生活を送っていました…

第2章.慰安旅行...妻が視姦されて…

しかしここ最近…妻友子の下着が派手に成って…残業だと言って帰りが遅い日が有りました午前様の日も有ります…連絡が全く付かない日も有るし…


ある日妻が携帯を忘れて行ったので悪い事ですがメールを覗き見ようとしましたが、きっちりオートロックを掛けています、少し前妻の会社の1泊慰安旅行が有りました…妻の変化に気が付いたのも旅行から帰って来た後でした私は少し妻の不倫を疑いましたが…

まさかこんな事に成ってたなんて…妻の行っている会社は中々の中堅企業で妻の部署は営業で主に事務です所謂OLをしています。

急な結婚式にも妻の上司や同期の女の子が沢山出席してくれたのを覚えています妻の同期の女の子独身で仮にA子としておきます。

A子さんと私は何回か逢った事は有りますが妻の会社内で会っても挨拶する位の仲でした、妻が留守の時家にA子さんからTELが有り私が妻は留守だと伝えるとA子さんは私に用事が有る様で何か言いたげでした…

私は最近の妻の様子が変なので…もしかしたら妻に何か有ったのか?ふと頭に過りました、因みに妻は身長168cmで体重58kgB92cmのFカップで巨乳です少しポッチャリですが、決して太くなく腰にくびれも有り脚も長く美脚ですし…色白で顔もセレブ風な感じで美人な方だと思います。

私は情報を得る為に…A子さんに「妻に友子に何か有ったのですか?」と電話越しで質問するとA子さんは「今は言えません…上条さんに渡す物が有るから…」と言うのです。

近所の駅まで受け取りに行きましたA子さんは私にDVDを渡し何も言わずに帰って行きました…家に帰ってDVDをドキドキしながら再生しました。

まず妻の会社の部所の慰安旅行の宴会の模様が出ていました結婚式で見た事の有る妻の上司や社員さんが30人位いました。

大宴会場でしょう大広間です…皆が良い感じに酔っているみたいです…カラオケで歌っている人やコンパニオンとじゃれ合っている役員風の偉いさん?が順番に映されています。

次に妻の姿が写りました…その姿は…浴衣姿で女座りをしています隣の女性と何か話をしている様でした…

妻は酔っているのか?なぜか浴衣が脱げそうな位に肌蹴てて…下半身は、と言うと…浴衣の裾部分が完全に捲れ上がり生脚が太腿まで露出され白いパンティーがチラチラ見えています。

妻は撮影に気がついておらず両の脚を横に投げ出した感じの女座りで…時折膝部分だらしなく開いたり閉じたりしていました…ムチムチした色っぽい白い生脚の…太腿部分がモゾモゾ動く度に股間のVゾーンの辺りが完全に映されていました…しっかりアップで盗撮されていました…

そして上半身は浴衣が肩まで脱げていて豊満な白い胸の谷間が見えてしまっていました…私はビックリしました…

妻はなんとノーブラでした・・・撮影者の男に豊満な胸の谷間をちゃっかりアップで盗撮されていました…時折少しピンク色の乳輪部分がチラチラ見えていますもちろん乳首部分もアップで撮影されています…

画面が切り替わり…今度は妻方向から周りを撮影している感じです…数人の男が映されています…数人の男の目線をカメラが辿るとやはり妻に向けられていました…

確認の為か数人の男が妻の後ろを通ったり妻にお酌をしたりして妻に近付きます順番に男達が妻の股間や胸元をガン見している様子が映されています…それでも妻は浴衣の乱れを直そうとはしません私は「隣の女性も指摘したら良いのに」と画面に向かって言いました。

私は妻は視姦されているのに気が付いてるのかな?と思った時画面が段々妻に寄って行きます男の声で「上条さん…写してますよ~」と聞こえます。

妻は我に返ったのか?「えっ?キャーはずかしー」と乱れた服装を直しています相当酔っているようでした、とりあえず宴会の場面が終わりました…DVDにはA子さんの姿は写っていませんでした。


第3章.旅行で妻が元彼と不倫…


私はお酒の席だし妻の痴態も何だ之くらいならと安心していました…場面が変りました、ホテルの部屋の中みたいです妻が浴衣姿で椅子に座っていますカメラは固定されているようでした、妻はうつむきグッタリしている様子です。


社員の男が妻を介抱しているみたいでした、ところが急に男が後ろから妻に抱きつきキスをしています…羽交い絞めの形ですね。

妻は「アンッ…タケシ~キスだめえー」と言いながらも舌を男の舌に絡めています男が浴衣の隙間から手を差し込んで妻の胸やお尻を触り出しました…

妻もそれ程は嫌がらずに妻「触らないでーもう独身じゃないから…タケシとは最後までは…無理…無理」と言いながらもハアハアと吐息を漏らして興奮しています…まんざら妻も感じているようでした…

とうとう男が自分の肉棒を妻の口の前に差し出しながら言いました。

その肉棒は…私の陰茎よりも…画面を通して見てもおよそ倍は大きいです。

「人妻のフェラテク見せてよ~」

「会社で毎日…昨日も休憩室でフェラしてくれてたでしょ?」

「最近まで俺の肉便器だったのに…他の男と勝手に結婚して…」

「結婚する前は…変態であんなにSEX好きだったのに…」


「お前の体は…俺のチンポじゃねーと満足させられないんだよ~フェラテクも俺が仕込んだんだぜ?」

「宴会場で他の男に見られて興奮してたんだろ?アソコ濡らしてたんだろ?」
とか男に言われています…

私は直ぐに、この男が妻の話した元彼のタケシだと理解しました場面が変わりました…

妻が元彼の陰茎を激しくフェラをしているシーンがアップで映されていました…

それは「ジュボ・ジュボ・ジュボ」と私にはしてくれた事が無い位の激しくてまさしく…プロ並みのフェラでした…結局妻は口内射精されていました。

元彼の声が解説みたいな感じで…いや完全な私に対する挑戦?いや…解説音声として入っていました。

「旦那さん見ていますか~?貴方の奥さんの友子は超淫乱女なんですよー」

「友子は貴方と結婚したのに…頼むと今でも会社でフェラ抜き位してくれるんですよ~3日間洗って無いチンポでも即尺してくれますよー」

「貴方の奥さんの友子はガバガバでユルユルの太平洋マンコでしょ?」

「大事な奥さんの友子のマンコにガバガバにした犯人は俺ですよ~」

「知ってましたか~?友子は俺の子供堕ろしたこと有るんですよ…」

「今から奥さんと久しぶりにSEXします勿論生中出しですよ(笑)友子が俺の子供孕んだら頑張って育てて下さいね~」

妻はカメラの存在に気が付いていない感じで…激しくフェラを続けていますこんな激しいフェラ私にはしてくれた事が無いです。

元彼が「旦那のとチンポどっちが大きい?と聞くと」

妻は「こっちのがおっきい~早く欲しいぃタケシの~挿れて欲しい~」と巨根をフェラさせられて酔っている事も重なって?スイッチが入ったのでしょう…

妻は自分から元彼に挿入をおねだりしてました…元彼が妻のおまんこに指4本ぶち込んで掻き混ぜてます…

ビチャ・グチョ・ビチャ・ピチュ…と大きな厭らしい音がしています…

視姦の影響か?妻のオマンコは既に洪水状態でした…

そして妻は自分でベッドの上でM字開脚に成り小陰唇ビラをガッチリと拡げて…

妻「早くぅ~ここに…挿れて~タケシのオチンチンで友子のオマンコ奥まで掻き回して~ここのっ…メス穴っ…メチャクチャに…掻き回して欲しいの~」と叫んでいました…

また場面が変わり…多分カメラアングルの変更の都合でしょう…今度は騎乗位で下から友子は元彼にメチャクチャに突き上げられています。

妻は「凄いっ…奥に当たる~タケシ~久しぶり~気持ち良いー逝きそうー」など言いながら妻は逝き狂っていました…

元彼のタケシは騎乗位や正常位やバック等をして、最後は堂々と中出ししていました…これから内容も詳しく書きます。

第4章.妻の告白…元彼タケシ

私は妻にDVDの事言えず数日間…悶々としていました。

妻が旅行から帰って来てから初めての中出し…子作りSEXの最中私は妻の中にペニスを突き入れながら私は「愛してるよ…俺友子の事本当に愛してる」と優しく言いながら…妻の子宮に初めて自分の精液注ぎ込みましたふと妻を見てみると妻の顔は涙で濡れていました…私は妻に「如何したの?」と聞くと…

妻は「ごめんなさい私…マサ君のこと裏切ったの…旅行の時…元彼とSEXしたの…」と泣きながら話してくれました…

それはA子さんから受け取ったDVDを見て知っていますが…私は知らない振りをして興奮を隠しながら優しく妻に言いました。

私「怒らないから…正直に全部…話してごらんと…」

妻は泣きながら元彼の「タケシ」の事を全部話してくれました。

元彼・加藤タケシとは会社で妻とは同期入社で知り合い交際が始まりました…

妻は美人ですので、会社の中でも男性社員から人気者らしく既婚者の課長や部長までも妻に交際して欲しいと声を掛けてきたそうです妻は22歳まで処女だったそうです。

つまり加藤が妻にとっての初体験の男です…妻の話によると加藤はSEXのテクニックも有り巨根でした。

妻は完全に加藤の虜に成ったそうです、普通に男女交際していたのは最初の1ヶ月位までで、肉体関係を持った後は会社の中で昼休みとかに、毎日屋上でフェラさせられたり身障者用トイレの中でSEXしたりしていたそうです。

加藤はイケメン君でスケコマシで会社の中の綺麗どころは皆タケシに嵌められて食われているらしいです。

妻も4年程肉便器にされて1000回以上元彼のタケシに嵌められて…アソコが緩く成るとタケシは新入社員の女の子に走ったようで妻は捨てられた形です。

妻が加藤に「別れたく無い…タケシの事…愛してるの…」と言うとなんと加藤は「お前のガバマンもう飽きた」と言ったそうです…それが切っ掛けで妻は自暴自棄に成ってしまいその後…既婚の禿げ部長とも何回も肉体関係を持ってしまったそうです。

それが妻の2人目の男です其の禿げ部長は結婚式でスピーチまでしてくれた人です、複雑です…私はA子さんは加藤と関係したの?と妻に聞いてみるとA子さんは現在加藤と交際中らしく私は何故DVDをA子さんが私に見せたか解りました。

おそらく妻に加藤が盗られるのを心配したのでしょう…1年前、友子と私が知り合い早々に結婚しました。

その結婚が決まった頃に加藤が…友子に「よりを戻したいと」言って来ましたが妻はキッパリ断ったそうです。

しかし妻の弱みを全部知っているタケシは妻ともう一度SEXするチャンスを伺っていたのです。

それが社員旅行だったのです、友子はお酒に弱く直ぐ眠たく成り気が緩んでしまう所が有ります。

妻が言うには「タケシとの始めてのSEXもお酒の席の後で妻が泥酔状態のまま処女を失った形に成った」と告白されました。

加藤が今年の旅行の幹事でビデオ係も自分から進んで行い、妻を自分の物にする計画を立てたのでしょう。

私は妻に「結婚前に話してくれた子供堕ろした相手って…加藤との…?」と聞くと…

妻は「うん・そうなの彼が結婚してくれると思ったの…でも…妊娠が判明したとたん…タケシ…段々…冷たく成ったの…」

酷い男です、私は妻の頭を優しく撫でながら「友子…正直に言ってくれて有難う」と言いました。

しかし私は興奮したのか?「1年ぶりのタケシとのSEX良かった?」と妻に少し意地悪な質問をしてしまいました…

少し驚いた表情を見せましたが…妻は顔を赤らめて…少し目を伏せました…

妻は私に「怒らない…本当に怒らない?」と何度もしつこく確認して来ました…

私はドキドキしながら妻の手を握り締めてから「怒ら無いから…その内容も全部…正直に…話してくれ…」

妻「貴方…御免なさい…最近まで…フェラだけは会社でしてたの…タケシと交際してる時のHな写真とかハメ撮り写真が…旅行の1ヶ月前からタケシが…ワタシに見せて来て…それをネタにタケシに脅されてたの…」

私「酷い奴だな…それで旅行の時の1年振りの元彼とのSEXは如何だった?」と私は知っているのですが…妻の口から直接…聞きたくて…

そして私は興奮してしまい…手放し状態にもかかわらず…それもさっき妻の胎内に射精したばかりなのにもう復活してビンビンの勃起状態です…

妻「うん・凄く良かったの…タケシの大きいオチンチンがワタシの膣口を一杯に拡げて…ゆっくりと挿って来たの…膣のお肉も擦られて…奥の奥まで…突き上げられて…マサ君のオチンチンとは感覚が違うの…何回逝ったか分らないの…」

私「僕のチンポと如何違うの・・・?」

妻「怒らないでね…本当はね…ワタシ…膣が深いから…奥のポルチオが凄く感じるの…子宮口をね硬い亀頭でグリグリ擦られるのが…好きなの…元彼に指を挿れられてる時…それを思い出しちゃって…正直もう我慢出来なくて…」

妻「マサ君…もしかして…勃起してるの?興奮してるんだ?」

私は妻にMな性癖が有る所を見抜かれたのか?と焦りました…

私「いや…ちゃんと真実を…知りたいだけだから…」

妻「あれ?マサ君いつもは一回出しちゃうと萎えちゃうのにオチンチン今日はなんだか…元気だね?まだピクピクして我慢汁出てる…」

私「いや今は…友子が僕の物、優しく握ってくれてるから…」と興奮してるのを誤魔化します…

妻「それなら…全部話して…上げようかな?」と妖艶な物越しで言いました…

友子はこんなに妖艶だったのか…?と私は思いました…そしてやっぱり妻には私のM性を見抜かれてたようです…これで攻守の立場が逆転してしまいました…

私「奥まで届か無いもんね…この僕の短いチンチンじゃ…友子の膣道は深いからね子宮口を…亀頭の先っぽがなんとか…掠める程度だから…友子だって…本当は感じて無い?」

妻は悪戯っぽくフフ…とほくそ笑みながら…急に上から目線に成り…私の陰茎の根茎ギュッっと強く手に握り持ち…数回上下に扱きながら、パクッっと亀頭を口に咥えて舌でクチュ・クチュとカリ周りを舐めてから…チュポンと大きな音を鳴らして口から出します…

妻「大丈夫よ…マサ君の事…愛してるから…この短いオチンチンでも、ちゃんと感じるんだけど…タケシのオチンチンとは…感じ方が違うの…凄いの…おっきいの…500mlのペットボトル位長いの…」

友子が言った「短いオチンチンでも…」の言葉が私の胸にグサリと突き刺さります…やっぱり膣の深い友子にとっては、私のサイズでは短い部類なんだと…

私「500mlのペットボトル?元彼の物ってそんなに大きいんだ?友子は本当は大きいペニスが感じるんだ?」

妻「あのね…オチンチンの大きさや硬さも凄いけれど…タケシは言葉攻めが上手なの…旅行の時だって…自身タップリに貴方とのSEXの違いを言ってくるの…でもその通りタケシが簡単に出来ちゃうの…それが余計に興奮して…ワタシおかしく…成っちゃったの…」

私「・・・・・・・・元彼とのSEXそんなに…良かったの?詳しく教えて…」

妻「…良いの?絶対…怒らない?聞いたらショック受けるよ…マサ君大丈夫かな~?」

私「…大丈夫だから…全部…詳しく細かい内容までも…全部聞かせてくれ…」

第5章.元彼とのSEXを聞いて…

これからDVDの内容と友子の告白を混ぜながら再現して詳しく書きます先ずは正常位挿入からでした…フェラの後…最初は挿入を拒んでいた妻でしたが…

正常位でベッドの上で脚を開かされて…元彼に亀頭をアソコの入口に当てられている様子が真上から映されています…

友子「あ~ん…タケシ…生でオチンチン挿れちゃ~駄目だよ~避妊しなきゃ…」

加藤「何言ってんだよ…何時も生挿入だったろ?生チンポの方が気持ち良いって…何時も友子が言ってたじゃ~ねーかよ…」

友子「生わぁ~気持ち良いの…分ってる…けど、もう結婚してるの~今のワタシには…主人が居るから~ちゃんと…ゴム付けて…」

加藤「うるせえよ…友子…亀頭の先っぽが…もう挿ったぜ…ナカがもうトロトロに成ってるぜ?ツユだくだから、痛く無いだろ?」

友子「あはっ~ん…はぁっ…あ…そうじゃ無くてぇ~タケシ駄目だって…生で挿れるのは…駄目~」

加藤「取り合えず…1年振りの友子マンコに…俺チンを半分だけ…挿入っと…」


友子「ああ~半分でも…もう先っぽが…子宮口に…当たってるよぉ…あはっ…んはぁ…んはっ…ぁぁぁ~駄目ぇ~」


加藤「おお…友子のナカ…あったか~い…ヌルヌルしてるぜ…ホ~ラ…友子よ…見てみろよ?俺たち1年振りに繋がってるぜ~」

友子「あんっ・あんっ~主人のと違う元彼の…生のオチンチンが…挿いっちゃてるよ~」

加藤「取り合えず…亀頭と竿の半分だけしか…挿れて無いんだぜ…」

友子「半分だけの挿入…でも子宮にちゃんと当たるぅ~やっぱり…タケシのおっきいよ~」

加藤「旦那のチンポは友子の子宮にちゃんと届くのかよ?」

友子「全部挿れたら…なんとか…届くよ~」

加藤「え?旦那のチンポ長さは俺チンの半分位かよ?じゃ~旦那は粗チンかよ?」

友子「粗チンじゃ~無いよ主人は普通だよ~タケシのが大き過ぎるんだよ~」

加藤「じゃ~友子は俺チン半分だけの挿入で…満足かよ?違うだろ?」

友子「違うけど…もっと…奥まで…欲しいけど…でも…ゴム付け無いと~」

加藤「ゴム付けさすなら…止めた…止めた…もうチンポ…挿してやら無いぜ?」

友子「抜いちゃ~嫌だぁ~もう…生のままで良いからぁ~オチンチン奥までぇ~欲しいぃ…」

加藤「じゃ~昔やってたみたいに・・・俺チンをオネダリ・・・してみろよ?」

友子「早くぅ~ここに…スブッて…オチンチン挿れて~タケシの硬いので友子のオマンコの奥まで掻き回して~ここのっメス穴っ生チンポでぇ~メチャ・クチャに掻き回して欲しいの~」

加藤「ここの穴って何処の穴だよ?俺に…ちゃんと説明しろよ…」

友子「このっ…友子の自分でクパァって…拡げてるっ…ビラビラ…のナカのぉ~膣口にぃ…オチンチン挿れるのぉ…メス穴…ここっ…ドロドロの~この膣穴なのぉ~」

加藤「もう膣穴がドロドロか?…友子の体は…正直だホ~ラ…もっと股拡げろよ~奥までズッポシと生俺チンポ…挿れちゃうぜ~オリャ~ズブブっ…」

友子「そぉ~挿いってるぅ~おっきいタケシの生オチンチン~奥のコリコリ当たってるぅ~子宮頸部が奥まで…押されて…んはぁぁ~やっぱり…主人のとおおきさが全然…違うよ~気持ち良い~」

加藤「ほ~ら…友子は…奥の子宮頸部のコリコリした所…メチャ・メチャに突かれるの…好きだったろ?パンパンパンパン・・・・・・・・」

友子「あぁ~ん…駄目ぇ~オチンチン動かさ無いで~もう逝く~逝ちゃう~其処の奥はそんなに強く突いちゃ~駄目ぇ~」

加藤「…お~お…昔よりも膣がピクピクして一応は締まるじゃん?1年間…俺とSEXして無いから旦那のSサイズに…成ってるぜ…良い締め付けだ~アソコのナカ(膣道)が昔よりも狭く成ってるぜ…なんだ…もう逝ったのか?」

友子「だって~だって…オチンチン…奥の好いトコに当たってんだも~ん…」

私と交際するまでの4年間殆ど毎日のように激しく嵌められていた元彼の巨根です…私の粗チンポよりも硬くて、巨大で、逞しくて、男らしい…巨大陰茎を友子の胎内の雌の部分が忘れられ無いのは…当然です。

加藤「友子のアソコは膣の浅い(お皿マンコ)のA子のと違って俺のチンポをズップシ奥まで深く挿れる事が出来るぜ…膣肉がドロドロで蠢いてお前のは…やっぱ俺のチンポと愛称ピッタシのメス穴だぜ…楽しめるぜ…」

友子「あああ~奥にっ…タケシのオチンチン良いのぉ…簡単に奥まで…膣の行き止まり…ソコまで一杯に届いて…ワタシの好いトコ虐めてるぅ~」

加藤「友子~可愛いよ~最高だぜ…子宮突かれて…よがってる時のお前の表情が溜まん無いぜ綺麗だよ…やっぱり俺の女に戻れよ~毎日可愛がってやっから…」

友子「遅いよ~も・もう無理なんだもん…ワタシもう結婚したんだからぁぁ~」

騎乗位に成り元彼は友子の腰を掴み持ち下からズコ・ズコと巨大なペニスを突き挿れ…グイグイ根本まで全部押し込みながら…これみよがしな態度で…

加藤「何でだよ~?俺の方が旦那よりも友子の事を…こ・ん・な・に…奥く深くまで愛して上げれるのに…」

友子「ああ~ん…もう…言わ無いで~ソコ…好いトコ…もっとぉ~激しく突き上げてぇ~イクッ・イクッ・イグゥ~」

加藤「今度はバックでやらせろよ?アソコのナカ掻き回して…しっかり俺の形にオマンコ戻してやっから…」

友子「あん・あん・あん…バックは良いけど…アソコの形…昔に戻すの?それは駄目だよ~主人に浮気ばれちゃうよぉ~」

第6章.妻の女性器は…
  
DVDの内容で元彼が友子のアソコの形を昔に戻すと言った話しを何度も言っていた事に対して私は興奮して…

私「そうそう…女性のアソコのナカの形って…普段SEXする男のペニスに馴染むと…形とか簡単に変る物なの?」と妻に変な質問をしてしまい…

妻は「マサ君…もう一度…オチンチン…挿れてみて…」とベッドの上で脚を拡げました「ホラ…よく見て…」と言いながら小陰唇のビラビラ肉を自分の指で開き拡げました…「ビチャッ」といやらしい音が聞こえました…私は勃起した陰茎を妻に挿入しました…

妻「マサ君…分る…旅行に行く前の日SEXした時よりも緩い感じがするでしょ?」

妻は元々緩いので余り分りませんので私は陰茎に神経を集中させてみました…

正直旅行以前よりも緩い感じがしますが、それは一度友子に膣内射精しているので…精液でヌルヌルしている事と…私の完全勃起してない短小ペニスのサイズ的な関係だと思いました。

友子の告白前も先程(旅行後初めての)SEXをしましたが…其の時は…悶々としていて…余り緩さとかは意識して無かったので正直余り分りませんでした。

一応自分の陰茎を完全勃起させる為に友子のドロドロの膣内に再び挿入します…

膣内で普段通り完全勃起しました…正直普段から少し緩いので…友子に言われて意識すれば…緩い感じが増えたかは?微妙な所です…

私「前と変ら無い?分ら無いよ…」と誤魔化す様に言いました…

妻「でも…今はもう…マサ君が思い切りオチンチン挿れてもコリコリ(子宮口)に…届か無いよね…?」

私「えっ?…そうかな?グイッ・グイ…これっならどう?…少しもコリコリに…当たって無い?」

妻「ごめんなさい…少しも…当たら無く成ってるかも…」

私は友子の子宮口に届くかどうか…確かめる為…出来るだけ…陰茎を深く挿入しようと根本までグイグイと強く押し込みました…

そういえば深く挿入すれば、以前なら亀頭の先っぽが子宮頸部を掠める位は当たりました…確かに子宮口にコツコツと軽くなら当たる自身は有りました…私の粗チンでも少しは友子の感じる場所に届いてた筈なのですが…

やはり旅行の時に元彼・加藤に巨根を挿入され滅茶苦茶なSEXをされてしまい妻の膣道のサイズが伸ばされているのでしょうか?…本当に今は少しも当たりません…そして妻は…淡々として…話し始めました。

妻「マサ君…元彼のオチンチンって本当に凄いのよ…ワタシの奥の子宮頸部に…マサ君の…オチンチンはなんとか届くとか届か無いって…そんな事を言うのとはレベルが違う話なの…先っぽの亀頭の所と竿半分だけで…マサ君のオチンチンよりもまだおっきいの…全部挿れ無くても…簡単にワタシの奥のイイトコ届いてたの…1年振りに…タケシに凄い太くて硬いので…マサ君のオチンチンが絶対に届か無い所まで…挿れらてね…」

私「えっ?僕の絶対届か無い所って?」

妻「子宮頸部の有るコリコリした所はマサ君…分かるよね?それより…更に奥の凹んだ所なの…膣口から…子宮頸部の奥に有る裏の凹みの辺りまでの膣内全部がタケシのオチンチンで埋まってパンパンに成って膨らんで…はち切れそうに成ったの…だけどね…そんなのね…まだ調教の始まりなの…」

私「えっ?調教ってどんな事されるの?」

妻「オチンチンの余ってる部分を根元まで全部使って…硬い肉棒を押し込んで来るの…ワタシの行き止まりの凹んだ所の肉壁を無理矢理引き伸ばすの…俺以外の男とSEX出来無い様に…オマンコ拡張してガバガバにしてやる…膣に仕様済みの烙印刻み付けてやるって言いながら…子宮頸部ごと潰すように硬い亀頭で奥まで全部押し込んで来るの…

私は大興奮状態でした…心臓の鼓動の高鳴る音が友子に聞こえそうな位ドキドキさせながら妻の友子の告白を聞いていました。

動画に戻ります友子がバックで元彼に突かれています「パン・パン・パン・パン・パン・パン」とピストンの音が部屋に響いています。

加藤「ああ、友子やっぱり…気持良いだろ~1000回以上嵌めてた…俺のチンポが気持良いだろ?正直言ってみろよ~」

友子「気持ちは…良いけど、もう…主人が居るからぁ~駄目ぇ~ん、あんっ…」

加藤「でも…当然俺のチンポ旦那より好きだろ?奥まで届くだろ?」

友子「おっきい…やっぱし…タケシのオチンチン凄い…奥まで…ワタシの好い所…全部…愛してくれるぅ~」

加藤「凄い乱れ様だな…友子…もしかして旦那の粗チンSEXじゃ~奥まで届か無いのか~全然満足出来て無いのかよ?」

友子「少しだけわぁ…子宮にぃ~届く…けどぉ…こんなに強く…奥に~ワタシの好いトコまで~絶対…届か無い~」

加藤「あ~なんだ…そんな役立たず粗チンの旦那と別れちゃえ…俺に戻れよ?」

友子「あああ…あんんっ…って!…もう無理だよぉ~あん、またイクゥ~」

加藤「残念Sサイズチンポの旦那とのSEXじゃ~こんなに逝かしてくれ無いんだろ?」

友子「わっ…わっかん無いよぉ~でもタケシのオチンチンの方が気持ち良いのは正直ハッキリ…分るよぉ~」

加藤「だったら別れろよ~?そんな粗チン旦那よりも俺の方が友子に合ってから…今日でナカ(膣道)の形も…きっちり俺と付き合って、開発されてた…昔の形に戻してやっから…」

友子「あんっ…あんっ…駄目ぇ~それは…浮気のオチンチンの形だもん…結婚したんだもん…ナカ(膣道)の形だって…トレーニングして最近やっと主人の大きさに成ったのにぃ~」

加藤「友子はこの俺チン好きだったろ?もう一度ナカ(膣道)に俺のチンポの形をしっかり…刻み付けてやっからよ」

友子「駄目だよぉ~主人と…これから…子供だって…作るんだからぁ~あ・あん~あん・あん…ナカ(膣道)の大きさ変っちゃったら浮気した事がばれちゃうよぉ~」

第7章.妻の裸体と胎内全部…

加藤「それなら…浮気チンポで突かれてるだけなのに…なんで…友子はこんなに感じてんだよ?乱れてんだ?」

友子「それわぁ~タケシに…弱いトコ突かれて…気持ち良過ぎるからぁぁぁ~」

加藤「へヘヘ…友子の…弱いの…奥の子宮口の出っ張りのコリコリ(ポルチオ)の所だったろ?俺チンでコリコリごと子宮も苛めてやっから…」

友子「あんっ…コリコリも子宮も苛めちゃ~駄目ぇ~赤ちゃん出来無く成っちゃうよ~今のワタシの子宮は~主人との赤ちゃん作る為に必要な場所なんだからぁ~大切なんだからぁ~」

加藤「本当は潰して欲しいんだろ?俺は友子の裸体の…頭の先から足の指の爪先までは…勿論…全身の黒子の位置や感じる所…隅々まで…マンコのナカの肉ヒダの数だって細かく言えるし…

子宮口の形や月経の血の味まで全部俺は…知ってっんだよな~色々な写真や動画も撮ったよな?友子よ…4年間で何回俺とSEXした?軽く見積もっても…1000回以上は嵌めてるんだぜ~俺が友子を調教して淫乱女にしたんだよ…肉壷ガバガバに開発したんだよ?孕んで子宮も種付け済みの中古品だしなあ~」

友子「やだぁ~子宮も中古品なんて…言わ無いで~主人に悪いからぁ~」

加藤「今のお前に旦那が居たって関係ねえ~友子の膣肉と子宮には…何度も俺のDNA情報がキッチリ刻み込まれてんだよ…」

子宮も中古品…私には凄いショックなセリフです、それと黒子の位置はともかくとして…勿論私は友子の膣内の…肉ヒダの数や子宮口の形まで当然知りません…元彼の加藤は友子の生理の血の味までも…知り尽くしている…多分裸体は勿論…女性器や子宮頸部の動画や写真等も持っているのだろう…2人の4年間の時間はどうであれ…元彼との1000回以上のSEXは相当濃い内容だったと推測して、しまいました。

そして友子は再び正常位に成りまんぐり返しの形にされて…奥深くまでペニスを入れられてとうとうこんな事まで言わされて…

友子「奥の…子宮コリコリ…そんなに激しくぅ~ガンガン突いちゃ駄目ぇぇ感じちゃう~もう…おかしく成っちゃうよ~イクッ・イグッ…」

加藤「おい…友子…旦那より気持良いって大声で…言えよ、はあ、はあ…」

友子「あん、主人に悪いからぁぁ無理ぃ…ハァハァでもまたイックゥゥ…」

加藤「言えよー友子…お前の好きな…子宮コリコリ…突くの止めるぞ?」

元彼が言う事を効かない友子に対して…動きを止めて焦らして陰茎を抜こうとして腰を引く素振りをすると…妻は元彼の背中に両脚を絡めて抜かせない様に抱き付いていました…

友子「嫌だぁ~止め無いでぇ~オチンチン抜か無いで~突いてぇ突いて~もっと何回もイカセてぇ…」

加藤「嫌がってても…俺の背中に脚を絡めてんじゃんよ~気持ち良いんだろ?だったら言えよ~旦那のチンポよりも俺様のチンポが気持ち良いって…」

友子「やだぁ・やだ~やだ~それは…結婚してるから…無理だよぅ~許して~」と言いながらも…妻は元彼の加藤に生巨根チンポを奥まで嵌められて何度も何度もイカされてしまい…元彼の背中に脚まで絡めて…いました。


第8章・妻はガバガバに戻り…

加藤「俺のチンポの形に戻るようにしっかりチンポ奥まで嵌めてっから…あれ?なんだか子宮口がピクピクしてんじゃねーか?段々開いて来てるぜ?」

友子「オチンチン…そんなに…無理やり奥まで押し込んじゃ~駄目ぇ~」

加藤「お~ら…友子の子宮口ごと…膣の行き止まりの肉を伸ばしてやるよ…」

友子「アソコがガバガバに成っちゃうよぉ~主人に浮気バレちゃうぅ~」

加藤「もう遅いぜ…俺のチンポ根本までズッポリ入ってっから…」

友子「オチンチンで…子宮押されて…奥まで…お腹まで…アソコのナカ…伸ばされてるよ~」

加藤「一年ぶりに友子の肉壷に俺チン…ガシガシぶっこんで…ナカ(膣道)を無理矢理…奥までグイグイ突き伸ばしてる感触が俺は懐かしいぜ…あ~堪まんね~なあ…友子よ~オラ・オラッ・オラア…オラッ…」

友子「浮気ばれちゃうからぁ~ガバガバに…するだけなら…もう…ヌイてぇナカ(膣道)を無理に突き伸ばすのだけは…許してぇ~」

加藤「だから何だよ…友子を女にしたのは俺のチンポなんだぜ…友子の体は俺の物なんだよ…だから俺様の形…しっかり肉壷に刻みこんで旦那の形から元に戻してんだよ…悪いのかよ?」

友子「悪いよぉ~結婚してるんだから~ワタシの体はもう…タケシの物じゃ無いんだからぁ~でも…あんっ…また…イクッ…イクッ…」

加藤「そうやって…自分だけ何回も逝ってずるいぜ…俺も逝かしてくれよ?」

友子「…さっき口に出しだじゃ無い?」と少しは抵抗して?いましたが…加藤の巨根が友子の内臓を圧迫して体に力が入ら無い様子でした…

加藤「こう言えよ友子…元彼の生のチンポを奥まで、嵌められて…感じてるって…結婚したのに…元彼チンポにガッバ・ガバに戻されてるって…」

友子「あんっ…奥までぇ…元彼に生で嵌められて…マサ君と結婚したのぃぃ…」

加藤「ホ~ラ…俺のチンポがこんなに挿いるぜ…短小旦那のマサ君のSチンポじゃもうスカスカで…緩いよな~言えよ友子?」

友子「もう…嫌だぁぁ~グイグイって子宮ごと…オチンチン…奥まで押し込まないでぇ~膣がホントに伸び切っちゃってる~アソコ…昔みたいに…ガッバ・ガバに戻されてるよぉ~もう抜いて~」

加藤「もう…遅せよ…友子…俺の肉棒こんなに根本まで咥え込んでっから俺チンの形…しっかり刻み込まれた後だから…もう余裕で肉棒…全部呑み込んで…」

友子「タケシのおっきいオチンチン…全部がもう簡単に挿いっちゃって…ナカ(膣道)拡がっちゃってるぅぅ~行き止りの肉が…奥に伸びちゃってるぅ~」

加藤「あ~あ…友子…旦那のマサ君にちゃんと謝れよ…元彼の肉棒に奥まで嵌められてユルユルのガバガバにされてごめんなさいって…」

友子「あああ…マサ君…ごめんなさい…アソコ緩くされてごめんなさいぃぃ~」

加藤「ホラ…1年前俺と別れて結婚して旦那のチンポの大きさにやっとオマンコが馴染んだのに…元彼のサイズに戻されてごめんなさいって…」

友子「結婚して~折角…マサ君のオチンチンの形に馴染んだ…のにぃ~膣トレーニングして…やっと少しだけでも~ナカ(膣道)狭く成ったのにぃ~もう…やだぁ…」

加藤「こう言えよ…ガバガバの大穴のスカスカ…中古マンコに戻されてごめんなさいって…」

友子「やだぁ・・やだぁ…ガバガバなんて…嫌だぁ~大穴中古マンコやだぁ~」

…そして妻は何度も逝かされた挙句…私にとっても屈辱的な事を言わされて…

加藤「友子のガッバ・ガバ大穴中古マンコ…満足させれるのは俺の極太チンポだけだから…はあ・はあ…」

第9章.完全に堕ちた?妻は…

友子「またっ、奥の、ソコっ…子宮コリコリ…好いトコに当たってぇぇ…」

加藤「結婚してても…元彼のチンポが良いんだよな?淫乱友子は…変態?」

友子「ああああ・もう…変態…何でも良いよぅぅ~あん・あん・あんっ…」

加藤「じゃ~旦那の短いチンコじゃ満足出来無いって言えよ…其れ位…変態友子なら言えるだろ?」

友子「あああ…主人の…オチンチンじゃーもう満足出来無いのぉ~」

加藤「違うだろ友子?短いって言葉が抜けてる…旦那の名前と理由もちゃんと言えよ・・」

友子「ああああ~マサ君の短いオチンチンじゃ~子宮コリコリにも膣奥にも一杯…届か無いからぁ~変態…友子はもう満足・出来無いのうぅ~」

加藤「友子ちゃんと…しっかり言えよ…旦那と俺のチンコどっちが良いのか?」

友子「タケシのオチンチンが良いの~簡単に奥まで…凄く届くのぉ~もっと…もっとぉ~コリコリ…突いてぇぇ~」

加藤「もっと言えよ友子…このチンポ好きってもっと大きい声で言えよチンポ抜くぞ?」

友子「嫌だぁ~抜か無いで~ガンガン突いて…ガンガン突いてぇ…もっと…もっとぉ~乱暴にぃ~子宮コリコリ嬲って~オチンチンで串刺しにしてぇ~コリコリ貫いてもいいからぁ~」

加藤「本性出たな友子よ…子宮口を串刺しだ~?旦那が知ったら泣くぞ~明日から会社でも俺の肉便器に成るよな?」

友子「タケシの肉便器?成るのぉ~イイのぉ~このオチンチン最高にイイのぉ~ずっと嵌めてて欲しい~やっぱり…離れられ無いの~体が子宮がそう成っちゃってるみたいなの…」

加藤「離れられ無いのは当たり前だぜ…旦那の粗チンポなんかよりも…友子はこの俺のスペシャルチンポが好きなんだろ?昔みたいに…きっちり心と体に刻み付けてやっから…ホ~ラ子宮にチンポ串刺しピストンだ~亀頭ぶっこんでやっから…子宮口もっと開かせろや…」

友子「嬉しい~刻み付けてぇ~タケシのオチンチンの形を…友子の不貞マンコと子宮に…きっちり刻み込んで~友子のガバガバ大穴…ジョコジョコって…掻き混ぜて~子宮口も虐めてぇ~」

加藤「お~ら…おら・おら…「パンパンパンパンパンパンッ」…頸部のコリコリも貫いてやっから…」

凄い勢いの高速ピストンです…なんと友子は自分で不貞マンコと叫んでいました


友子「ひやぁ~貫かれてるぅ~そんな激しいの~ホントに…子宮コリコリ壊れちゃう~こんなのワタシ…死んじゃう…死んじゃう…でも…タケシのスペシャルチンポ好きぃ~このオチンチン…大好きぃ…」

加藤「やっと…堕ちたな…友子…ちゃんと旦那のマサ君に謝れよ…」

友子「マサ君…ごめんなさい…ワタシね…浮気したの~元彼のおっきいオチンチンで~アソコの穴…ガッバ・ガバに戻されたの~今ね…子宮口も串刺しにされてるのぉ~」

友子は堕ちてしまったのか…?動画では…鼻水と涙を垂れ流しながら…大声で…叫んでいました…

第10章.肉便器に戻った友子

友子「アソコ…こんなんに成っちゃったから…もう主人と当分子作りSEX出来無いよ~だから早くぅタケシのオチンチン…嵌めて~」

加藤「これからも俺専用のオナペットの肉便器に成るんならオネダリしな…ちゃんと言えたら…このチンポ嵌めてやる」

友子「もう…オナペットでも…ダッチワイフでも…肉便器でも…何でも良いからタケシのぶっとい~オチンチン挿れて…ここに頂戴~友子のガバ穴にぃ~早くぶち込んで欲しいよぉ~」

加藤「あ~あ…昔の友子に戻ったな…本当に俺のチンポで少し…肉壷壊れた?もっと壊したって…良いいんだぜ?」

友子「あは~ん…良いよぉ~ワタシはタケシの…オナペットだからぁ~ダッチワイフとして使って~乱暴に扱って…肉壷…壊して~もっと激しくぅ~ジョコジョコって…して~してぇ~」

加藤「これからは…俺がSサイズ旦那の代わりに…友子と毎日SEXして満足させてやっから…ホラもう一度…子宮口開かせろや…」

友子「ワタシ…SEX大好きだから…H大好き変態女だから~昔みたいに…タケシのしたい事…何でも…させてあげるからぁ~ビラビラ肉でぇ…膣口でぇ…ヒダヒダの粘膜でぇ~子宮のコリコリもぉ~ナカまでも使ってぇ~タケシのオチンチン…ワタシのナカ(胎内)の肉・全部でぇ~包み込んであげるうぅ~」


スイッチが入った?友子は淫語連発でした…私は大興奮して画面に噛り付きながら…妻の友子の淫語を聞いていました…

友子「ワタシの体…ダッチワイフだからぁ~散々使って膣口の穴も…昔みたいに~擦り切れるまで…タケシのオチンチンで何時間でも掻き回してぇ~グチャ・グチャにして~昔みたいにタケシ専用のガバガバのオナホ穴に戻してぇ~」

加藤「おいおい…そんな事まで言って…ダッチワイフのオナホ穴は一度壊れたら当分使え無いんだぜ?その時は…なあ友子よ…昔みたいに…棄ててやっから…」

美幸「嬉しい…また…棄てても良いよ~ワタシの体…ボロ雑巾みたいに扱ってよ~ココの穴はぁ~タケシ専用の性欲処理オナホ穴だからぁ~メチャ・クチャに扱って…擦り切れて…ガバガバに成って…壊れて…飽きたら…ちゃんと主人に返して上げて~」

DVDを見ながら…私は何時の今にか…手放し状態でもパンツの中に射精してしまいました…そして最後は調子に乗った元彼の加藤がついに…

加藤「あああ、友子よ…俺専用の…オナホ穴なら…当然このまま中で出して良いだろ?なあ…なあ?」

友子「…な…中はダメだよ…あん、あん、あん…嫌ぁ…ダメだよ~主人にもまだ一度も中出しさせて…無いんだから…あっあっ…ま…また昔みたいに…赤ちゃん出来ちゃうよ~ハァハァ」

加藤「なんでだよ~昔は当たり前のように…いつも中出ししてたじゃん?」

友子「あの時わぁ…ピルも用意してたし…安全日とか大丈夫とか思っていたからぁぁ…それに当時はちゃんとタケシと付き合っていたからぁ~今日は危ない日かも?」

加藤「今から友子は肉便器に成るんだろ?肉便器は生で中出しが当たり前だぜ…俺の精液飲みたがって子宮口がもう全開クパァしてるじゃねーかー」

友子「中出しだけは…ダメ…だよ、ああん、あん、主人が居るんだからぁ~帰ったら…子作りSEXだって…始めるから…ピルなんて持って無いし~ハァハァちゃんと外出すとかぁ~ゴム付けるなら…会社でも肉便器に成って良いと…少し思ったけどぉ~さっきは…逝ってオカシク成ってたし~」

加藤「なんでだよ?何でもさせてくれるって言っただろ?それに…旦那いるって言いながら…チンポ生で奥まで咥え込んで…離さ無いし…俺の亀頭が友子の全開子宮頸部に生でずっと…キッスしてんじゃん?」

友子「ああ~んっ…子宮口に…オチンチンの…先っぽでキスって…グイグイ当たって…うはっ…またタケシの赤ちゃん出来ちゃう~前の時だって…3ヶ月過ぎて…ギリギリで…中絶してるから…子宮口も大きく開いちゃうからぁ~案外出来易い体かもだし~」

加藤「ダメ…もう…出ちゃうぞ、あああ、イイだろ?なあ、もう限界だから」
    
友子「でも、だって…ああん、ハァハァ、いやああ、うぐっ、ハァハァ、子宮に生キッスしながら中出しなんて…ダメ、ダメだよ~今のワタシの子宮は~マサ君との赤ちゃん作って…育てる為の大事なお部屋なんだからぁ~ナカに出すんならせめてゴム付けてよ~」

妻は外出しか、ちゃんと避妊するなら肉便器に戻る宣言を元彼に一度は言いましたが子宮に中出しを求められると…拒否していました…加藤の巨根には完全に堕ちた妻でしたが…中出しだけはさせまいとして一応最後の一線だけは、守ってる様です。

第11章.結局…最後は妻から中出しを求める形に…

加藤「友子…良いだろ、生で中出し…もうこんな事し無いから…いいだろ…最後だよ…もう絶対最後だから諦めるから…友子のこともう困らせ無いから…肉便器の話しも無しにするから…」

友子「ハァハァ、ホントに今日で最後?ああん、あん、ハァハァ約束出来るの?ハァハァ…本当は…肉便器なんて嫌なんだから…会社で無理やりにフェラなんかもさせない?昔の…変な写真や動画も全部…捨ててくれる?」

加藤「ああ、勿論させない…約束する、これで諦められる…最後の中出しで…俺の大事な思い出にする、だから友子…良いだろ?今は昔のままの変態友子のままで…中出し良いだろ?」

友子「あん、あん、ハァハァ、じゃあ、今日だけ特別…あん、あん、ハァハァ、タケシとSEXするのも…もう今日で最後だからね…これ以上しちゃうと…本当にガバガバに成っちゃう…」

加藤「分かった、約束だ…ああああ、出る、友子…最後に中で出してって…言えよあああ、ヤバい、ああああマジ…出そう」

友子「あああ…主人に悪いよ~そんな悪い事は、やっぱり…自分の口からは言え無いよぉ~あああ…」

加藤「おおお…言ってくれよ~友子…最後だから…俺のが奥で暴れてっから…もう先走ってるうぅぅ~」

友子「…もう…子宮口にドクドク来てる…やっぱり…ゴム付けなきゃ…タケシの赤ちゃんまた…妊娠しちゃう…孕んじゃうぅ~」

加藤「無理だよ…ホラッ?友子のコリコリが…俺の先っぽを咥え込んでて離さ無いから…もうチンポは抜け無いぜ…」

友子「ああっ…駄目ぇ…危ない日かもしれないのに…ちゃんと主人が…居るのに明日から…子作りする予定なのに…マサ君のオチンチンじゃ無いのに…何で?…何でなの~勝手に子宮が収縮して降りて…亀頭咥えて離さ無いよぉ~」

加藤「そうだよ…友子…お前の子宮が…旦那より先に俺の子種でもう一度受精したがってんだよ…妊娠したがってんだよ…今度はちゃんと産んでも構わ無いぜ」

友子「はぁ…はぁ…違うのぅ~ワタシの意思とは違って…体が…勝手にコリコリの穴が…開いて…ヒロシのオチンチン…咥えたがってるだけだからぁ~」

加藤「ふ~ん…友子の心が嫌がってても…俺の種で一度授精した経験が有る友子の子宮は…正直なんだ…子宮自体は俺の子種で再び…孕みたがってっから…」

友子「嫌ぁ~、ああん、あん、凄い、オチンチンが子宮に強くキスして深く食い込んでくるぅ~もう駄目ぇ~また逝っちゃう~イグゥ~」

加藤「一緒に逝こうぜ…友子…ずっと…愛してる好きだよ…結婚しよう…だから言ってくれ…」

友子「それは…無理だよ~主人に悪いからぁぁ、、あんあん・・・」

加藤「これで本当に最後だから~お願い…演技でも良いから言えよ?」


友子「子宮に…クルゥ、あ、イイ、中に、中に出して、一杯出して、あああ…」

加藤「何処の中?友子ちゃんと最後まで言って早くあああ出そう、ああああヤバい…」

友子「あん…ハァハァ、オマンコの中に、ハァハァ、友子の危険日子宮の中にぃタケシの精液一杯出して~」

加藤「おおお…出すぞー友子の危険日子宮に出すぞ~また俺がまた妊娠させてやるぞ~」

友子「また…タケシ赤ちゃん妊娠…やだぁ~でも…イクッ~イクゥ~」

加藤「妊娠したら…旦那に中出しさせて誤魔化せよ…産んでくれよ~」

友子「だめだよぉぉ友子は…マサ君以外の赤ちゃんは要ら無いんだからぁ~」

加藤「1回妊娠も10回妊娠も同じなんだよ…それにお前の子宮は…俺の子種で孕んだ…使用済みの中古品なんだよ~どうせ禿げ部長にも…中出しさせてたんだろ?どうせ部長のも中絶したんだろ?だから同じなんだよ…」

友子「妊娠なんてして無いよぉ~部長はパイプカットしてたからぁ~」

ショックです…友子は部長にも平気で中出しさせていた淫乱女だったのですそして元彼の言葉に友子は完全に堕ちたのか?諦めたのか?は分りませんが…それからは、元彼の言い成り状態に成っていました。

加藤「ほ~ら友子の子宮が下がって俺の精液…飲みたがってるぜ?」

友子「また…イクッ…イッチャうぅぅ~又タケシの赤ちゃん出来ちゃう~」

加藤「あああ…出すよ~友子~昔みたいに子宮内にタップリ出すぜ~」

友子「もっ、もう妊娠しても良いからぁ・・出してぇ~一杯出してぇぇぇ…」

加藤「うっ・ドク・ドク・ドク・ドピュ…ビュク…ビュクッ…」

友子「ああああ、イッちゃう、イク、イク、ああああ、ダメ、イク、いやああああああ熱いのビク・ビクってぇ~奥にくるうぅ~結婚してるのにぃ~マサ君以外の…赤ちゃん…孕んじゃう~」

結局友子は危険日かもしれないのに…自分から挿入をネダリ自分から大声で叫んで子宮の中に大量に出されていました。

妊娠しなかったのが不思議な位です。そして挙げ句の果てには…

2回目のSEXからは友子は完全なハメ撮りも許してました。

そしてその後も朝まで元彼に「今日で最後だから…」を合い言葉に…たてつずけに何度も中出しされまくっていました…

第12章・堂々とハメ撮りまで…

今までは固定カメラの盗撮?映像でしたが…元彼加藤が今度はカメラを片手に持ち撮影し始めました…堂々としたハメ撮り撮影です…

友子「これカメラ?何で撮影してるの?」

加藤「もう最後だから…もう今日で友子とSEX出来無いから…思い出にすんだよ…」

友子「あんっ・終わらないの?まだ…Hするの?精液…何回も出したのに?さっきの中出しで…最後って言ったのに?もう…こんなにオチンチン元気なの?」

加藤「ホ~ラ挿れるよ…友子…簡単にもう…奥までチンポがズッボ・ズボって…挿る俺のサイズに完全に戻ったな…」

友子「おっきい…のぉ~タケシのオチンチンが…またワタシの奥まで…来るぅ~今日はSEXはOKでもビデオと中出しは~駄目ぇ~撮ら無いで~」

加藤「ちゃんと見ろよ…友子…今俺のチンポが根本までズッポシ挿ってるんだぜ…友子のエロい小陰唇のビラ肉が俺の肉棒の根本の辺りをしっかり包み込んで…ピクピクしてる所…撮ってんだぜ…何だったら旦那に見せようか?興奮するかもしれないぜ?」

友子「やだぁ~見せ無いで~もう…そんな繋がってる所…撮っちゃやだぁ~駄目だようぅ…浮気バレちゃうよ~それに…もう終わりじゃ無いの~?」

加藤「俺のチンコが勃た無く成るまでは最後じゃ無いぜ…それより…友子の弱いトコ…奥のコリコリ子宮に又俺チンが…生キッスしてるぜ?」

友子「あああ…イクッ・ウゥ…また子宮にゴンゴンって…キスしてるぅ、さっきの精液でヌルヌルしてるから~子宮口のオクチ…開きやすく成ってる…亀頭で…こじ開けて…来るぅぅ~絶対に挿いっちゃいけない所に…またオチンチンの先っぽが…挿いっちゃってるよ~」

加藤「旦那のチンポじゃ…こんなに奥まで届か無くて…強く子宮コリコリにキスが出来無いんだったな?正直に言ってみろよ?」

友子「そうなのぉ、、軽くしかぁ、子宮コリコリ…キッス出来無いのぉぉ~」

加藤「あああ…友子…やっぱ…気持ち良いわ…昔と変ら無い…お前の子宮口が…俺の亀頭咥えこんで…締付けてくる…友子は内臓までが淫乱なんだよな?それに子宮に直に…中出しされるの昔から好きだったろ?」

友子「昔と違うのぉ~ワタシもう独身じゃ無いの~主人以外のオチンチンがぁ…子宮にキスしたまま…中出しだなんて…もう絶対に…駄目なのぉ~」

加藤「こんなに俺の肉棒しっかり根本まで咥え込んでっから…膣道が奥まで伸びて…やっぱり友子の膣穴は…俺の形にしっかりと戻ってるぜ…もう旦那のじゃ絶対満足出来無いぜ~(笑)ちゃんと旦那に謝れよ…」

友子「マサ君ゴメンナサイ…オマンコ伸ばされちゃったぁ~緩くされちゃったのぉぉ~元彼のタケシの形またしっかり…刻まれちゃった~ゴメンナサイ~ワタシ…危険日かも?なのに子宮にタップリ…中出しまで…されちゃった~」

加藤「それにな…友子…俺がさっき中出しした精液が…まだ膣奥に一杯溜まってるんだぜ…どうする?」

友子「お願い一回オチンチン抜いて~精液出して…アソコ洗浄したいから~」

加藤「駄目~溜まってる精液をチンポでシェイクして…亀頭ですくって…子宮口に押し戻すんだよ…確実に種付けして授精させてやっから…もう一度子宮も中古品にしてやるよ…」

友子「やだっ…駄目ぇ…精液…子宮に戻さ無いで~その…精液…早く出さ無いと…困るぅ~妊娠しちゃうぅ…タケシの赤ちゃんまた孕んじゃうぅ…また…子宮が中古品にされちゃう~」

加藤「授精するまで抜か無いぜ?友子も嬉しいんだろ?本当は旦那のよりも俺のガキ孕みたいんだろ?」

友子「違うよ~今日からホントに危無い日かも?なんだからぁ…タケシが種付けなんかしちゃ~駄目ぇぇ~ホントに…出来易い日…なんだから…駄目ぇ~これ以上…堕胎したら~2度と赤ちゃん出来無い体に成っちゃうよ~」

加藤「危険日なら…尚更…俺の強い精子の出番だぜ…旦那の弱い精子なんて友子の子宮自体は欲しがって…ねえんだよ~それにな…孕んでも今度はちゃんと産んでも良いって言ってるだろ?」

友子「駄目ぇ~今のワタシの子宮は…本当にぃ…主人だけの精子しか入っちゃ~いけ無い…場所なんだからぁ~卵子が待って?…明日帰ったら…マサ君に…中出しして貰って…ちゃんと…赤ちゃん作る予定なんだからぁ…」

加藤「そうか?ホ~ラ…友子…旦那のマサ君の予約済み受精待ち卵子が待機してる子宮内に…他人の割り込み精液タップリ追加だぜ~俺の濃い子種の詰った精液~おかわりザーメン出すぞ~オラァ…おかわり一発目…直に受け取れ~」

「ドピュ・ドピュ・ドピュ・・・・・ドク・ドク・ドプッッ・・・」

友子「ああ~ん…子宮直出しとか…駄目って言ってるのに~さっきの精液も出さ無いと…ホントに危険日で…卵子待ってる日かも?なんだから授精しちゃうよぉ~ホントにまた…赤ちゃん出来ちゃう…孕んじゃうぅ~」

加藤「そうだっけ?あ…抜くの間に合わね~…うっまだまだ…出る…おかわり…二発目ザーメン」

「ドク・ドク・ドピュ・ドプッ・・ピュッ・ピュッ・・・」

友子「あんっ…もうっ…また子宮奥にドクドク出てるよ~、で・でも…タケシの精液…マサ君のよりも…凄く…熱くて…勢い強くって…ドロドロ一杯で…子宮の奥まで流れて…」

加藤「うっ…まだまだ出るぜ…追加無責任中出し…三発目ドピュ・ドプッ…ドクドク…ドプッ…」

友子「えっ?まだ…出るの…あんっ…ビュク・ビュクッって…子宮内に入って来るよぅ~マサ君以外の…精液…注がれて子宮がピクピク痙攣してるの…なんで喜んでる?…またタケシの…赤ちゃん…孕んじゃうのにぃ?」

加藤「俺のザーメン連続で中出しされて気持ち良いだろ…ザーメンタンクの子宮口が…しっかり俺の亀頭に吸い付いてピクピク痙攣して締め付けて…精液をもっともっと飲ませろって言ってるみたいだぜ…」

友子「ザーメンタンクなんてっ…酷いよ~子宮わぁ~マサ君との赤ちゃんを育てる為の大事なお部屋って何度も言ってるのに…」

加藤「どうせ旦那は1回しか射精出来無いんだろ?短小で…友子の子宮口にも膣奥にも強くキスも出来無いんだろ…そんな役立たずチンポの旦那とは早く別れろよ~」

友子「普通1回出したら…SEX、終わるよ~タケシが異常なんだからぁ~」

加藤「へへへ…俺のチンポなら…奥まで強くディープキス出来るんだぜ…射精も…何回も出来るし…だから~もう一度…なあ・なあ~友子…ヨリ戻そうぜ?お前はそっち寄りの女なんだからよ?なんだったら…ちゃんと結婚してやっても良いんだぜ?」

友子「そ…それはぁ今更無理だよぉ~ワタシもう結婚してるんだからぁ~無理もう…コレ抜いてよ~」

加藤「友子よ…もう今更無理すんなって…子宮に直接…中出しされるの本当は…気持ち良いんだろ?直に中出しされてる時のお前の顔…恍惚の表情してるんだぜ旦那の血液型は?」

友子「多分A型だと思うでも正直子宮直出し…気持ち良いけどぉ~今日は危険日かもだからぁ~またタケシの赤ちゃん…出来ちゃうよ~」


加藤「A型?それなら俺と同じじゃねーか?もしガキ孕んでも産めるじゃ~ねーかよ?」安心したぜ…へへ…俺の先っぽでザーメンタンクから子種外に漏れ無い様にずっと…栓をしといてやるぜ?」

友子「…タケシ~先っぽ子宮口に食い込ませて無いで…早く抜いてよ~」

加藤「このまま亀頭をもっと子宮頸部にぶっ刺して…中古子宮全部ガバガバにしてやろうか?」

友子「無理ぃ~これ以上は子宮口が裂けちゃうよ~それより早くナカの精液洗浄し無いと…もう子宮がタプン・タプンして~更に精子が卵管まで流れていちゃってるからぁ~絶対妊娠してるぅ~これで赤ちゃん出来たら今度は産むとしても…安定期までは…タケシともSEX出来無いんだからぁ…」

加藤「そうだよなまあ…妊娠してたら…会社で思い切り遊べねえし…後々…厄介だよな…俺また出そうだよこれで本当に最後だから中で出すよ?」

なんと友子は会社でもこのまま加藤との不倫関係を続けて行く様なセリフや妊娠しても良いなどと、とんでも無い話をしていました…更に加藤の血液型が私と同じA型と知った友子はなんと産む覚悟までしていました…

今はどうかは、分りませんが、この時のセリフは確実に友子の本心だったのでしょう。

友子「まだ…出るの~もう…卵管まで流れちゃったの分るからぁ~同じだから…いいよ、いいよ…もう何回でも…中で出していいよ~」


加藤「なあ~なあ…とりあえず…最後だから、最後に妊娠させて~って言ってくれ?」


友子「ハァハァ…うん、出して出して~タケシの赤ちゃんが…欲しいから~またタケシに孕ませられたいから~今度はぁ~ちゃんと産むのぉ~精液…中にタップリ注ぎ込んで~友子のコブクロ…ザーメンタンク…もっと満タンに…してぇ~」

加藤「オラァ…種付け…おかわりザーメン連続で…四発目…これで確実に授精させてやっから…ハァハァ…出すぞ~…友子を絶対に妊娠させてやるぜ~ドクドクドク…ドププ・・・・」

友子「…あんっ…タケシの精液が…一杯…子宮に挿って…熱いぃぃ~卵管に流れてるのハッキリ分かるうぅ~授精しちゃうマサ君以外の赤ちゃん出来ちゃう~」

元彼が友子の最奥でドクドク射精しながら今回も「全部搾り取って…」と言っていました…恍惚の表情で妻は元彼の子種液を子宮に注ぎ込まれていました…その後も妻は…膣を洗浄する事もしないで…

射精が終わっても元彼の肉棒は萎えずにいます友子に肉棒を挿入状態のままで…元彼は「確実に孕むように…」と肉棒で栓をしていました…ずっと抱き合ったまま2人は繋がって抱きしめ合い激しく長いディープキスをしていました…


元彼の一発目と四発連続で…合計で5連続の中出しでした…バッテリーの関係でしょうか?DVDはここで終了しました…


第13章.妻は結局10回も…

私「結局…朝まで何回も?SEXして元彼に中出しされたんだ?」

妻「うん・朝まで…ずっと…何回もしてた…10回位連続で…中出し…された…」

私「えっ…じゅ…10回も連続…それで…妊娠大丈夫?病院…行ったの?」

妻「まだ…行って無いけど…多分…大丈夫だと思う…」

私「そんなの…ちゃんと病院に行かないと分ら無いよ…また加藤に抱かれたいの?正直に言って欲しい…」

妻「うん…抱かれたい…忘れられ無い…初めての男だったし…付き合ってた初めの頃…タケシね…バックでね…ワタシの腰を掴んで肉棒を腹の中まで…膣肉も子宮頸部も全部ね…穴の奥の奥くまで押し込んで来るの…

そして行き止まりに閊えても…そのまま容赦無く肉棒をすりこぎの様に捏ね繰り回すの…朝まで何度も長い時間かけて…何度も何度も中出ししてワタシの胎内を精子まみれにしながらね…

タケシが「他の男と浮気出来無い様に…友子の未開発マンコ…俺の形をしっかり刻み付けてやるからな…って言うの…」

色々な角度で奥まで何回も突かれるとね…その度に膣口も膣道も子宮全部の筋肉もグイグイって伸ばされて…拡げられてミリミリって悲鳴を上げるの…

ワタシの未開発のアソコがタケシのオチンチンで解されて引き延ばされて…本当に形が変わっていくのが自分でも分かるの…

アソコをね…伸ばされながら…タケシに「俺以外の男と浮気SEX出来無い体にしてやるとか…友子はガッバ・ガバのマンコに成ったって言われて…」
肉棒と精子を使ってワタシのアソコを開発しながら心も洗脳するのよ…今思えばそれがタケシ成りの愛情表現だったのかもって思うの…一生懸命ワタシの気持ちイイ所探してくれたりして…優しい面も合ったの…」

私「そんなやり方でも…友子はそれ…受け入れてたの?」

その時は嬉しかったの…ワタシね…タケシがしたいなら…何でもさせて上げようと思ったの…子宮口も壊されて…膣内のお肉…擦り切れるまで…ずっとHしてても良いって…思った…」

妻が私の陰茎を握り締めながら…淡々として話してくれます…私はもう爆発寸前です…流れ出たカウパー汁が妻の手に垂れて…

妻 「あの…慰安旅行の時もタケシのオチンチンを見たとたんに欲しく成っちゃって…貴方に悪いと、思いながらも…1年振りにタケシにオチンチン…挿れられて…1年経って膣のサイズが変った?旦那と1年間SEXして少しだけ狭く成ったって言われて…

旦那のオチンチンのサイズが小さいからアソコの締まり良く成った?って…言われて…貴方の事バカにされたみたいでみじめなのに…気持ちよすぎて…腰も抜けそうに成っちゃってて…タケシに抜いて下さい…もう止めて下さいって…ハッキリ言え無いの…」

私「う・・・・・・・・・・・・・」

妻「もうワタシは結婚してる…愛するマサ君が居る…それなのに…それなのにね…1年振りにタケシの大きい生オチンチン挿れられて自分の体が溶けちゃって…どんどん…どんどん気持ち良く成って気ちゃうの…子宮口からどんどんお汁も溢れて来ちゃうの…」

私「う・・・・・・・・・・・・・」

妻「タケシにワタシの体の事…隅々まで…全部知ってる覚えてるって言われたの…自分の体の隅々まで…この人は…マサ君でも知らない…膣の奥の内臓の形まで全部知ってるっ…ちゃんと覚えてくれてたって思った時ね…

私「其の時…友子は…どう思ったの?いや…体は…どう成ったの?」

妻「其の時はもう気持ちより…体が…いいえ…子宮がキュンって成っちゃったの…子宮自体が勝手に彼の陰茎にずっとキスされてたいって…彼自身を受け入れて咥え込んでしまったの…それからワタシの気持ちも段々と…彼に対して…止め無いでって…もっと…もっと…子宮にキスして欲しいって子宮頸部一杯…突いて欲しいって声が自然に出てしまったの…」

私「子宮頸部にキスって…生挿入でしょ?妊娠心配しなかったの?・・・・・」

妻「ごめんなさい…だって…タケシと付き合ってた…4年間は…毎日のように…オチンチンで…嵌められて…膣内に形と…心に快感をしっかりと刻み込まれてたの愛されているんだなって…胎内が…子宮が…しっかりと…覚えてたの…」

子宮がね…心に言って来たの…やっぱりもう…彼からは…離れられ無いの…このオチンチンが忘れられ無いって…赤ちゃん作るトコ…これからもずっと…タケシの先っぽで強くキスされ続けていたいって…もう離したく無いって…」


私「う・・・・・・・・・・・・・」


私「それで…友子はアソコの形…彼のペニスのサイズに戻されても良いと思ったの?中出しされても良いとか?正直に話して…」

妻「ごめんなさい…思ったの…子宮もだけど正直心もそう思ったの…彼のペニスに無茶苦茶にされたいって…おかしいよね…結婚してマサ君が居るのにね…帰ってマサ君と子作りをする予定してるのにね…それに大事な子宮に…卵子が待ってる日かもしれ無いのにね…」

私「う・・・・・・・・・・・・・・」

昔みたいに乱暴にされたい…アソコを引き伸ばされたい…膣もガバガバに…戻されて…子宮頸部ごと壊されても良いって又…熱い精液子宮に注ぎ込まれたいって…又種付けされて彼の赤ちゃんなら子宮に宿しても良いって…」

私「う・・・・・・・・・・・・・・」

妻「そう思うとね…コリコリの穴から一杯熱いお汁が溢れて…来るの…そしてね…段々とねコリコリのオクチがクパァって開いて来るの自分でも分るの…タケシの先っぽを子宮内に収めたい包みたいって…自然に咥え込んじゃうの…」

私「…もしかして自分から中出しして欲しいって言った?」

妻「覚えて無いけど…自分で言ったかもの…悪い事だと分るの…でも…中出しされてからね…子宮が懐かしいって…喜んで…もっと…もっと…子宮が精液…注ぎ込んでって…言ってるみたいなの…もう彼の為のザーメンタンク扱いでも…良いって…」

私「友子はそうやって朝まで…僕との赤ちゃんを作る為の大事な子宮を元彼のザーメンタンクにされるの望んで…嫌がらずに10回も中出しされたんだ・・・」

妻「マサ君との赤ちゃんを育てる為の大事なお部屋なのに…何回もタケシの精液注ぎ込まれて…妊娠なんて…絶対…駄目な事…分ってるのに…子宮がときめいて…体がうまく動かせ無いの…完全に心が子宮に負けてしまったのこのオチンチンはまだ抜いちゃ駄目って…授精されなさいって子宮から…声が聞こえたの…」

私「え?もしかして10回中出しの間…朝まで…挿入しっぱなし?」

妻「そうなるかな…ずっと…抱き合ったまま…少し寝てたから…」

私「寝てたって…少なくても6時間以上は…元彼の陰茎と友子の胎内が…繋がったままって事?」

妻「そう…ずっと…子宮の中に溜まった精液が…外に溢れ出無い様に…朝まで…タケシの先っぽを…子宮口が咥え込んだまま…ずっと…」

私「う・・・・・・・そんな行為…子作りしてる夫婦でもし無いよ…確実に妊娠してしまうよ?正直愛してしまったの?」

妻「其の時は…ごめんなさい…少しは…愛してたかも・・・」

私「う・・・・・・・・・・」

妻「でも本当に愛してるのは…貴方だけなの…これは本当なの…」

私「うん・解った…それは…信じてる…」

妻「如何する?こんなに…子宮も全部…汚れた女…離婚したい?」

私「僕は…友子の事…すごく愛してるよでも…病院は今直ぐにでも言って欲しいと思う…」

妻「うん嬉しい…貴方挿れて」

妻がアソコのビラビラを自ら拡げ求めて来ました私も出来るだけ妻の奥まで挿入して妻の子宮口に亀頭を擦りつけました…

妻「あん・貴方の何時もより大きい?気持ちい良いのー今日はイイとこ当たってるぅ~」

友子の告白に興奮して少しだけですが陰茎が何時もより大きく膨張しています…

妻「ちゃんと…当たってるよ~今日のマサ君のオチンチン何時と違う?おっきい…もっと奥まで…突いて突いて…」

私「そうだお前は俺だけの物なんだ…もう…誰にも抱かせない」と何度も子宮口を突きながら…

私「友子…愛してる…愛してる」と少し伸びた妻の膣奥で射精しました。

妻も満足した様でもう加藤とはSEXし無いと約束してくれました現在妻と普段通リに、仲良くしていますA子さんとDVDの事は妻には言わ無いでおこうと思います。

妻の寝取られの話で何時もより興奮して自分のチンポが何時もより大きく成ったのが幸いしました…でも多分妻は加藤と現在も会社でSEXしてると思います。

PS、その後直ぐに病院に行きました…友子の妊娠が発覚しました…それは元彼の子供か僕の子供どちらか分りませんが、体の事も有るしちゃんと産ませたいと思います!