戦前までは夜這の習慣が

     
おいらの育ったとこも、「戦前くらいまでは当たり前に夜這の習慣があった」って古老に聞かせられたことがあったよ。
例えば、本当は妹の方がお目当てなのに、姉の方の部屋に間違って潜り込んだりして、失敗も格好あったらしい。
でも、ちゃんと責任もって遂げなきゃいけないんだってさ。
もうほとんどお嫁に行く当てのない娘の部屋に間違って夜這をしてしまったんだけど、娘の両親は
     
「うち娘も男の味が知れて良かったな」
     
って喜んだ、とか聞いたことがあった。
     
それと、お祭りの前夜祭の乱交伝承とかも戦前まではあったって聞いたよ。
畑に蒔いた大豆とかが被害にあうんだけど、まあベッドのかわりだわな。