目隠しで他人棒

彼氏とのエッチ中の会話で俺ってあまり大きくないけど気持ちいい?と聞かれた事がある。
私は大好きな彼氏のチンコなら満足してるって言った事を覚えてる。
ホテルやお互いの部屋やドキドキしたカーセックスなど、ここ最近は手を縛ったり、目隠しに変態シチュエーションプレイしたり互いに刺激を求めてたある日の彼の家で私が目隠しをしてエッチする事に、何回か目隠しプレイをしてエッチする反応が良かったのかな?回数が増えてきたかなと思う程度の休日セックス。

お互い舐めて、さすって、引っ張ったりとルーティンの前戯をする。
私は我慢できず入れてとおねだりして脚を開けてオマンコを広げて見せる。
入れるよとチンコが私のアソコに入ってくる。
私「 うぅ〜ん。」
ズズッ!と奥まで入ってくる。
思わずはぁん!と声が上がる。
目隠ししても分かるぐらい太くて長い。
あれ?違う?
ふんふんと鼻息も荒い。
え?誰か違う男が挿れてるとわかった。
前にもホタルでレイププレイをした時に彼がかなり興奮をして違う男としてみたい?と聞いてきた時があった、私は何んて言ったかな?なんて考える余地もなく、挿入された私は違う動きや大きく長い物に視覚を奪われて敏感に反応していく。
私「 あっあっ!良いのぉ」
ゆっくり動く動きにじわじわと私の胸が熱くなる。
私「 あぁ!駄目、ゆっくり味わいすぎ」
普段入れたら高速ピストンで正常位から騎乗位でバックがルーティンの彼と違い。
ゆっくり正常位で私のアソコを自分のチンコの形に変えようと馴染ませるように奥まで入れる。
私「 はぁはぁ、奥に当たってる?」と聞く。
当たってるよと彼が答える。
私が違う男のチンコを挿入されてるのを見てると思うと私も興奮してきて思わず。
私「 良いのぉ、気持ちいい!もっとして」
と、普段言わない事を声に出す。
すると挿入してるチンコをおまんこの入り口辺りをゆっくり抜き差しをして奥まで入れなくなった。
これには私も焦らされ
私「 馬鹿!ちゃんと挿れてよぉ!」
腰をくねらせ誘うと私を挿入してる男のはゆっくり奥まで時間かけて挿れる。
私「はぁぁ、っっああ! 」
グッと奥に突き当て腰を回す男のチンコに私の快感センサーが反応。
私「 あぁ〜ん、それ良い!もっと回して」
焦らされ、目隠し、誰か分からない男とセックスに頭は快楽を求めてしまった。
私「 うう~ん!はぁはぁ、良いのぉ、それ好き!あっ!」
軽く逝ってしまった。
すると男は私を抱き上げ騎乗位の体制になった。
私は上下に動きたかったけど、男のチンコは思ってる以上に私のおまんこの奥に当たり動く度に何かが飛んでいく快感に声が大きくなる
私「 あつ!!刺さる!はぁっ!」
私が止まると男は下から突き上げる。
私「 あん!あん!だめぇ!!」
思わず横に転がりうつ伏せになると、お尻を持ち上げられバックで挿入してきた。
数回イッて私は力が入らず脚を立てチンコを受け入れる事しか出来なかった。
私「 もぉぉん!休ませて」
それでも奥まで突いてくる男のチンコをおまんこはすんなり受け入れてヌルヌル濡れる私のアソコとは逆に
私「 あぁん!本当に、奥に、うぅん」
はぁはぁと腰振る男。
バックは更に奥に刺さり、力強く腰をぶつけてくる。
また違った場所が刺激されて頭までガンガンくる快楽に飲まれる私。
私「 あっ!あっ!あっ!駄目、もう、本当にいっちゃう!!!」
絶頂に来る私を男は更にドン!と奥を突き上げる。
私「 だめ!!あああ!!!!」
強くて一発突かれ奥にチンコを押し当てる、ググッ!と膣内の奥がヒクヒクしてるような感覚に気持ち良さを感じた。
私「 あ、あ、はぁはぁ。激しい」
まだ男はイッテなかったけどチンコをゆっくり引き抜くと、抜ききらずおまんこの入り口辺りを亀頭だゆっくり抜き差し始める。
私「 あぁ、もぉ駄目ぇぇ!焦らさないでぇ」
と一気に奥まで突かれ。
私「 やぁん!!!!!」
それから男のピストンが止まらない。
私「 ああああ!!まっ、て!ああ!」
もう私はこの時ただ喘ぐ声を押さえられず身体が反応する度に大きな声で喘いでいた。
私「 はぁはぁ!あああ、イクイク!またイクから!!!!ダメェ!!!」
それでも腰を振るのを辞めてくれない男に身体を離すために前に進みチンコを抜こうとする。
私「 ごめん、もうだめ!」
でも男は腰に手を当て自分の方に私のお尻ごと引きつけ速度を上げて突きまくる。
私「 あんあん!あぁ。もうイッてるからぁ!もういっちゃってるから!!!ああ!!もう辞めてよ、イッテるの!!」
それでも男に腰を振られ続けられ。
初めて潮を噴いた。
私「 ああ?駄目!出る!何か出る!」
びしゃびしゃとパンパン!2つの音が混じった変な音がする。
私「 はっ!はっ!あぁぁ〜ん!もう死んじゃう!!ああはぁ!」なんて言ったような気がする。
ピストンされるならチンコが固くなったような気がした。
ズボッとチンコを抜き終わった?と思ったら、身体を正常位にされ、続けて挿入される。
私「 ああん!もぅ、はぁはぁ、気持ちいいの!もっともっと!」きっとイカされ過ぎておかしくなったのかな?
男が射精するまで、気持ちいいともっとなど誘うような言葉を言ってた。
私「 ああぁ〜ん!良い!奥に当たってる!もっと突いて!おまんこ突いて!!」
小さく男が出ると言った。
スッとおまんこから抜き、大量の精子が身体にかかる。
精子の匂いが私を包んだ。
はぁはぁとただ脱力感が抜けず、身体を拭かれてる間に寝てしまった。

起きると目隠しは外されて彼も気持ちよかったよと言ってた。
流石に無理があるだろ?と思ったけどあの感覚をもう一度と思うと、私も目隠しプレイはお互い興奮するねと話しを進めた。

この日のチンコの正体は分からないままだったけど、次のエッチはやっぱり普通だったのはもう刺激が足りないだと思った。