盆踊りは日本式乱交パーティーだった

盆踊りは、すべて「乱交パーティ」だったという
記事がだいぶ前の日刊ゲンダイに掲載されていました。
     
日本人は古代から性におおらかで、性の自由を謳歌していました。
     
日本で最も古い、記録としては「古事記」にあり
     
「歌垣」
     
と呼ばれていたそうです。
歌垣は祭事に男女が集まり求愛の歌をうたい、相手を選んでそのまましてしまう。
万葉集にも、そんな記述があり、ゲンダイの訳によると
     
「筑波山のふもとで、歌垣のために男女が集まって、
相手を求めて踊っている。私も大いに人妻と交わろう。
わが妻も、男たちから大いに誘われるように・・・」
となっています。
     
森鴎外も、「ヰタ・セクスアリス」という作品で(当時発売禁止処分にされてしまった)
故郷・津和野の盆踊りについて書いており、
「参加者はみんな、頭巾で顔を隠して踊っていて、気に入った相手がいると山の中へ誘う。」
とあります。