糖尿病の父に母の相手をしてほしいと頼まれた

俺は20歳。母と半年前から関係している。父が糖尿病でインポになっていたのだが、父から母の相手になって欲しいと頼まれてセックスすることになった。
最初は気乗りしなかったが父から何度も頼まれたし、母も俺に対して頭を下げたので相手することにした。童貞だったので、母なら失敗しても許してもらえそうなので、母のからだを使ってセックスの練習が出来るのでちょうどいいと思った。

そして父に見られながら母と初体験を済ませた。想像以上の気持ち良さだったし、母の感じる姿を見るのが楽しくて、セックスにはまってしまった。
でも自分が抱いたイメージでは、セックスは週に1度ぐらい夜寝る前にするものであるので、次に父か母が声をかけてくれるまで我慢することにした。

翌日の夜の9時頃に父が俺の部屋にやってきた。
「セックスはあまり好きじゃないのか?」
「好きだけどどうして?」
「セックスしたかったら、いつでもやっていいんだぞ。母さんが忙しそうにしてても、お前がやりたくなったらいつでもいいんだぞ」
「じゃあ、今晩もやっていいの?」
「お前はもう20歳の大人だぞ。いちいち父さんに聞かなくていい。それに昨日言ったように、母さんはもうお前にあげたんだからおまえの好きにしろ。
母さんは夫の言うことにはなんでも従うから母さんの都合を気にせずにやりたいだけやれ」
「今すぐでもいいの?」
「母さん、風呂に入ってるから一緒に入ってこい」

童貞喪失の翌日だったが父の言うように自分のペースでセックスさせてもらうことにした。
風呂場に行くと母が湯船に浸かっている影が見えた。僕はすぐに裸になって風呂場のドアを開けた。母と目があった瞬間、少し恥ずかしかった。
母も恥ずかしそうにしていた。僕は無言で湯船の中に入るといきなりキスをした。母は夕べのように俺の下手糞なキスの相手をしてくれた。

それからオッパイを触りながらしばらく浸かった。母にペニスを触られて勃起しながらオッパイを触り続けた。
「からだ洗ってあげようか?」
「もう我慢できないから入れてもいい?」
「いいわよ。ここでする?それともベッドに行く?」
「ここでしたい」

俺がセックスしたいと言うと、母はタイルの上で四つん這いになってくれた。そして俺のペニスが母のあそこに入るようにサポートしてくれた。
初体験の日は2回セックスした。2回の持続時間平均は3分。今日は5分以上持続したいと思っていたが、父は「今はまだ我慢する必要ない。好きなだけ出してみろ。そのうち長持ちするようになるから」と言うのでその通りにした。

小柄の母が四つん這いになって俺のペニスを待ち構えている様子を見るだけで興奮度がMAXになる。ペニスもカッチカッチ。ペニスの先が母のあそこに触れると母はいつも身震いする。さらに興奮しながら俺のペニスが母のあそこの中に入っていく。
「はあ~ん・・・う~ん・・・」
俺のペニスが母の中に侵入を始めると母はエッチな声をあげて迎え入れてくれた。
俺は母のあそこしか知らなかったので比較できないがむちゃ気持ちがいい。だからあっという間に射精してしまった。

こんなように、父から「やりたくなったらいつでもやれ」と言われた教えを忠実に守って母とセックスしまくりの日々が始まった。
朝でも昼でも母は拒否せずに受け入れてくれた。それも何発でも。早朝から外出する予定のあった日にオ◯ッコをしても朝立ちがおさまらないので、父と布団を並べて眠っていた母に夜這いをかけた。キスしながらおっぱいを揉むとすぐに気付いてくれた。

「射精したい」
「いいわよ」
母は腰を浮かせてパジャマとパンツを脱がせやすくしてくれた。
朝立ちでカッチカチのペニスを母のあそこの中に入れるとすぐに抜き差しを開始した。
「ううう・・ああああ・・・うふん」
父を起こさないように母が声を殺しているのが気に食わなかった俺はさらに激しく抜き差しした。すると母は我慢できずに普段通りの声を出して感じていた。

振動も凄かったので父が気付いて目を覚ました。「そうだぞ。やりたくなったらいつでもやれ。母さんの都合なんか気にするな。それでこそ大人の男だ」とほめてくれた。

やりたくなったらいつでもやれる日々が半年経過したときのこと。姉が離婚することになり家に戻りたいと言い出した。姉に戻ってこられるとこれからは母とやりまくることが出来なくなる。

「菜穂に帰ってくるなとは言えんだろ」
「母さんとやれなくなるのが辛いなあ」
「ホテルでやればいいだろ」
「お金かかるし、やりたくなってもすぐにできずにいちいちホテルまで行くのが手間だよ」
「菜穂ちゃんの家だから、仕方ないわよ」
「お姉ちゃんが帰ってきたら、セックスする回数はたぶん1/10に減ると思うけど母さんは平気なの?」
「・・・うーん・・・」

結局、姉が戻ってきた。姉は昔から母とべったりで、母と買い物にも良く行ってたので、俺が家に帰ると姉が家に居て母と一緒に家事をしたりテレビをみていた。
だからなかなかセックスするチャンスが見つからない。3日間我慢したが限界になったので、深夜にこそこそと母を抱いた。

俺の部屋から母の声が聞こえたらおかしいので、父と母の寝室に乱入してセックスした。母の声が大きくなってくると父が母の口を押えてくれた。
「菜穂は、父さんがインポになったなんて知らないから、こうやってここでやればいい」
「父さんが寝不足にならないかな」
「母さんとおまえがするのを見ると若返る気がするからかまわんぞ」

こうして、姉が寝た後に父と母の寝室でセックスする日々が始まった。
姉が戻ってきてから1か月、なんどかやばい時があった。母が私の名を呼びながらイッた時には俺も父も焦った。姉が確実に寝ていることを掴んでいるわけではないので、俺の名前を呼んだことに気づかれたら疑問に思う。

だから昼間に「名前呼ばないで」と教育した。
「感じちゃうとわけがわからなくなっちゃうのよ」
「そうだけど、お姉ちゃんに変に思われるよ」
「わかってるんだけど、お母さんはセックスすると別人になっちゃうの」

確かに母はセックスが始まると、別人に変身するので注意しても無意味な気がした。
2か月後のある日、母と風呂場でセックスすることにした。風呂場なら2階で寝ている姉に声が聞こえる心配がないので、母をヒーヒー言わせることが出来るからだ。

姉が寝付くまで母と1階でキスやハグをしながら待った。姉が寝付いたかどうかチェックするのは父の仕事。俺と母は父からの「OK」が出るのを待った。
フェラチオぐらいは大丈夫なので、ペニスを出してしゃぶってもらった。母のフェラは絶品なので何度も射精しそうになった。

「我慢できなかったら出していいのよ。飲んであげるから」
俺は中に出す方が好きなので、耐えながら姉が寝るのを待った。そして「OK」が出た。
すぐに風呂場に向かったがまずはシックスナインがしたかったので洗面所の床の上で舐めあった。母のあそこの毛は俺の趣味で剃ってもらっている。姉が気づいたらしいが母は適当にごまかしていた。

そのツルマンをたっぷり舐めて母をとろとろにすると風呂場に入ってドアを閉めた。これで母とハードなセックスをしても声が2階まで届くことがない。
風呂場の壁に手を突かせて立ちバックで攻めたり、普通のバックや、少し窮屈だが正常位で攻めたりした。

「気持ちいいわ、凄くいい、声を殺すのが辛かったのよ」
「2階には聞こえないから、思いっきり叫んでも大丈夫よ」
「コウちゃんの名前呼んでいい?」
「いいよ」
「コウちゃんのおちんちん大好き!久しぶりに何回もイカせて!」
母の欲求不満を解消してあげるために激しいセックスを続けた。

「いっちゃう」
「また、いっちゃう」
「またきちゃった」
「いくうう」
「嬉しい、またきた」

何度も何度も母をイカせたのち、母の奥深くに射精した。放心状態になっている母の顔を見ながら最後の一滴まで出し切っていると、人影が見えた。父だと思っているとドアが開いた。姉だった。

「なんなの!!」
母もビックリしてたが、からだを動かすことができずに顔だけそむけていた。俺は母の中からペニスを抜いた。
「親子で何やってるのよ」
「これは事情があるんだよ」
「親子でこんなことするような事情なんてないわよ」
「お父さんに言いつけるわ」
「父さんは知ってるよ」
「えっ?」

この時、父は寝室で眠っていたので助けにきてくれなかった。姉は父が知ってるなんてことを信用してくれなくて、俺と母に関係をやめさせようとした。
母を抱き起した姉は、俺が母に中出ししたことを知ると、俺を風呂場から出すとドアを閉めて母のあそこを洗った。

翌朝、姉が「事情聞いたわ。怒ってごめんね」と謝ってくれた。
「世の中には親子でセックスする人がいるって言うけど、まさか自分の家で起きてるなんてびっくりだけどね」
「夕べは寝てなかったの?」
「飲みたらなかったからビールを取りに行ったら、お母さんの凄い声が聞こえてきてビックリしたわ」
「お姉ちゃんが帰ってきてから、母さんは声をずっと殺してたからその反動で声出しまくってたからね」

「コウちゃんとお母さんがセックスするようになったのは半年ぐらい前からでしょ?」
「そうだけど、なんでわかった?」
「お母さんが半年ぐらい前から急にきれいになったもん。肌もつやつやしてたし、お父さんに内緒で彼氏でも作ったかなと疑ってたの」
「僕とセックスするぐらいでそんなに変わった?」
「変わるわよ。新妻は半年もすれば肌が全然変わるわよ。コウちゃんとお母さん、新婚さん並みにしたんでしょ」
「まあね」
「毎日した?」
「う、うん」

「毎日何回ぐらいした?」
「何回でもいいだろ」
「教えてよ。1回ぐらいじゃあお母さんがあんなに変わるはずないわ」
「3回ぐらいかな」
「毎日3回!」
「今度、セックスするところ見学させてよ」
「恥ずかしいから見なくていいよ」

拒否したが、言い出すときかない性格の姉に押されて見せることになった。父に見られるより何倍も恥ずかしかったが、セックスを始めるとすぐに姉の存在を忘れるように夢中でやった。少しでも母を感じさせようと必死でやった。そして射精した。

この時、以来、姉は俺と母がいつでもセックスしてもいいと言ってくれた。姉は時々見に来るので、近×××に興味があることは確実だ。

だからいつか姉とセックスしたいと思っている。父も冗談で姉に「彼氏が出来るまでコウちゃんとやれば。なかなかいい仕事するし」と言っていた。