食人族と生け贄の少年少女たち⑥

この物語はフィクションです。

まだ小さい男の子が散々に犯され、いたぶられてから無理やり絞首刑にされ、死んだばかりのまだ温かい体はまな板に載せられ、大きなナタで手足を叩き切られ、お腹も裂かれて内蔵は引きずり出されて細かく切られて肉片と一緒に配られます。

湯気の立つ、血まみれの肉片と刻まれた臓物をバナナの葉に包まれて渡された少年、少女は仕方なしに恐る恐る食べました。

獣人族全員が無言で貪り食べています。

可哀想に食人族の男の子の死体はほとんど骨だけになりました。

やがてまた歓声とともに少年にはメスたちが、少女にはオスたちが群がり、全裸の体を抱え上げて先ほどの輪姦の場所へ引き立てます。

またも少年は仰向けにお尻の下に丸めた皮をあてがわれ、下腹部がつき上がった形にされて輪姦されます。

少年の肛門の奥には恐ろしい媚薬が差し込まれ、ゆっくり溶けて、少年のおチンチンを最大に勃起させます。

睾丸も腫れ上がり、激しく精子が作られ、毎回大量の精液がドクドクされても大丈夫です。

男の子の肉を食べ、一息つけた獣人族のメスたちは少年の全裸の体に群がり、その見事な硬いおチンチンを嬉しそうにしごきながら輪姦をしていきます。

メスたちは輪姦を1巡し、さらに少年に跨がります。

少女も同じようにまた3匹の獣人族のオスたちに口とマンコと肛門を貫かれて、激しく突かれ、大量の精液を浴びています。

少女の子宮にはもうパンパンになるほどの精液が溢れ、タラタラとマンコから垂れています。

獣人族は夜中は寝ます。

従って輪姦は夜中は休みで、少年、少女は輪姦の場所で手足を縛られて、皮をあてがわれ、つかの間の眠りにつきます。

ぐっすり寝た少年、少女はしかし朝に叩き起こされ、見るも恐ろしい獣人族によってまた乱暴に輪姦されます。

輪姦は休みなく続けられ、3日目からは少年の体を犯す獣人族にもオスたちが混じります。

つまり少年のお尻、肛門も彼らの輪姦の対象にされたのです。

少年の肛門の奥には黄色い玉子位の媚薬が二つ押し込まれています。

それをさらに奥に突き入れるほどに巨根が少年の肛門を犯します。

ほとんどが少年がメスの体を抱いて性交している後ろから少年の肛門をオスが犯すスタイルになります。

さらにメスが四つんばいで、少年がメスに背中から抱きつくようにかぶさり、バックからおチンチンを挿入し、その少年の肛門をオスが乱暴に犯し、少年の口にも巨根が突き入れられて、犯されます。

少年、少女はあらゆる穴を楽しまれ、犯され、局部は全て腫れ上がり、少年も少女も肛門は無理やりの犯しで裂けてしまい、血が滲む状態です。

そしてとうとう4日目、少年のおチンチンは媚薬のため、勃起したまま、血が固まりはじめました。

まず少年から処刑されます。

半分気絶している少年の肛門に大きな皮袋いっぱいの液体を流し込まれ、少年の大腸まできれいに洗われます。

つまり何度も浣腸され、お腹の中をきれいにされます。

そして皮袋いっぱいの香草やハーブのドロドロに刻まれた液体を何度も注入され、少年のお腹はパンパンに膨らみます。

少年は生きたまま炙られて殺され、食べられます。

少年のお腹を裂くと香草の香りがして食欲がそそられるようです。

こうして少年が食べるための恐ろしい処置の間も少女は3匹の獣人族のオスたちに交代で輪姦されます。

中にはメスの獣人もいて少女の性器に自分の性器をこすりつけたり、裸で抱き合ったり、しまいには少女のマンコを舐めておつゆを飲んだりします。

そして少年が処刑される時が来ました。

また全員が広場に集まります。