夏休みプール

小学校の近所に住んでいる私は中2の頃、夏休みの水泳教室がある日に忍び込みました。

母校ですし水泳教室にも出たことがあったので、どこの教室で女子が着替えているかも知っていました。プールサイドでは生徒達の準備運動している姿が見えました。
私は通り抜けを装って校門から入り、職員室の死角になっている入口から校舎へ入りました。そのまま女子が着替える1組の教室へ直行しました。

教室に誰もいないことを確認して後側から入り鍵を掛けました。
キャラクターの水泳カバンが目立つ中、高学年の女子が持っていそうなカバンを見つけて開けてみました。
Tシャツとフリルのスカートが上にあり、その下に水色のパンティと白いスポーツブラが隠してありました。
スポーツブラには脇の部分に汗と思われるシミが付いていて、嗅いでみると女の子が使うデオドラントの臭いと汗のミックスされたイイ臭いがしました。
パンティを取り出し股間部を裏返してみると黄色いシミが付いていました。鼻を押しあて深呼吸するとオシッコの臭いがしてフル勃起してしまいました。
興奮した私はシミを舐めながら登り詰めて、イク寸前に股間を押さえてパンティに精液を出しました。
全て出したところで元のようにカバンに戻しました。

廊下からバタバタと足音が聞こえて我に返り、鍵を掛けた扉の前にしゃがみこんで息を殺しました。

足音の主は扉を開けようとしましたが、鍵がかかって開かないため前側の扉へ走り教室へ入ってきました。
教員かと思っていたら遅れて来た生徒の女の子で、私に気付かずに着替え始めました。顔は見えませんがポニーテールの細身の娘でした。
ブラウスとスカートを脱ぐと、レースの付いた白い下着(タンクトップ?)に白いパンティの姿が見えました。生着替えに再び勃起してしまい、その場で擦りながら見ていました。
前かがみになると私にお尻を突き出す体制でパンティを脱ぎ始め一瞬丸見えになりました。日焼けした腕やもも、真っ白なお尻や毛の生えていない縦筋もハッキリ見えて興奮しました。
カバンの中からスクール水着を取り出すまで小さなお尻をガン見していると、水着に着替えて教室を出て行きました。

残されたカバンからパンティを取り出すと鼻に押し付けて深呼吸しました。温かく生々しい臭いを嗅ぎながら舐め回し、一気に登り詰めてパンティに射精してしまいました。
その後も彼女の服の臭いを嗅いで余韻に浸った私の最高の夏の思い出です。