弟の友達の初めてを貰った話

私がJDになってすぐの事。
中1の弟(篤・仮名)とその友達(和治くん・仮名)が家で遊んでいるところに大学から帰ってきた私が乱入して学校のことや部活のことなど他愛のないことを話している流れでオナニーの話になった。篤は毎日、猿のようにオナニーをしているのを知っているので、興味がなかったが、和治くんはまだ精通もしていないらしいので、手コキをしてあげることになった。篤は同級生が姉にエロいことをして貰っているのを見たくなかったのか、出かけて行ってしまった。和治くんと2人で私の部屋へ行き、カーテンを閉め、和治くんをベッドの淵に座らせた。緊張しているようだったので隣に座って優しく肩を抱いた。中学生らしい汗臭いにおいでこちらはムラムラとしてきて和治くんを押し倒したくなるのをどうにか抑えて見つめると和治くんは恥ずかしそうに目をそらしたので肩にかけていた手を彼の顎に添えて少し強引にこちらへ向かせて唇を奪った。一方的に舌を絡ませて吸い上げまくると突然のことで驚いたのか逃れようと必死に抵抗された。負けじとこちらも抱きしめて唇を合わせ続けた。5分ほどして離れると和治くんは顔を真っ赤にして少し荒い呼吸をしていた。一旦立ち上がらせてズボンとトランクスを一緒に下げると色白で陰毛も殆ど生えていないペニスが出てきた。既に十分なくらいに勃起していたのでベッドの淵に再び座らせてペニスを握って扱き始めた。
私自身、そんなに人数を相手にしていないし、少年相手にやったことがなかったので、いつもより少しだけマイルドにしてしごいてみたが、すぐに果ててしまい、和治くんは無事に精通を迎えた。当然、それだけで終わるわけはなく、そのあとは続けて和治くんが下で私がその上に乗って騎乗位の形で初体験もした。安全な日だったので生でして中に出してもらった。