百年の女 2

 もらった缶コーヒーを飲みながら、るみさんの服装をチェック。
 ショートパンツに白いTシャツ。アヒルのような口を作って振り向くと、恥丘のふくらみが目前に。
 コーヒーを飲み下すときごくりと音を立ててしまった。
 部下の♂社員は股間にテントを張っていた。
 昨日の今日の話だが、その後しばらくたったある日のこと。
 朝のコンビニでコーヒーメーカーにカップを装填したのは、るみさんだった。無言で目が合うと、その日もアヒル口だった。
 年甲斐もなくとは言うが、ふとある妄想にとらわれた。
 
 るみさんの夫である私の元直属の上司は、今日も作業服を着てどこかに働きに出ている。
 自宅には妻のるみさんが昼間から暇を持て余し・・・
 首をぶるぶると横に振った。
 るみさんは小柄で、華奢だった。
 『処女じゃなかったんだな』
 婚前交渉に及んだ上司の言葉は重く沈んでいた。
 それとは裏腹に目の前のるみさんには少女の面影が。
 コーヒーを一口すすると、店を出ていくるみさんを目で追いかけた。
 「あぶないやつだな」
 元上司に言われた言葉をわけもなく反芻する私がいた。